人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【本来の方法は?】
ハートキャッチプリキュア!を毎週観ています。

彼女たちの表立った使命は“こころの大樹”を元気にすることです。
その方法ですが、作中では今のところ「悪者がこころの花が萎れかけたヒトの心を利用してデザトリアンを誕生させる⇒プリキュアがデザトリアンと戦って倒す(浄化する)⇒こころの種がうまれる⇒ココロポットに入れる⇒こころの大樹が少し元気になる」と言う風に描かれています。

上のような手順ではない・こころの大樹を元気にする“本来の”方法がある筈だと、僕は考えています。
仮に砂漠の使途の人々が改心して悪いこと(少なくともデザトリアンを誕生させること)をやめたとしたら、こころの大樹は枯れかけたままになってしまうのでしょうか?
誰かのこころの花が萎れかけるような事件が起きなくても・デザトリアンなんかと戦わなくても・もっと心温まるような方法で・こころの大樹をいっぱい元気にする素敵な方法がある筈です!

そんな素敵な方法を見つけて下さい。もちろんファンとしての想像\妄想は可です。


※http://d.hatena.ne.jp/Kityo/20100603/1275491138も参照して頂けると嬉しいです



●質問者: キチョー id:Kityo
●カテゴリ:インターネット 書籍・音楽・映画
✍キーワード:こころ ココロ ハートキャッチプリキュア! プリキュア 妄想
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● うるるん
●50ポイント

アニメは見てないので質問に書かれている事から類推しての回答です。

悪者がこころの花が萎れかけたヒトの心を利用してデザトリアンを誕生させる

というのは「こころの花が萎れかけたヒト」がいなければ成立しないわけですから「こころの花が萎れかけたヒト」の数だけデザトリアンが誕生する可能性を示唆している事になりますね。

プリキュアの本当のゴールというのは「ヒト」の「こころの花」が「萎れ」ないようにする事なのではないでしょうか。

でも、その為には「闇」に「光」を射さなければならない。

どんな夜も明けるわけですけれど、いきなり「夜」が「朝」にならないように、今、プリキュア達なすべき事は「デザトリアン」を倒す事にあるように思われます。

「デザトリアン」というのは「友情」や「自然」を大切にしない(あるいはおろそかにしている)「ひとの心」が産み出した”闇”なのではないでしょうか。

友情として描写される(と何処かで読んだ)「人を信じる気持ち」そして「こころの大樹」としてメタメッセージ的に描写されているであろう「自然もしくは環境、あるいは共生社会を大切にする気持ち」が薄れた事によって暗黒面を覗かせている、あるいは暗黒面に支配されていて、それをプリキュア達が浄化しなければ、こころの大樹が救済されない、という感じになるのではないかなあ、と思います。

プリキュアが活躍する事によって少しずつ世界が浄化される事はあったとしても、いきなり「デザトリアン」が改心するという事はないのではないか、と。

じゃあ今後どう展開していくのか、と考えますと「砂漠の使徒もしくは砂漠の使徒を操る最後のボスが改心して仲間になる事によってこころの大樹が完全な復活を成し遂げる」という筋立てです。

あるいは「ラスボスは、友情や自然を大切にしない人々によって穢されていたこころの大樹だった!」というwwww最終回で「あなた達の友情パワーで私を覆っている闇が消されました」というのが想像できますねw

友情と自然を大切にすれば、みんながプリキュアだよ的なのも想像できますね。

http://asahi.co.jp/precure/

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます!

「デザトリアン」というのは「友情」や「自然」を大切にしない(あるいはおろそかにしている)「ひとの心」が産み出した”闇”なのではないでしょうか。

ここのトコロだけ・作中で描かれているニュアンスと違う感じがするのですが、上手に説明が出来ません。

最後のボスが仲間になることによってこころの大樹が完全復活すると言う展開は、本作に期待出来る納得の最終回の1案だと僕にも思えます。それも「より強大な共通の敵が現れたので仲間になる」とかではなくて、全員が本当に温かい心で結ばれるラストだったら凄く素敵だと思います!


限られた文面だけから・ここまでの回答を「見つけて」頂いて、質問者としてとても嬉しいです。

もし良かったらですが、次回のオンエア(6月6日 日曜日の8:30です)をご覧になってからの再回答をお願いしたいです。(勝手に期待させて頂きますね。)

質問者である僕の想定を上回るほど大量の回答が寄せられない限り、次回のオンエア後でもまだ充分回答受付中の筈です。


2 ● guffignited
●50ポイント

毎週見ているものです。前回は撮り逃しましたが(笑)

見ているものとしては、多分デザトリアンを倒さなくても心の種が生まれる→大樹が元気になるプロセスはありえます。

なぜなら、バトルの前後のシーンを見てもらえればわかるように、

「誰かが人には言えない悩みを抱える、あるいはすでに抱えていたものが顕在化する」

「バトル」

「口に出す、あるいは行動でその問題を解決する」

そのあとに「心の種が生まれそうです?」

という構成だからです。

だから、極端な話としてはデザトリアンを介さなくてもこのプロセスは起こりえるわけです。

ただ、自分個人の予想としては、「心の種を復活させるのに不可欠なピースが存在する。それはサバーク博士からの心の種だ。砂漠のような心に種が芽吹き、乾いた心が癒されたときこそ、心の大樹は復活する」見たいな展開になるのかなあと思っています。

http://www.yahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

guffignitedさん、回答ありがとうございます。

僕も、バトルはなくてもこころの種は生まれてもいいし・そもそも誰かが悩みを抱える→解決する(マイナス→ニュートラル)でなくても、こころの大樹が元気になっていい筈だと思っています。

同じように考えていらっしゃるファンさんから回答を頂けて嬉しいです。

娯楽作品としてはバトルは嬉しいのですが、1エピソードくらいは誰かのニュートラル→プラスでこころの大樹が元気になるバトルなしのお話も観たいなぁと考えています。

ここで質問者としての主な疑問は、彼女らの(変身後または変身前の)能力やキャラクタで、誰かをニュートラル→プラスにするために・どんな活躍が出来るだろうか? 或いはどんな活躍をすると視聴者(僕)は嬉しいのだろうか? と言うことです。僕は彼女らのどんな活躍を見たいと思っているのだろうかと、それを知りたくての質問でもあります。

この辺り(具体的な活躍の内容)についても他に見つかったら、再回答を頂けると嬉しいです。それ以外の再回答も、勿論Alrightです。


それを不可欠なピースであると視聴者である僕たちに納得させる説明が出来る道筋については、僕には想像がつきません(それはヒミツですぅ、と最終回間際に言われても納得しづらい)。しかしサバーク博士の心が癒されたら、それはたいへん大きなことですから、びっくりするくらい大きな(効き目の強い)こころの種が生まれても納得しそうです。どのくらい大きいかと言えば、コフレやシプレが生んだら絵的にスプラッタになってしまうくらい大きくて、生んだあとのコッペ様が激やせしてしまうくらい特大でしょう。(^_^:


3 ● eeewwwsss3
●8ポイント

ごめん (偕成社文庫)

ごめん (偕成社文庫)

  • 作者: ひこ田中
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • メディア: 単行本

ごめんなさいore

◎質問者からの返答

ちゃんと言ってくれないと、わかんないよ?


4 ● goldwell
●50ポイント

まずごめんなさい。いろいろ考えて書いていたらKityoさんが欲している回答とは180度くらい違う内容となってしまいました・・・。どうしてこうなったんだろう?


始めに本編を見ていない人&記憶が不確かな自分のためにも確認です。

⇒逆にデザトリアンを放置したままで人々の悲しみが癒されないと、こころの大樹は弱っていく(のかもしれない)。


今回、この質問に際して検索していたら、Kityoさんとちょっと違う面からですが疑問を呈した意見がありました。

「心の大樹復活←ココロポットを満タンに←デザトリアン倒す←砂漠の使徒がデザトリアン用意」←この流れおかしくない?

要は本来の目的のために、より多くの敵を必要とするのって、正義の味方らしからぬということですね。(ある意味、正義とは悪によってその存在意義があるとも言えましょうが)


えーと、木というものは条件(栄養や環境)さえ整えば自力で少しずつ復活できるわけですね。こころの大樹も完全に枯れたわけじゃないので、そのままでも別に支障ないはず。

しかしそこで障害となるのが砂漠化を目指す砂漠の使徒たち。


答えはシンプルです。

砂漠の使徒を早急に殲滅すればよろしい。

よろしい、ならば戦争よ。」byつぼみ&えりか


ここで問題は

  1. 砂漠の使徒の本拠がどこにあるのかわからないこと。
  2. ダークプリキュアを除き、幹部や首領たるサバーク博士の実力が未知数であること。

私の知るプリキュアシリーズの最終局面では、プリキュアたちが戦いの中で成長し、敵幹部を倒したり結果的に寝返らせる過程を経てプリキュアが敵本拠地に乗り込むor誘い込まれて最終決戦となっていました。んでもって敵ボスは卑怯なくらい強大と決まっているので、まだ前半戦を消化していないプリキュアには荷が重いでしょう。


しかし本来の目的を早急に達するにはそのプロセスを省略しなければなりません。

かといって敵情を知らずして戦いを仕掛けるのは愚かな行為です。

この問題を解決するには、経験者たるキュアムーンライトの協力が不可欠となります。今のところ、あまり協力したがらないキュアムーンライトの心を動かすには、つぼみ祖母の菫子さん、もも姉はもちろん、今までプリキュアによって助けられた人々にもの協力を願う。そして本人たちの懸命な説得によるしかありません。その過程でプリキュアの正体をばらさなければならないかもしれませんが、そこは前作のフレッシュプリキュアでも、終盤にクローバータウンの人々に正体ばらしていたので前例があります。


また、ダークプリキュア+3幹部に対しては各個撃破を狙いたいところですが、総力戦となるとそう都合良くいくとは限らないわけで。戦力的に劣る気がするプリキュア側には大先輩たる菫子さんの伝手で歴代プリキュアを参集させる。すでにフェアリーパークで顔馴染みとなっていますから快く引き受けてくれることでしょう。

そうなれば鬼に金棒で、もし本拠への道筋が判明していなくてもアカルンシロップ(ちょうどいい紹介リンクが無かったので運んでいるイメージ)の力でいきなり本拠奇襲も夢ではありません。他にも、仲が良いとは思えない3幹部の離間策やダークプリキュアを説得して組織から足を洗わせるといった謀略を練るのも有りですが、プリキュアは正攻法で敵を倒してこそ華があるというものです。

とりあえず、オールスターズが揃えば倒せない敵などおりません。


かくして「ハートキャッチプリキュア!」は夏休みを待たずに終了。続きは映画館でDX3にて!となったりして。




注・日曜朝は立て続けに用事あって、5/23,30放映分は見ていない(録画はしてある)ので、最新情報は掴んでいない前提で書いたことをご了承ください。

◎質問者からの返答

第1URL(この流れおかしくない?)は、このURL必須質問で紹介して欲しいと思っていたような内容のURLの好例でした。やっぱり表面的にはひっかかるトコロがありますよね?

紹介して頂いたリンク先のコメントで「元気のない人を元気にしてあげれば、戦わなくても種が手に入るのかと。」とのコメントが見受けられますが、僕も正にそう思いました。そしてそれは「元気な人をもっと元気にする」でも良いと考えています。

ちなみにどうやら「ココロポットを満タンに」と言うのは必須でもないような気がしています。初期のエピソードで・もしかしたらシプレかコフレが口を滑らせて「満タン」と言ってしまった回があったかも知れませんが、最近の数話では「ポットを満タンにする必要がある」或いは「満タンにしたい」と言った描写を避けているように僕には思えます。

作品への僕の解釈としては、「こころの種が生まれた」或いは「ポットに入れた」時点でこころの大樹は少しずつ元気になっているように見えています。極端な話、ポットに入り切らなくなったら捨ててしまっても構わないのかと。

シュシュッと気分でスピードアップの回(第6話)を観たあと僕は、こころの種が消耗品なのかどうか気になりました。この辺りの話数ではポットに入っている種のそれぞれがどの話で得た種か分かる程度しかポットに入っていませんでしたので、録画を繰り返し見て検討しました。スピードアップに使った分のレッドの種は、次以降のエピソードでは減ったものと思えました。(つぼみのパフュームの奥にセットされっぱなしになっていて、スピードアップ継続中orスピードアップ使い放題と言う解釈も可能)

後半のエピソードで登場するであろう強大な敵に対して多数の種を消費して退けたものの「それ以上種を使ったら大樹の復活が危うくなる」とかのバランスの中でお話を組み立てるような流れも想像していたのですが、最近のエピソードを見る限りはポットを満タンにするのはお話の目的(或いは必須の中継点)ではないように描かれていると感じます。

ココロポットを満タンにと言う話は、何かのパンフレットか\作品の紹介記事か\グッズの販売促進用のポップの類で見かけたかも知れませんが、映像作品中心主義で考えると「誰も言ってない」かも知れません。

【脱線しました】こころの種は消耗品ですか?と言うのは別質問に保留していたネタだったのですが、使い物にならなくなりました。


フェアリーパークでの話(第2URL)については「TVシリーズの時間軸ではなかったことになっている」ような割とハッキリした描写が第10話でされてしまいましたので、その展開はないと思います。ないと思いますが、それも観たいですねぇ。(絵的にはシロップに連れて行ってもらう図のほうが良いかしら?)

回答、ありがとうございます。


5 ● guffignited
●50ポイント

ここで質問者としての主な疑問は、彼女らの(変身後または変身前の)能力やキャラクタで、誰かをニュートラル→プラスにするために・どんな活躍が出来るだろうか? 或いはどんな活躍をすると視聴者(僕)は嬉しいのだろうか? と言うことです。僕は彼女らのどんな活躍を見たいと思っているのだろうかと、それを知りたくての質問でもあります。

変身前の能力でプラスにするための能力として、まあ現在のピースの中で一番現実的なのはファッション部を絡めたものでしょうね。

それと、主人公の二人は最初から誰かをニュートラル→プラスにするために努力をしてます。ただ現在の構成上、それが形になる前に砂漠の使徒が出てきたり、その誰かが爆発しちゃってダウナーになる構成なんです。ただ、これは番組の構成上、いったん落とさないと山が作れないので仕方のないところではあります。

それを不可欠なピースであると視聴者である僕たちに納得させる説明が出来る道筋については、僕には想像がつきません(それはヒミツですぅ、と最終回間際に言われても納得しづらい)。

言い換えれば「サバーク博士がしている何か(たとえばこころの大樹の栄養を漏出させてしまうものなど)をなくさなければ、あるいは阻止しなければ、こころの大樹が復活することはない」状況にしてしまえばいいんです。毎回言っている「また一つ元気になった」と思っていたら、実はぜんぜん元気になっていなかった、という風な。そしてそのためにはサバーク博士をなんとかしなければならなくなります。

多分その鍵になるのは、もう一人のプリキュア、ムーンライトの存在でしょう。これ以上は妄想の域を超えそうだからやめておきます

どのくらい大きいかと言えば、コフレやシプレが生んだら絵的にスプラッタになってしまうくらい大きくて、生んだあとのコッペ様が激やせしてしまうくらい特大でしょう。(^_^:

そのぐらい物語が進んだら、あのぷりぷり以外の方法で出てくる可能性があるというのがひとつ、もう一つがコッペさまの存在ですね。彼はまだ作品開始時から一回も生んでいないので、少々のことでは大丈夫だと思います。激ヤセはあるいは製作者側が狙っているかもしれませんね(笑)

http://q.hatena.ne.jp/1275496180

◎質問者からの返答

再回答ありがとうございます。

妄想の域を超えた暴走なら僕としてはウェルカムですが、あまり鋭く推理してネタバレになってしまうのは僕としても不本意です。なので、ムーンライトの先は言わないでいて下さって嬉しいです。ネットに限らずリアルでも、ゆり=ムーンライトと明かされた以降のエピソードについては、あまり感想や妄想をヒトに述べないよう僕も心掛けていたりします。

ファッション部の活動を通じたほんわかするエピソードなら、観たいですね。

いったん落とさないと山を作るのは難しいので、毎週やれとは望みませんが(望むとスタッフさんに死人が出る)、たまになら・見せて欲しいです。

第12話ではマリンごとフォルテウェイブを撃っても無害…と言うかニュートラル→プラスにもなるらしいことが描かれましたので、極端なことを言えば・ただ変身して道ゆく人々に無差別にフォルテウェイブを放っても、こころの大樹は元気になると思うのです。(しかし、それでは30分枠の映像作品のお話としては物足りないでしょう。数10秒であれば・書下ろしであれば、美麗な映像として純粋に楽しむことは出来そうですが)

コッペ様の件を拾って(いじって?)頂けて嬉しいです、質問者冥利です。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ