人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

これから暑くなってきますが別に胃腸の調子も悪くないのに、暑いと食欲がなくなるのはどうしてですか?また発熱するとこれまた食欲がなくなりますがこれまたどうしてですか?

●質問者: koko24
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:暑い 胃腸 調子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● ko8820
●0ポイント

・体内の水分とミネラルの不足

・暑さによる消化機能の低下

食欲がなくなるのは上記2つが原因です。


http://health.goo.ne.jp/special/summer/whats/whats001.html


2 ● m72
●20ポイント

>暑くなってきますが

http://health.goo.ne.jp/special/summer/whats/whats001.html

>(1) 体内の水分とミネラルの不足

>(2) 暑さによる消化機能の低下、栄養不足

>(3) 暑さと冷房による冷えの繰り返し

まとめると、自覚するレベルで胃腸の不良が出なくても

発汗によるミネラル分の低下→冷たいものをのむ→胃腸機能の低下 だったり

冷房と外気の差で自律神経が対応しきれなくなることなどの

複合的なもののようです


>発熱するとこれまた食欲がなくなりますが

?発熱すると副腎髄質からアドレナリンが分泌される。アドレナリンは交感神経を興奮させる。

?交感神経の興奮により消化管の蠕動を行う平滑筋の収縮は抑制され、

また 消化液の分泌も抑制される。

したがって消化は抑制され、消化管に食物が停滞した状態となる。

3)嗅覚神経や味覚神経への影響。

?食欲は脳相によっても起きるが、発熱による味覚の低下や嗅覚の低下に

より食欲中枢への刺激が低下して食欲不振となる。

http://ahappysmile.com/qa/hatunetu.htm


3 ● koriki-kozou
●80ポイント ベストアンサー

食物の消化にも胃腸を動かしたりだとか消化酵素を作り出したりとかでエネルギーを消費します

エネルギーを消費することによって熱が出ます

熱を冷ますために、また、エネルギーを消費します


(1)気温との関係

暑いと、冷却に必要なエネルギーは上がりますので、食べることによってさらに熱を発するのは避けたいところです

寒いと、体を温めるためにエネルギーが必要になるため、エネルギーを求めて食欲はあがりますし、消化作業で熱が出ても、それもまたプラスに働きます

(2)体温との関係

体温を適温に保つために汗をかいて冷やそうとしたり、筋肉を震わせて暖めようとしたりなどします

熱発の状態であれば、体を冷やそうとして暑い場合と同様に食べる事は避けるようになり、食欲は下がります

低体温になってしまった場合は、体の各部の機能が正常に働かないため食べる事も困難になってしまうという別の要因で食欲は下がります


春から夏は少量でも栄養価の高いものを効率よく摂取することを心がけたほうがいいでしょう

秋から冬は食べすぎに注意したほうがいいでしょうw

◎質問者からの返答

そういうことなんですね。こういう答えを待っていました。これは漢方的な考え方でしょうか?


4 ● totoiro
●0ポイント

暑いと食欲がなくなるのはどうしてか?

http://health.goo.ne.jp/special/summer/whats/whats001.html


5 ●
●0ポイント

夏バテとかですかね。

発熱との関係だと体力の低下で疲労がデススパイラルなんだと思っていますが。

そういうときほど食べろと言われますが、なかなか。

ブドウ糖の点滴がばっちりききますね。


http://www.ou-hari.com/natu.html

http://makinodow.jp/summerheat/cat0001/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ