人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

はてなの皆さまへ、ここに質問という形で投稿させていただきます。

私は"2ちゃんねる哲学板 人生最大の発見スレの1"と名乗っている者です(通称:1)。
7年前に2chにて立てたスレッド名から名前をとっています。

現在「原則」なるものを提唱し、世の中に普及させていこうと考えているところですが、
今回 書籍化することが決定しました。

そこで、この「原則」というものについて、出版前に一般読者を想定し、
はてなの皆さまから、初見でどのような感想を頂けるのかを知りたく投稿させて頂きました。

以下は参考となる資料です。

・人生最大の発見スレッド@2ちゃんねる哲学板 まとめサイト
http://www.gensoku.net/

・「原則」の結論部として紹介しているテキスト
http://www.gensoku.net/conclusion3.txt

・http://www.gensoku.net/kansou.pdf

・http://find.2ch.net/enq/result.php/47646/

これらの事柄について、ざっくばらんな感想や意見を頂けると幸いです。

P.S
文字数が多くて文章を訂正しました。添付画像は訂正前のものです(ポイント配分の詳細など参考にしてください)。

15名以上の回答があれば合計3000ポイント以上、50名以上で合計10000ポイント以上を配分します。

1275795258
●拡大する

●質問者: gensoku
●カテゴリ:インターネット 人生相談
✍キーワード:2ch いただきます はてな まとめサイト スレ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● eakum
●18ポイント

ざっくばらんな感想や意見を、ということなので忌憚のないところを。


この時点で一件の回答もつかないのがまさに多くの人力ユーザの反応を見事に表していると思います。

「否定的な意見を述べることさえいやになるほどウザいから完全スルー」といったところでしょう。


そもそも老荘思想が“勝者が勝ったあとで述べる成功哲学”と結びつくなどというのがまさに笑止。


まあ50、60代の成功哲学好きにはそれなりに売れるかもしれませんね。


0ポイントやキャンセルはご自身の論を自分から否定することになりますから勘弁してくださいね。

◎質問者からの返答

eakumさんのような意見が表に現れやすいのはこれまでの通りです。

ガリレオやダーウィンは真実を唱えたことで周りから安易な批難を受けました(多くはそういう印象を持たれるでしょう)。

添付画像にもある通りですが、今回は建設的な意見を求めたいという趣旨です。

否定的なものでも、それが建設的な意見であれば歓迎します。

ですので、eakunさんの意見はもちろん貴重な意見の一つとしてしっかりとカウントさせて頂きます。

ちなみにですが、「原則」は成功哲学ではありません。


2 ● suppadv
●18ポイント

ざっと見てみましたが、もう少し、最初にわかりやすさやインパクトを持ってきた方が良いと思いました。

最初にいくつかの要点を記載して、後からそれぞれについて判りやすく説明するとか。

最初に、原則なるものを理解するための、ポイントとなる単語をいくつか提示するとか。

参考になるかどうか判りませんが、少しでも参考になればいいのですが。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

確かに現状では、全てを読んでもらって「原則」の意味するものがようやく分かるという形になっています。

人によって考え方が異なるので、どういう見せ方が最も良いのかの判断が難しいのです。

これからの考えどころですが、とても参考になる意見でした。


3 ● bfm35462
●18ポイント

「原則」という言葉の持つ意味が曖昧さがどうも受け入れらにくくしていますし、

そもそも一般的に考えられている「原則」と意味合いが違うのか、同じなのか。。。。

スティーブン・R・コヴィーの7つの習慣にも、「原理原則」ってでてきますよね。

それとはまったく別物ですか?

おそらく、こういった思考に興味がある人は、スティーブン・R・コヴィーの内容も読んでいると思いますから、

二番煎じとならなければよいですが。。

◎質問者からの返答

今回の「原則」というのは、そのものの存在に名付けている名前です。

「原則」を理解している人同士では、老子の「道(タオ)」というものが同じものであるという共通認識が得られています。

タオをもっと突き詰めているという感じですね。

7つの習慣で言う"原則"と非常に近いのですが、似て非なるものと言えます。

二番煎じではないので大丈夫です、ありがとうございます。


4 ● IwstsI
●1ポイント

「原則」はタオはタオでも一貫道に近い気がするのですが、タオという用語を使用することや、船井幸雄や松下幸之助といったビジネスパーソンを引いていることで人道方面に矮小化されてしまうのではないか?と感じました

また、文章構造が自己啓発本や情報商材に類似している面があり、ヘビーなインターネット利用者が多い場では敬遠されそうでもあります

(この辺は好き嫌いの問題なので、そういう読者を対象外とするならば、考慮する必要はないと思います)

◎質問者からの返答

なるほど、一貫道を挙げた方は初めてでした。

実際の出版物は今回提示した内容とは異なるので大丈夫だと思います。

ありがとうございます。


5 ● nepia11
●17ポイント

私も7つの習慣を連想しました。

http://www.gensoku.net/bunken6.htmlを拝見しましたが、

似て非なるものという部分に大変関心を持ちました。

7つの習慣は日本だけでも100万部発行されている本ですから、

それくらいのマーケットボリュームはありそうです。

しかし、私の廻りではこの本を自発的に購入して、ちゃんと読んだ人は5%程度です。

7つの習慣は企業向けの研修があり、その研修に参加した上司から勧められて

購入した人が多いようです。

書籍化される、との事ですが、書籍以外でのプロモーションも重要になってくる様です。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

7つの習慣を連想される方は多々いらっしゃるようです。

やはり似ている部分も多いからですね。キーワードしかりですし。

今後は"普通ではないやり方"で「原則」の認知度を高めていく予定です(将来的に認知度100%を目指しています)。

楽しみにしていて頂ければと思います。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ