人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

北海道の郷土料理としても知られる「ジンギスカン」について、

?「意外に知られていない豆知識」的な雑学 (意外な食べ方、北海道の方だけのルール!?、ネーミング等のルーツ、歴史、他何でも結構です)
?可能な限り詳しい情報、研究論文等の情報

?か?のいずれかを知りたいと思って、調べています。

ご存じでしたら是非御願いいたします!

よろしく御願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:グルメ・料理 趣味・スポーツ
✍キーワード:ジンギスカン ルーツ ルール 北海道 歴史
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/8件

▽最新の回答へ

1 ● sakrambom
●19ポイント

あまった肉汁を利用しての「シメ」レシピ。

あがり茶漬けや平飼い鶏の卵かけごはん

http://www.hokkaido-jin.jp/issue/favorite/vol01/

ジンギスカンうどん

http://www.namadabe.com/bimi/070209.php


2 ● sakrambom
●19ポイント

ジンギスカンの名前の由来(諸説あり)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310383...

http://www.l-co.co.jp/times/log/03/030101/18.html


3 ● potetoma
●18ポイント

「?可能な限り詳しい情報」には、次のページをどうぞ。

http://www.agri.pref.hokkaido.jp/nouseibu/zinngisukann/index.htm...

このページを作った高石啓一さんは、北海道新聞のサイトの「探偵団がたどるジンギスカン物語」の「調査報告 その3 ルーツを探る」で

http://www5.hokkaido-np.co.jp/sapporokenbu/oh-sapporo/jingisukan...

「道立中央農試(空知管内長沼町)にジンギスカン料理の権威がいる」として紹介される程の方です。


「探偵団がたどるジンギスカン物語」には

http://www5.hokkaido-np.co.jp/sapporokenbu/oh-sapporo/jingisukan...

北海道を代表する味といえばジンギスカン。屋外の宴会や食卓でも、なくてはならない存在だ。でも、身近な割に、なぜ名前が「ジンギスカン」なのかをはじめ知らないことが多い。ひつじ年の幕開けに当たり、京都府出身の男性記者と東京都出身の女性記者のコンビが探偵団を結成。その調査結果を5回に分けて紹介する。

2003/01 /07(火) 調査報告 その1 味付きか?後付けか?

2003/01 /08(水) 調査報告 その2 岩手と高知

2003/01/09(木) 調査報告 その3 ルーツを探る

2003/01/10(金) 調査報告 その4 3点セット

2003/01 /11(土) 調査報告 その5 こだわりの店あれこれ

2003/01 /16(木) 番外編 読者からの調査報告

と、?に関係するネタも色々掲載されています。


4 ● ko8820
●18ポイント

北海道牛乳につけて、臭みをとります。

http://q.hatena.ne.jp/answer


5 ● tibitora
●18ポイント

こちらはいかがでしょうか

http://www.agri.pref.hokkaido.jp/nouseibu/zinngisukann/index.htm...

羊肉料理「ジンギスカン」の一考察

http://www.geocities.jp/mongorunoarashi/coram.htm

羊の肉を焼いて食べる料理、それがジンギスカン。

昔から世界では多く羊が食べられていますが、日本人が食べやすいように改良し、

覚えやすいネーミングを施して生まれたのがジンギスカンだといわれています。

ジンギスカン鍋の不思議なカタチについて

ジンギスカンといえば、かつてのモンゴル帝国の創始者チンギス・ハーン(成吉思汗)のことですが、ジンギスカン鍋も彼と無縁ではありません。「チンギス・ハーン率いるモンゴル軍兵士が鉄兜で羊肉を焼いた」という話が伝わっており、そこから鉄兜に見立てた独特のカタチの鍋が生まれたようです。浅い帽子のようなドーム状になっているのもこれで納得ですね。また、表面に刻まれた溝は、肉から出る脂や水を落とし、美味しく焼き上げるための工夫なのです。

http://www.shinmachi.gr.jp/jingisukan/jingisu2.html

信州新町はなぜジンギスカンなのか

・ひつじの町

・ジンギスカン料理の起こり

・ジンギスカンの定着

・サフォークの導入

http://www.to-jin.com/tgc4.html

新たな味の発見、なみかたオリジナル「義経焼」

ジンギスカンの新しい一派とも言える料理が「義経焼」だ。一言でいうなら、みそ味ジンギスカン。山形の羊肉専門店「なみかた」(通販案内ページ参照)のオリジナル料理なのだが、ジンギスカンの新しい楽しみ方を提案するという姿勢を、当倶楽部では高く評価したい。

味付けジンギスカンの一種とも言えるが、みそだれと合わせるのは焼く直前で、漬け込んであるわけではない。そのみそだれは、合わせ味噌ベースでなにか調味料がブレンドされている感じだ。肉と混ぜ合わせてからなべに広げてさっと焼く。たれにはつけず、そのまま食す。みその風味が羊のうまみと一緒になって独特の味わいを生み出す料理だ。けっこうしょっぱいので、キャベツをはじめとする野菜を焼き、一緒に食べるといい。野菜をいっぱい食べられるというのも「義経焼」の売りの一つ。ごはんのおかずにも合いそうだ。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ