人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #055

THEME:「梅雨を楽しく快適に」」「6月のわが家の風物詩」「七夕の日に」

「今日をちょっと楽しく、特別にすることって何だろう? イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら……」と展開してきた“リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、シーズン・バージョン。季節をさまざまに楽しむ暮らしのサプリを、テーマに沿って語らいませんか? 豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100609

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は6月14日(月)正午で終了させていただきます。

1276059435
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:6月 6月14日 theme いただきます いね
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 141/141件

▽最新の回答へ

[1]雨上がりの忘れもの Zelda

これはどちらかというと短い時間に降ってすぐやんだ雨の方が向いてるやり方です。

街路樹とか野に咲く小さな草花、くもの巣。

雨上がりに外に出てよく観察してみる。

植物の葉やくもの巣にさっきまで降っていた雨が残っています。

小さな水滴たち。

雨上がりに晴れていればキラキラ輝いて本当にきれいです。

晴れていなくても普段とは違った見え方が新鮮に感じると思います。

なにも外に出なくても庭の花壇の花とかでもいいとは思うのですが、

種類によっては雨が降った後は花が雨の重さに耐えきれなくなったりして

くたっとしてしまったりすることもよくあることなので。

外に自然に咲いている小さな草花の方が雨が降った後でもしっかりと踏ん張ってくれてますw

気分転換に外に出て普段見ない視点で植物たちを見て見るのもいいと私は思います。


[2]雨の日にドライブ willingness

雨の日にドライブをすると、外の世界と隔離されたような感じがしてすごく自分の時間を楽しめるような気がします。好きな音楽をかけて、雨の中での自分の住んでいる街を眺めるのは、すごく癒されるような気がします。


[3]ビニール傘で歩く willingness

雨の日には、ビニール傘をさすようにしています。安っぽいといえば安っぽいですが、ビニール傘だと、視線が遮られないのでカオをあげてあることが出来ます。良い姿勢で歩いていると、雨の日でも自然と心が前向きに慣れますし、雨の降ってくる様子などを傘越しに眺めるのも面白いと思います。


[4]雨の音 willingness

夜に雨の音を聞いていると、非常に深く眠れるような気がします。梅雨時期に雨音を聞きながらベッドに入っていると癒されるので、実は雨を楽しんでいるトコもあります。


[5]短冊をかく willingness

友人などと、短冊を一緒に書くというのは夢に近づく第1歩のような気がします。短冊に願いを書くというと自分の作業のように感じられますが、実は人に表明したり、宣言をすることに似ているような気がします。こういった形で自分の意思を示していくと、実際の行動に結びつくような気がします。


[6]>4 雨の音 mandoto57

豪雨は嫌ですけど、ポツポツという音の静寂はいいですね。


[7]うちわ willingness

6月は、うちわで主に過ごしています。たまに、ムシムシしてドライをかけることはありますが、できるだけうちわで過ごすようにしています。クーラーなどと違って、うちわの風はやさしいですし、調節なども簡単なのでいいですよね。


[8]>6 雨の音 adgt

雨の音はけっこう癒される。とくに、雨が降ってる風景を見ながら聞くと、気持ちがすごく静かになるような気がする。


[9]長ぐつ lovespread13

子供のころ、長ぐつを履かせてもらった日は、わざと水たまりに入ってみたり、浅い小川にわざわざ入ったりして水に入っても足が濡れない不思議な感じを楽しんでいました。大人の履く長ぐつというと農作業する人とか魚屋さんが履いているのイメージでしたが、最近はブーツ代わりに履いたりファッションアイテムのひとつになってるみたいですね。知っている限りではHUNTER(ハンター)のラバーブーツが流行ってからでしょうか?個人的にはちょっと勇気がないので購入するにはいたっていませんが…今でも長ぐつ履くとやっぱり水たまりに入りたくなるんでしょうか…。


[10]>9 長靴 adgt

小さい頃に、長靴をはくことが凄い楽しみだった気がする。大人になってからはほとんどはくことがないけど、今でも意外と便利かもしれない。


[11]6月と言えば私の誕生月・・・苺 to-ching

6月はむかし苺の旬でした。苺好きの私は、誕生月ですから当時貴重な苺を沢山食べさせてもらいました。勿論今の様に大きな苺ではなく、形もまちまち、半分腐れかけているのは当たり前です、包むのは何と新聞紙でした。帰って来る頃には、その新聞紙は真っ赤になって居たものです。さて、当時としては高価な洒落たガラスの器に苺を入れ、砂糖をかけさらに練乳を注いで頂きます、が、私はスプーンで苺を一つ一つ潰して

食べます。溜まった苺ジュースと共にもう、美味しくて美味しくて、そして甘くて・・・幸せ一杯でした。今はこんな食べ方はしないし、苺は一年中食べられます、これが6月の我が家の風物詩でしたね。


[12]6月は運動会 to-ching

北海道では5月最終日曜日と6月最初の日曜日に運動会が行われます、ただこの季節北海道は気温も低く、お天気も悪い。日曜日雨だと平日に行われ、盛り上がりにも欠けます。開催日の前日から父母は場所取りに一生懸命!喧嘩騒動にも発展し社会問題にもなった筈です。長い間雪に閉じ込められたパワーがさく裂するんでしょうね?


[13]北海道の一部の「七夕」では・・・ to-ching

小さな子供、親御さんは夕方から、或る子供は浴衣をきて、又は普段着で、お菓子を貰いに一軒一軒回ります。「たけー(竹)に短冊七夕祭り、おおいに祝おう蝋燭一本頂戴な!」と歌をうたってから頂きます。昔はこの歌の通りに蝋燭を貰ったのですが、今はお菓子類が主体です。ルールが有って外に短冊を出している家にだけ訪問する事が許可されてます。昔は提灯を持って回ったものです。そして、この日ばかりは夜の町内で遊べたのです。


[14]>1 山の手線 to-ching

ちょうど雨の上がった時に乗り合わせた時、ものすごい傘の忘れものに田舎者の私はびっくりしましたね。


[15]>10 本当に子供は・・・ to-ching

なんで長靴をはいたら、水たまりに入って行くのが好きなんでしょう?わざと泥水を跳ねあげるのも・・・


[16]23日は・・沖縄慰霊の日。 nakki1342

6月の我が家の風物詩と聞いて思い出したのは

やっぱり慰霊の日は、手を合わせて黙祷する時間を

作って実行すると言うことです

何度か書いたことがあると思いますが

沖縄県民にとっては、6月23日は、特別な日です

(公立の高校までが休日になり、県主催の慰霊祭が

行われてる)

今は、正午に黙祷をする事が出来ないこともありますが

23日に黙祷をすることを絶対に忘れないようにしないとと

家族同士で話をしたいなと思っています


[17]雨の音 bfm35462

日曜の午後など雨の音を聞いているととても心が落ち着きます。

また、じっと見ていると、雨粒はすべて違うものなのに、同じ形をつくり続ける不思議さに心、奪われますね。


[18]ベビーパウダー guja

お風呂上がりにベビーパウダーをつけて肌をさらさらにしていると、梅雨の湿気の高いときでも少し気分がいいです


[19]>15 長靴 mika1001

ほんと、子供は長靴が好きですね。まだ、保育園に行っていたころ、「今日は雨だから、長靴はいていくよ!」というと、普段はぐずな息子も、喜んで玄関に出てきました。長靴パワー恐るべし・・・。


[20]てるてるぼうず mika1001

この時期になると、息子が、てるてるぼうずを作り出し、部屋中のあちこちに飾りだします。

「1個でいいのよ」といっても、次から次へと増えていきます。どうも、作るのが楽しいようです。

表情ひとつ見ても、みんな違っていて、見るほうも、ちょっぴり、楽しんでます。


[21]七夕の願い事 mika1001

7月生まれの息子は、七夕の短冊に、誕生日プレゼントをリクエストします。

昨年までは、戦隊のロボットでしたが、今年から1年生なので、DSにする!!と言いつつ、

戦隊ロボットに、まだ、未練たらたらのようです。どちらにするのか、私も楽しみです。


[22]あじさい ttz

6月のイメージの一つは、あじさいでしょうか。この時期、実家の庭には青やピンクや紫などなど、カラフルなアジサイが並びます。とってもきれいです。アジサイには雨がよく似合う。イメージだけなら、カタツムリも。


[23]天の川 ttz

子供のころ、天の川は七夕にしか見られないものかと思っていました。これまでの人生、本当にきれいな天の川を見たことは、残念ながらほとんどありません。最近テレビできれいな星空を見て感動しました。あとは、七夕の日に、きれいな天の川が見てみたいものです。


[24]>21 七夕 ttz

短冊に願い事を書く。なんとも懐かしいイベントですね。当時なにをお願いしていたのか、さっぱり覚えていません。タイムスリップしてあの当時の願い事を見てみたい!


[25]今年は、ワールドカップ? ttz

もうすぐ開幕するって事が未だにピンと来ないし、今までのワールドカップの盛り上がりに比べると、やっぱり今年は少し劣るのかなと思ってしまいます。が、多分開幕したらやっぱり盛り上がるんだろうな?。日本戦は家族集まって盛り上がりながら観戦することでしょう。


[26]>20 てるてるぼうず ttz

子供が作ってたらかわいいな?。顔を描いたりしていたらなおかわいい。てるてる坊主もちゃんと次の世代に引き継いでいって欲しいですね。


[27]>26 てるてるぼうず some1

3歳位の頃にティッシュで創ってた記憶があります。

やっぱりいっぱい作って、それぞれの顔の色を別のサインペンで書いてカラフルにしてた記憶が


[28]>24 笹の竿 some1

母方の田舎の裏が竹林で笹も生えていたので季節になると1本頂いて車に乗せて家に持ってきていました。

幼稚園のとは別枠の願い事に使っていたような気がします(笑)


[29]>19 水溜りOK装備 some1

確かに長靴をはくとわざと水溜りの方を歩いていた記憶が!

はね散らかしたりはしなかったですが。

大雨の後も水が溜まった中を何処まで歩けるか試していたような


[30]>27 軒下に chipmunk1984

つるしてあるとほっとしますね.今年はつるしてみようかな?


[31]>29 家内が長靴を購入 atomatom

うちの家内、長靴を買いました。大人になってから長靴というのはやっぱりうれしいものみたいですよ。

雨の日に喜び勇んで出かけていきます。

快適で気分もテンションも上がるのは結構なんですが、玄関に出しっぱなしにしてある靴が多いので、ぼくが外から帰ってくると「何人もお客が来ている」のかと、たじろいでしまうほどです。


[32]>5 七夕の短冊、書くのも読むのも。 atomatom

毎年、七夕が近づくと短冊、書いています。

会社が地域の夏祭りに参加しているもので、社員一同に短冊が配られるのです。

いくつになっても願い事を書くのはうれしくて、ちょっぴり恥ずかしいものですねえ。

あまり生々しいことは書けませんものね。

ぼくの勝手な基準では「給料が上がりますように」はオッケー。ユーモアというかペーソスというか、シャレの範疇です。

「家が建ちますように」はNG。生々しい目標で、ちょっと雰囲気に合わない気がします。

「彼氏、彼女ができますように」はオッケー。微笑ましい。

「彼氏、彼女と別れられますように」はNG。なんか切実じゃないですか。

会社の休憩室で同僚とわいわい言いながら短冊を書いていくのは楽しい作業です。


毎年書いているような気もしますが、ぼくが楽しみにしているのが「七夕列車」。

地下鉄の窓や車内の壁に幼稚園児が書いた七夕の短冊が貼り出される列車が運行されるのです。

その短冊が癒してくれるんです。

まずひらがなの間違いの多いこと、微笑ましいこと。

そういえば自分が子供のころも「さ」と「ち」を間違えて書いたり、「ぬ」「め」に困らされたりしたなあと懐かしくなります。

それから願い事の内容も思わず吹き出してしまうようなものもあります。

「大きくなったら大きくなりますように」

「セーラームーンになりたい」

「お風呂に入れるようになりたい」

短冊に集中しすぎると乗り過ごしてしまいそうになります。


[33]>30 てるてる坊主 adgt

なつかしい。最近の子供もつくったりするんだろうか?あの、願いを込める感じがすごく可愛らしい。


[34]>28 七夕 adgt

日本にしてはロマンチックな伝統だなぁとおもう。1年に1度、会うことが出来る日とかそういう耐え忍んで相手を想うみたいな文化が薄れてきている気がするから、貴重な日だと想う。


[35]>23 天の川 adgt

実家が田舎だったので、結構きれいに見ることが出来ました。天の川を眺めていると、非常に力強く感じられて圧倒されるような感じを受けてました。長い時間をかけて届いてくる光を見るというのは、つながりを実感する上でも良いことだと思う。


[36]梅酒 梅砂糖漬け offkey

6月に入ると生の梅の実が店頭に出回り始めます。

うちではその頃になると梅酒づくりが始まるのですが、お酒は苦手な家族の一人がインターネットで梅砂糖漬けなるものを発見してからは梅酒に加えてそれもつくる時期になりました。

作るといってもうちはそれほど特殊なことをするわけではありません。

瓶を煮沸するような大きな鍋がないので、よく洗ってから一度熱湯を中に入れて洗い、乾いて漬ける頃にもう一度アルコールで中を洗います。

梅酒は梅とホワイトリカーと氷砂糖。こちらは母親が作り慣れてるので手際も鮮やかに瓶に詰めてゆきます。


大変なのは梅砂糖漬けの方。

まず梅の汁がでやすいよう穴を一つずつ開けてゆくのが手間。

また大きな瓶は梅酒で使っているのでそれより一回り小さな瓶を使うのですが、1キロの梅を入れるのが一苦労。なるべく隙間を詰めるようにゆすりながらの作業です。家族が母親の手を借りながらの作業。

ようやく梅を入れて今度は砂糖の番。うちでは梅と同じ重さの量の三温糖を使います。

これを隙間に入り込むようにまたゆすりながらの作業。それでも瓶がいかんせん小さいため砂糖が全部入りきらず、一度溶けてからまた追加しようということになり、いつも数日かけてのしこみとなるのです。

仕込んでからも梅ドリンクは手間がかかります。

びっしり詰まった砂糖を早く溶かすため、梅に接するよう揺さぶりをかけなければなりません。

私はお義理でしかゆすりませんが、作った当人は腕がだるくなるまで振り続けます。

疲れると他の家族が代りに揺さぶり、みんなの力がここで結集します。

こうして、梅砂糖漬けは液体状になり梅も萎んできます。発酵させるわけではないので、出来上がりは梅酒よりかなり早く、夏には水で割って冷やした梅ドリンクを飲むことができます。


さらに、砂糖漬けのほかにハチミツ漬けというものも家族は挑戦しました。

こちらはハチミツがすでに液状なため、砂糖よりは瓶詰めが楽でした。

風味もよく砂糖漬けとはまた違う美味しさです。


作り方をまとめたサイト

http://minabe.net/umelife/index.html


[37]>22 紫陽花 NazeNani

梅雨の時期になると庭に咲く、ブルーや薄紫、淡いピンクの紫陽花が雨の色に似合っていて風情がありました。その間にわんこが顔をのぞかせていたりして。


[38]>34 七夕の星に願いを NazeNani

竹に願い事を書いた短冊をつるす日本の願掛けが、七夕フライトをした時、空港にも置いてありました☆雨が降ると織姫と彦星が逢えないという地上からのお話でしたが、飛行機に乗ると雲の上はいつも晴天で、満天の星空なのでした。世界のどこかではいつもきっと晴れているので、毎年織姫と彦星は逢えているのだと思いますよ。みんなの願いも毎年叶うといいですね。


[39]じめじめした季節を除湿でからっと♪ NazeNani

押し入れに湿気取り器を置くと、すごく水がたまっていてびっくり。我が家ではお洋服や靴用に除湿機なるものもあったのですが、これまた水のたまりのはやいこと。でも湿気を取ると気分もからりと軽くなるので、たまった水を見て、「こんなに取れた!」と、ちょっと喜ぶのでした♪


[40]>2 タイヤの性能テスト ryuuzi-s

晴れの時には、わからない雨天時のタイヤの排水性を試すにはある程度の雨量が必要です。でも事故にならないよう空いてて広めの道路で行います。


[41]>33 てるてるぼうず hiro7days

最近つくってないなあ?。

最近の子供たちも、つくること、少なくなってしまったのかな。


[42]>37 アジサイ to-ching

こんもり花がてんこ盛りのアジサイより、より野生(?)に近いあっさりした花を咲かせる種類も好きです。


[43]>41 本当に・・・ to-ching

今は全く見ませんね。親に布で出来たテルテル坊主を作ってもらった時は嬉しかったです。濡れても大丈夫!


[44]>25 まぁ・・・ to-ching

期待しないで応援しましょう。勝てなかったからと言って我々の生活に変化は無いのですから・・・


[45]>18 マージャン牌 to-ching

夏になると湿ってどうも調子が出ません、そんなとき「てんかふん(漢字不明)をちょっと降りかけると、すべすべでした、今ではエアコンで一発ですが。


[46]>40 関東では to-ching

雨が降ると車が綺麗になったものでした、こちらではまだまだ雨に土が微量に混じって居るのか、汚れますね。道路も悪いのかな?


[47]>43 てるてるぼうず Rytandrezone

見なくなりましたね。懐かしい匂いがします。


[48]>47 てるてる坊主 meizhizi87

遠足や運動会の前の日に作りました。顔をいろいろ書くのが楽しかったです。


[49]6月は「この町に来てx周年」記念 iijiman

私にとって6月は、ごくごく個人的に、ちょっとした記念日があります。

それは、今の町に引っ越して来た6月25日。小雨が降っていました。

2002年、前回のワールドカップの年でした。

引っ越し前の川崎と違ってFMラジオの電波があまり入らず(今でもこの町はFMの電波は弱いようです)、聴きづらいサッカー中継を聴いていました。

あれから8年経ちました。

特別なイベントは予定していませんが、奥さんの好きなプラム(これもそろそろ季節ですよね)を買って、ささやかなお祝いをしようと思っています。


[50]>32 近所のラーメン屋さんに笹の葉と短冊 iijiman

うちの近所に「ガキ大将ラーメン湯河原店」というラーメン屋さんがありまして、ここが毎年、どこから持ってくるのか大きな笹、というより竹ですね、その竹を持ってきまして(まさか本部から支給される訳ではなかろう・・・)、お店の前に盛大な七夕飾りを出します。

短冊は、お店の人に言えば貰えます。マジックも貸してもらえます。

で、お願いを書くついでに他の人がどんなことを書いているか読んでみますと・・・

・彼氏が出来ますように。(頑張れー)

・志望校合格(勉強頑張れー)

・仕事がうまく行きますように(駐車場に結構営業車が停まっているので、切実な願いなのだろうな)

・温泉つきマンションが買えますように(わかります、最近旅館が廃業してその跡が綺麗な温泉付きマンションになっているんですよね。)

6月10日現在、まだ笹(竹)は出ていませんが、多分今年もやってくれると思います。

http://g.iidashouten.com/

あと、直接関係ないですけれど、数年前に訪ねた「ガキ大将ラーメン富士吉田店」にも七夕飾りがありました。こちらは店頭ではなくお店の中で(お店が広い)、七夕の笹(竹)にはお客さんが短冊に自由に願い事を書いて吊り下げていました。ガキ大将グループ(?)がなぜそんなに「七夕好き」なのかは、謎です。

http://www.geocities.jp/kai_bfoods/ysd-gaki.htm


[51]>42 紫陽花 mika1001

梅雨はじめじめして好きではありませんが、この時期に咲く紫陽花の花は大好きです。

こんなに、しっとりと、雨に似合う花はないですよね。

あじさい寺、一度行ってみたいです。

傘をさし、しっとり、のんびり、歩いてみたいです。


[52]>38 七夕の短冊 mika1001

昨年まで、保育園で短冊に願い事を書いていましたが、今年からは、小学生。

学校でも、願い事を短冊に書くのでしょうか。今年は、庭にある竹を、1本切って、

家族みんなで、短冊に願い事を書いてみようと思います。

私の願いは、息子の健やかな成長です。


[53]>49 6月 eiyan

6月は季節がハッキリしないですね。

晴天だったり雨降りだったり。

丁度衣変えの時期だからかね。


[54]>3 ビニール傘 eiyan

ビニール傘は軽くて軽快。

風が吹くと吹き飛ばされそう。

使い捨て感覚ですね。


[55]>7 うちわ eiyan

うちわの出る時期。

今年もうちわを必要とする時期になりましたね。

PRも兼ねて各会社もサービスしますね。


[56]>12 運動会 eiyan

運動会といえば普通は秋ですが、最近春も多くなりました。

この6月頃の時期が丁度良いのでしょうか?

雨で中止される事も多いですね。


[57]>11 6月の苺 eiyan

6月は収穫の始まりですね。

じゃがいも、苺、梅そして桃やびわ等が控えてる。

これから秋の収穫満載まで収穫の嵐が続きますね。


[58]>13 七夕 eiyan

地方によっては多種のイベントがありますね。

子供が主流で大人が着いて来る。

夢がありますね。


[59]>16 沖縄慰霊 eiyan

沖縄は戦闘の激戦地。

その爪跡は未だ消えず。

早く米軍から開放したいですね。


[60]>17 雨音 eiyan

雨は人の心も濡らします。

時には洗い流し、ある時には新芽を出させる。

雨は生命の源。


[61]>36 酒漬け eiyan

収穫物をリカーに漬ける時期になりましたね。

色々なジュースやサワー、そしてシロップ等の酒造が忙しい。

これから忙しくなりますね。


[62]ttz

梅雨になって雨が降って、せめて虹でも見えたら。北海道に行ったときに、半円の虹を見ることが出来ました。端から端まで全部見える虹って、そうそう見ることは出来ないと思います。あれを見たときは雨の天気も気分も一気に吹っ飛びましたね。


[63]>39 除湿 eiyan

除湿は欠かせませんね。

梅雨のカビは困ります。

梅雨独特の高湿度を除湿したいですね。


[64]除湿機 ttz

除湿機稼動開始です。しばらく加湿器を使っていましたが、衣替え同様、除湿機の時期です。乾燥も嫌だけど、ムシムシするのはもっと嫌。梅雨時期は、早く抜けて欲しいものですね?


[65]クールビズ ttz

6月に入ってクールビズが開始になりました。小泉さんに感謝です。真夏のスーツほどツライものはない。この文化は日本独特だと思いますが、世界に誇れるエコな制度だと思いますね!


[66]>65 クールビズ sinozaki62

まだ日本全体に浸透したとはいえないですが本当に楽になりました。

頭の固いおじさまたちもっとどんどん取り入れてください

外回りのオトコの人は暑くてたまらないのでしょうが事務にいる女性は本当にエアコンの寒さで死ぬ時期がきました…

電力消費もエコではないですし見た目や概念より自分で出来る季節に合った格好を出来る日本人を目指していけたらいいですね


[67]>63 除湿 sinozaki62

畳がどんどんカビてきちゃう季節になってくるので本当に部屋の除湿は大切だとおもいました。

水がたまるやつは見てるとちょっとうれしくなりますよね


[68]>62sinozaki62

すごいはっきりとした虹がみれるとすごく一日がいい日だったような気がします。

中途半端な田舎なので山側の開けたほうに虹が出来ると本当に綺麗なアーチを描いていて嬉しくなります。

街側だとちょっとしかみれなくて少し寂しい


[69]>60 雨音 sinozaki62

洗濯ものやら外回りやら色々考えることはありますがやっぱり家の中で聞く雨音は心が落ち着きます。

ただしベッドの横の屋根に定期的に雨どいから落ちてくる大粒の雨は眠れなくて厳しいです(笑)


[70]>55 うちわ sinozaki62

毎年毎年いろいろなところでもらえて数がすごいことになってます。

よる寝るときとかはうちわ片手に耐えるので朝起きるとベッドの隙間に落ちてなくなってることも(笑)きっと隙間には数十本入ってる…


[71]>54 ビニール傘 sinozaki62

外が見れる傘は本当に便利だと思います

あとは壊れやすいのと小さいのがなんとかなれば


[72]>52 七夕の短冊 sinozaki62

学生の時とは違い個人宅で笹を用意することはなくなったので少し寂しいですね。

観光地とかお店で短冊を書かせてもらえると年甲斐もなく少し楽しくなります。

しかし願い事は子供の頃のように単純にはかけないw


[73]>51 紫陽花 sinozaki62

色とりどりの紫陽花は本当に綺麗です。

どこかの観光地で紫陽花がたくさんあるところをテレビでやってた気がするのですが一度は傘をさしてゆっくりそういうところを歩いてみたいです。


[74]>48 てるてる坊主 sinozaki62

ずっとティッシュで作るものだと思ってたのですが地域によってはキチンと布で作るとこもあるみたいですね。

可愛い顔も綺麗にかけるし布のてるてる坊主今度作ってみようかなと思います


[75]>46 雨の日のドライブ sinozaki62

どしゃぶりは嫌ですが適度の雨の日は車も綺麗になって(笑)景色もしっとりしてて気持ちのいいドライブな気がします。


[76]今年も七夕に平和を祈る Fuel

今まで二度に渡って書いてきた“七夕の笹飾りに折り鶴を飾って平和を祈る”ということ。今年もまた皆さんに呼びかけさせていただきたいと思います。

http://q.hatena.ne.jp/1183523815/102004/#i102004

http://q.hatena.ne.jp/1245819281/222050/#i222050


私が通っていた幼稚園では、笹飾りに折り鶴が飾られました。もちろん短冊もあり、子供たちはそれに慣れない手つきで一生懸命願い事を書きましたが、先生方がそれを折り紙大の白紙にも転記して鶴を折り、みんなの願いがぎっしり詰まった折り鶴だよといって、1クラス数羽ずつ笹に下げて飾ってくれたんです。全身にびっしり文字が書かれた折り鶴はまるで耳なし芳一みたいでしたが(笑)、子供たちはみんな、願い事をお空に届けてねと大喜びでした。


その時はただそれだけの行事なんだと思っていましたが、後になって、この折り鶴には平和への願いが込められていることを知りました。ひとたび戦争が起これば、子供たちの願いはあっという間に踏みにじられる。だから平和を願う象徴の折り鶴にして、絶対に戦争が起こらないように、子供たちの願いが戦火の犠牲にならないようにと祈るのだと、保護者に説明があったそうです。


戦後の安定した社会に生まれ育った私たちにとって、戦争の二文字は別世界の出来事のようにも思えますが、世界はいまだ戦争のただ中にいます。


アフガン戦争からイラク戦争を経て現在に至るアメリカを中心とした「対テロ戦争(略称WOT)」は今もまだ継続中ですし、スーダン西部のダルフール地方では、勃発以来数百万人の犠牲者を出している紛争が今も進行中です。


ウィキペディアを見と、上記を含め、なんと23の戦争や内戦・紛争が「継続」とされていました。これに現在も終戦に至っていない朝鮮戦争を加えると、なんと世界では24の戦争や内戦・紛争が継続中ということになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%A6%E4%BA%89%E4%B8%80%E8%A6%A...

それらの全てが現在も交戦中というわけではありませんが、とにかく私たち日本人が「戦争は終わった」と言ったその日から数えても、世界から戦争が消えた日は一日もなかったということです。


核兵器についても、2009年現在でロシアの1万3千発、アメリカの9千4百発を筆頭に、世界に存在する核弾頭数はNPT批准国の確かな数字だけでも2万3千125発。実際にはこれに、NPT非批准国が保有していると思われる数百発が加わります。いったい何回、地球を丸ごと吹き飛ばせる量でしょうか。


戦争なんて、遠い世界のことかもしれません。でも、そう思える安定した社会に住んでいる私たちにこそ、世界にその安定を広げていく役目があるんじゃないでしょうか。一庶民の私たちに出来ることはたかが知れていますが、それでも何かの折りに「戦争のない世界を願う意思表示」をすることは、きっと無駄ではないと思います。


皆さんもぜひ、イエに笹を飾ったら、そこに平和を願う折り鶴を下げてください。マチにも自由に短冊を下げていい笹があったら、「戦争のない世界を」と書いて下げてください。笑われるかもしれませんが、そうしたアクションから一人でも「そうだよなぁ、全ての願い事は平和があってこそだよなぁ」と思う人が増えていったら、それで世界は一歩、平和に近付いていくと思います。


[77]七夕 SUPERBOUNINGEN

七夕の日はやっぱり短尺かな?


[78]七夕飾り mododemonandato

子供の頃は幼稚園とか、小学校でも七夕の飾りを作る事がありました。

折り紙などで色々な飾りを作って、教室を彩るのは楽しいものです。

折り紙を四分の一ぐらいの幅に細く切って、輪にしていくつも繋げてチェーンのようにして、教室や笹に付けたり、折り紙を何枚も重ねて幾度も折り、真中を紐で縛って両方から広げて花のようにして飾ったりと、楽しい行事でした。

鶴とか星の形の折り紙なども飾ったりしましたね。

色々な折り紙を束ねて細く切って、吹流しを作ったりもしました。

願い事より飾り付けが楽しかったりしたものです。


[79]明るい、楽しい色のレイングッズを活用する★ hanatomi

今年は、長靴みたいなブーツがはやったりして、ビニールの明るいブーツが売られていますよね。

ブーツだと、雨にぬれる心配もないし、ミニスカートや、ホットパンツと合わせて、かわいいレインコートを重ねても楽しい。

レインコートは派手なものが多いので楽しめます。

傘も、チェックだったり、柄がかわいかったり、いろんなものがありますよね。

雨の日のファッションは、普段着と違って、色や柄が、普段のように揃っていたり、トーンが同じだったりしなくていいので、

いろんな柄や、いろんなタイプの色が重なったりして、結構派手になったりするのも『アリ』なので、

思いっきり明るく楽しんでみるのもいいと思います。

雨の日になるのが楽しみになりますよね。


[80]長い日中 ttz

今の時期は本当に日が長い。まだまだ明るいと思っていたら夜の7時とか。でも、日が長いと嬉しくなってしまいます。なんだか得した気分と言うか。会社を出てもまだ明るかったりすると、いつもよりも早く帰ったような気分にもなるし。


[81]エアコン始動の季節 ttz

暑くなってきて、ムシムシしてくるこの季節が、だいたいイエのエアコン始動の時期です。イエの中は快適でも、一歩でたら苦しくなる季節。暑い夏と寒い冬は、やっぱりイエが最高だったりします。


[82]>73 アジサイ adgt

これほど雨に映える花は無いとおもう。すごく存在感がある。


[83]>66 クールビズ adgt

これは本当に良い習慣だと思う。ありがたい。


[84]>68adgt

すごいラッキーな気分になる。あの、消えてしまうものって感じが良いんだと思う。


[85]>70 うちわ adgt

かならず各部屋に2本以上うちわをおくようにしてる。ついつい扇ぎながら移動をしてしまうから。


[86]今年の6月も越後柏崎の閻魔市へ watena

去年、「日本の祭りは面白い!」のテーマの時に書かせていただいた越後柏崎の「えんま市」に、今年もぜひ行きたいと思っています。

http://q.hatena.ne.jp/1254459061/235192/#i235192

今年行けば二連続ですから、これからはずっとこの日本最大級の縁日を楽しむことを、私の6月の風物詩にしていきたいと思っているのです。


えんま市は毎年6月14日?16日の3日間と決まっていますから今年は月曜日から水曜日の日程ですが、既に有休が取れています。宿泊先も予約済みで、あとは新幹線と在来線を乗り継いで現地入りするだけです。

気になる天気予報は、今のところ降水確率は40?50%と高めですが、新潟在住のネットの知り合いに聞いてみた所、柏崎という所は本来が農村地帯で、ほとんどの住人が今でも稲作と何らかの関わりを持っている、稲作農民の行動は雨なんかでは変わらない、天気に関係なく今年も賑わうと思うよとのこと。気温の予想は3日間とも最低気温が19度、最高気温も24?26度と暑くなりそうですから、濡れてもいい服装と手拭いだけ持参して歩けば大丈夫かと思っています。


今年の狙いは、去年持ち帰りの手段が無く見ているだけに終わってしまった植木市です。道の端から端までずらりと並んだ植木の数々は、植物が好きにはたまらない魅力があります。品揃えが幅広いので、自分の好きなジャンルの鉢を買っていくのもいいですが、ここでの出会いをチャンスとして新たなジャンルに手を出していくのも楽しそうです。

今年は出張帰りに立ち寄った前回と違うプライベート旅行ですから、少しくらいなら手荷物が増えても大丈夫。さらに去年の段階で、現地梱包できる段ボールの入手先を複数チェック、ガムテが買えるお店も確認済、さらに植木の配送を引き受けてくれる運送業者さんの営業所も確認済で、ちょっと距離は離れていますが、電話一本でホテルまで取りに来てくれることも確認してあります。今回は宅配便利用も準備万端なのです!!(去年買えなかったのがよほどに残念だったらしい(笑))


あとは、その数600を超えると言われる露店を楽しみ、一足早い夏祭り気分を満喫するのみ。おっと、肝心の閻魔堂にお参りするのも忘れてはなりませんね。ここに安置されている閻魔像は、一説には平安末期から鎌倉初期にかけて活動した仏師、運慶の作と言われるそうです。閻魔大王というと恐い存在のように思われがちですが、本当は古くから地蔵菩薩の化身として親しまれていました。柏崎の閻魔様も、昔から家族や大切な人の健康や安全を祈る対象だったと言われているそうです。だからこんな大きな縁日が今でも続いているのでしょうね。

中越沖地震で倒壊してしまったお堂は、もう再建されているのでしょうか。もしまだ再建の寄付を募っているようでしたら、それにも協力してきたいと思っています。

江戸時代に始まった馬市が起源と言われ、300年の歴史に培われたえんま市は、江戸・京都・大阪といった昔からの大都市に伝えられている行事とはまた違った、庶民の文化を今に伝える貴重な存在だと思います。皆さんもご都合が付くようでしたら、ぜひ足を運んでみてください。


[87]>67 除湿 adgt

一度カビを発生させてからはしっかりやるようにしてる。


[88]>87 除湿 gtore

湿気取り器をうちでも使用しています。

よくこんなにも、と思えるほど、水は本当に溜まるものですよね。

また、除湿機も夏には毎日のように稼動させます。

おかげで夜もぐっすり眠れるんですよね。


[89]>85 うちわ gtore

うちでもうちわは、もらってきたものがほとんどです。

もう充分に持っていても、配られているのを見ると、ついついもらってしまうんですよね。


[90]>84gtore

今年はまだ見ていませんが、昨年は見ましたね。

まっすぐで大きな虹でした。

天へとづつく回廊のようで、とても神秘的でした。

しばらく口をぽかんと開けて眺めていました。


[91]>82 アジサイ gtore

紫色のアジサイが、うちの庭に咲いています。

目にとても鮮やかで、いつまでも眺めていても飽きませんね。

普通のアジサイも好きですが、ガクアジサイも豪華な感じでいいですよね。


[92]>8 雨音 inio

あの一定のリズムと、少し薄暗くなった明度がなんとも言えず心地よく感じますよね。考え事をしたり、読書をするにはすごく適している環境だと想います。季節を楽しみながら過ごせれば梅雨でも良いかもしれませんね。


[93]>92 雨の音 gtore

そぼ降る雨の音というのは、いつまでもきいていたくなるほどいいですよね。

雨の日はきらいという人がいますが、私はそんなことはありません。

休みの日に雨の音をききながら、布団のなかでうとうととするというのは、最高の贅沢ですね。


[94]>74 てるてる坊主 gtore

子どものころ、遠足の前の日などにてるてる坊主をよくつくりました。

ティッシュで簡単につくって、洗濯ばさみで留めて吊るしていた記憶があります。


[95]>71 ビニール傘 gtore

透明で外が見られる傘は、雨の粒も見ることができて、なんだか楽しいですよね。

わざと、店の軒下なんかに行って、落ちてくる雨粒を傘に当てたりしています。


[96]>72 七夕の短冊 gtore

七夕の日に、短冊に願いごとを書いたのは、小学生のころまでだったと思います。

いま、願いごとを書こうとすると、たくさんありすぎて、絞りきれないことと思います。


[97]>69 雨の音 gtore

トタン屋根に当たる雨の音などは、f分の1ゆらぎというのでしょうか、きいているとリズミカルというか、とても軽やかでいい感じです。

テレビがついていたら、消したくなりますね。


[98]>75 雨の日のドライブ gtore

雨の日にドライブに出かけるのは、休日の楽しみのひとつですね。

晴れている日とはどこか表情の違う、雨の日の街の風景を眺めるのも、なかなかに風情があっていいです。


[99]>95 同感です。 Chakuwiki

まったくそのとおりですね。


[100]>83 クールビズ atomatom

政治家や公務員の方々が主導してくださっていますが、もっともっと取り入れてもらいたいですね。

いっそネクタイをしている方がダサいというくらいに浸透したらいいのにと思います。

スーパーなどでも店員さんが軽装で働いているお店を見ると、お。やるな、と応援したくなります。


[101]ようやくの衣替え atomatom

今年は暑くなったり、寒くなったりの繰り返しでしたから、なかなか本格的な衣替えができていませんでした。

コタツだって仕舞ったの、先週です。

これはぼくと家内が歳を取って気温の変化に弱くなったからかもしれませんが、いや、今年の気温変化が激しかったからということにしよう(笑)


衣替えのときに今年はもう着なくなった衣料を大量に処分することにしました。

ただ捨てるのではなく、リサイクルショップに買い取ってもらうことに。

その店は、買い取った衣料を何種類かに分類します。

まずはそのまま店で売れるもの。

国内では売れないが、海外では衣料として需要があるもの。

衣料としては売れないのでウェスやクッション材として再利用するもの。


買い取ってくれる値段はタダみたいな安さですが、それでも不要のものを誰かが使ってくれるというのはありがたいなあ、と感謝して引き取ってもらいました。


それにしてもどうして家内はリサイクルショップに物を売りに行ったのに、そのたびに何か買ってしまうんでしょうねえ。


[102]>96 七夕の短冊 r-zone

昔は七夕になると必ず願い事を書いて

外に置いておきました。

ちゃんと織姫・彦星にみえるかなー?なんて心配しながら

家の一番高いところに設置!

今でも笹の葉が飾ってある家を見るとなんだか和みます。


[103]>100 クールビズ r-zone

サラリーマンにとっては、クールビズはとてもありがたいですね。

私は私服なのであまり関係がないのですが

ちょっとでも服装で涼しくしてその分部屋のエアコンをつけなくてすむなら

とてもいいエコですよね。


[104]>99 ビニール傘 r-zone

いつも傘を忘れると必ずビニール傘をコンビニで買うのですが

それで会社へ行くと、必ずみんなとかぶるんですよね。

帰るときだれのかわからなくなったりする事もしょっちゅう!

という事で最近、アンブレラグリッパーを買いました。

http://www.zakka.net/img/SHOUHIN_CORP/SHOUHIN_IMG/80053.jpg

単なるビニール傘でも、もち手にカバーするだけで自分のだってすぐにわかるのでとても便利!

こういった些細なことでも、雨の日が少し楽しくなりました。

カラーバリエや柄も豊富にあるので、好きな柄でカスタムしてみてはどうでしょう?


[105]>94 てるてる坊主 r-zone

翌日が遠足なのに雨が降ってる!

なんて時は必ずてるてる坊主を作って

軒下に飾っていました。


[106]>90r-zone

雨が降った後にきれいな虹がでてると

思わず写メをとってしまいます。

なんか良い事ありそうな、神秘な力ですよね。


[107]>88 除湿 r-zone

カビが発生しやすい時期ですもんね。

うちでもカビが発生しやすい風呂場では

必ず最後に冷水をかけてからでます。

コレをするだけでも大分カビの発生は防げるそうなので

面倒でもないし、続けています。


[108]>89 うちわ r-zone

うちわは夏になると色んなところで配ってますね。

自宅に1本、カバンに1本、車に1本、職場にも1本。

場所場所においてあります。

以前自分で買ったうちわがあったのですが

小さな子どもにおもちゃ扱いでボロボロになってからは

もらい物で済ませています・・・;


[109]>106mika1001

めったに見ることが出来ませんが、たまに見ると、

いいことがありそうな、そんな気分になります。

先日、とても久しぶりに、見ることが出来ました。

とても、ラッキーな気分になりました。


[110]>103 本当にありがたい chipmunk1984

ネクタイ業界には気の毒ですが


[111]今年もやります、キャンドルナイト Oregano

6月と言えば夏至。夏至といえばキャンドルナイト。今年の6月も、わが家の風物詩はキャンドルナイトです。


今年の夏のキャンドルナイトは、6月20日(日)?7月7日(水)までの間、20時から22時の時程で、日本全国で取り組まれる予定だそうです。

http://www.candle-night.org/jp/

わが家も今年は期間中連日、短時間でも電気を消してキャンドルの灯りで夕食を楽しもうと計画を立てています。今年は進学のため上京してきた親戚の女の子も加わって、実質4人家族の賑やかナイト。こういう家庭行事は一人増えるだけで全然違ってきますから、たった一日ではもったいないんです。


連日開催ですから、マンネリにならないよう、使うキャンドルにも色々工夫を凝らす予定です。手作りキャンドルはカーボンニュートラルであることを第一に考えて、私は使用済み天ぷら油を凝固剤で固めた物を材料に。親戚の子は同じくカーボンニュートラルな素材である蜜蝋を使って、女の子らしいなかなかおしゃれなキャンドルを準備しています。父母がメインの日は和蝋燭。全て地球温暖化を促進しないカーボンニュートラルな素材にこだわっています。こうしたタイプの異なるキャンドルを順繰りに使って、日々変化を楽しんでいきます。もちろん使い古しの天ぷら油をそのまま燃料にして灯りを採る灯明も導入します。


わが家の百円ショップ出身小型卓上コンロを利用した灯明

http://q.hatena.ne.jp/1257483191/239445/#i239445

f:id:Oregano:20091110202200j:image:w450

参考記事

■ 冬至の夜は《灯明ナイト》

by id:momokuri3さん

http://q.hatena.ne.jp/1229489225/197076/#i197076

■ 夏至のキャンドルナイトにはカーボンニュートラルなキャンドルを

by id:Fuelさん

http://q.hatena.ne.jp/1244609590/220481/#i220481


なお、使い古しの天ぷら油を使う場合、どんなにきれいに漉してもやや匂いが気になりますが、すばらしい対策を思いつきました。それは…。


キャンドルナイトは夕食と友に楽しむ時間帯となりますから、晩のおかずを天ぷらにすればいいのです!!これでちょっとくらいの匂いは料理に紛れて気にならなくなります(笑)。

そろそろ夏らしい野菜も出回る時期ですから、天ぷらを具にキリッと冷やした腰のあるお蕎麦なんていいですね。梅雨の鬱陶しさも一緒に吹き飛ばしてしまいましょう。

そしてラストの七夕の夜は、親戚の子も含めてみんなで浴衣を着て、和蝋燭で七夕祭りの予定です。


皆さんもぜひ、電気を消してスローな夜をご一緒に楽しみましょう。

1.キャンドルには石油から作られるパラフィンではなく、蜜蝋や木蝋などで作られた物を使う

2.誤って倒したり、衣服やカーテンその他に燃え移ったりしない安全対策を万全に

3.念のため小さな物でもいいですから消火器は部屋に常備

4.お子さんのいるイエでは特にヤケドに注意

といった心がけは欠かせませんが、よく注意して使えば、キャンドルの灯りはきっと家族の絆を一層強く結び合わせてくれるでしょう。


[112]>108 うちわ powdersnow

お風呂あがりにほてったままだと、汗をかいてしまって、なんだかお風呂に入った意味がなくなった気がしてしまいます。

なので、すぐに汗を引かせたいのですが、どこにでも扇風機があるわけでもなく……

そういうときは、やっぱり団扇を使って仰ぐのが良いですね。


[113]>104 ビニール傘 powdersnow

晴れたり降ったりという気候では、使い捨て感覚で使える傘は便利です。

常に持ち歩くには、ちょっと不便という外出のあるわけで、

そう言う時にお気に入りや使い慣れた傘だと、捨てるわけにはいきませんが、

ビニール傘なら、もうこの後は降らないなとなれば、処分してしまえるのが良いです。


[114]雨の日こそイエでするコトのチャンス! YuzuPON

せっかくの休日なのに雨。そんな時こそイエですること、そしてイエのためにすることのチャンスと位置づけていきましょう。


■ 365ヶ所お掃除カレンダー id:Catnipさん

http://q.hatena.ne.jp/1259729414/241732/#i241732

まず私はこの書き込みを参考に、梅雨時の休日だけでも、普段なかなか出来ないイエのメンテに着手してみようと計画を立てました。梅雨時の休日なんて日数は限られていますから、計画を立てたのはたった5ヶ所ですが、それでも、ここを掃除しよう、あそこを直そうなどとイエを見回りながら計画を立てるのは楽しいですね。これでやることのないつまらない雨の休日が、俄然面白くなってきました。

梅雨時は不快指数が高くなりますが、体を動かしている時はそれを感じにくいものだと思います。また、動き回って汗をかいたらすかさずシャワー。これで作業の後の時間もサッパリと過ごせるのではないかと思います。今日も、特に雨にたたられて家に閉じこめられるような一日ではありませんでしたが、一ヶ所ミッション完了しました。


また、家族と過ごす時間がたっぷり取れるのも、雨の日の休日のいい所です。わが家の平日の昼間は猫と母の二人(?)だけですし、休日も父や私はどこかに出かけてしまうことが多々あり、猫と母にはつまらない思いをさせていると思います。そこで、雨の休日くらいはちょっとサービス。


今計画しているのは、梅雨が旬の魚、イサキで行うお刺身大会です。たまたま母が食べてみたいと言ったことからそういう計画になったのですが、イサキの産卵のピークは7?8月頃ですから、その直前の梅雨こそが旬。関東近海では伊豆諸島北部が主な漁場ですから、東京なら入手先さえ選べば、本当に鮮度の良い物が手に入ります。私は型も鮮度も良いイサキの入手先探し。父は自慢の包丁研ぎで準備万端。来週あたり開催の予定です。


魚をさばく板前役は父。私は刺身の一部で握り寿司に挑戦です。イサキの握りってのは美味しいですからね。さらに残りのアラですまし汁。汁の実にはさっと湯がいた明日葉を浮かべるのが東京風です。


この日ばかりは母には静かに座っていてもらい、料亭のお客様役をつとめてもらいます。猫にも、あまり量を食べさせると体に良く無さそうですが、ちょっとだけお客様役をやってもらいましょう。


こんな家族サービス計画も、雨の休日ならこそです。もちろん晴れてもやりますが、雨に洗われて鮮やかな緑になった庭でも眺めながら楽しんだら、さらに心に残る一日になるかなぁと思っています。また、こんな雨の日の楽しみ方をわが家の梅雨の風物詩として定着させて、来年は梅雨の水を飲んで旨味を増すというハモなんかに挑戦してみるのも楽しいなぁと思っています。


[115]七月七日は川の日 TinkerBell

七月は河川愛護月間ですが、特に天の川にちなんで七月七日は川の日とされているんだそうです。

そこで七夕にあたって、川を守る「何か」を考えていきませんか。


まず私たちにできることの第一は、生活排水をきれいにすることでしょう。

昔と違って今はちゃんと処理場できれいにされるんだから何を流してもいいんじゃないの?と考える人もいると思いますが、調べてみたら実は必ずしもそうじゃなかったんです。


古くから下水が整備されていた地域では、今でも「合流式下水道」という方式のままの所があります。

何が「合流」かというと、雨水と汚水です。

普段は雨水も汚水も全部まとめて処理場に送り、雨量が多くなって下水管がいっぱいになったら、あふれた分はそのまま川に流してしまう下水道。

ちょっと驚きですね。

でも「分流式下水道」という汚水の管が川につながらない下水道が主流になったのは、昭和50年代に入ってからとのことでした。


下水を新しい方式にするためには、古い下水の通っている道路を全部掘り返さなければなりませんから、大変な工事になります。

簡単には行えません。

もしかしたら私のマチにも、皆さんのマチにも、まだ「合流式下水道」が残っているかもしれません。


そう考えると、生活排水も、キレイにしたくなってきませんか。

お鍋や食器の油分は拭き取ってから洗う。

天ぷら油をシンクにの排水口に流すなんてもってのほか。

洗剤などの使いすぎも避けたいですね。

キッチンだけでなく洗濯機でもバスルームでもトイレでもです。

もちろんできるだけ環境負荷の少ない製品を選んで使っていくことは言うまでもありません。

こうした心がけは、最近主流の分流式下水道でも、下水処理の負荷を下げるために大切ですね。


お米のとぎ汁も問題視されますが、わが家では無洗米ではなく玄米を選ぶことで、とぎ汁の排出を減らしました。

玄米はほとんど白濁したとぎ汁が出ませんし、なにより食べる人の健康を守ってくれますから、一石二鳥の選択です。


それからもう一つ大切なのは、庭や道路も川とつながっているという考え方だと思います。

古い方式の合流式下水道の場合は、雨量が少なければ、雨水に混じった道路の汚れやゴミなども生活排水と一緒に処理場に送られました。

これは古い方式の利点でした。

でも新しい方式の場合は、雨水は全てそのまま川や海に流されます。

つまり新しい方式の下水のマチほど、庭や道路のゴミや毒が川に流れ込みやすいということなんです。


投げ捨てられたタバコの吸い殻、洗車の洗剤、ガーデニングに使う農薬や殺虫剤、その他何でも、雨水に流されれば川に運ばれてしまうかも!!

この考え方がとても大切だと思います。

だから、屋外で使う物はどんな物でも川に影響を与えることがあると考えましょう。

そしてできるだけ環境を汚さない行動、環境に負担をかけない物選びなどに心がけていきたいと思うんです。


川を守る第一歩は、イエの中やマチの中から始まります。

イエやマチも、川の水源地なんです。

イエが川とつながっている。

そう気付くと、夜空の天の川もぐっと身近になってくるような気がしませんか。

暮らしの中から川を守る心が広がっていったら、それが天の川にも届いて、少しお願い事がかないやすくなるかもしれません(笑)。

皆さんも七月七日の「川の日」に、ちょっと注目してみてください。


[116]雨が好きになる音楽たち momokuri3

梅雨を楽しく過ごす最大のコツは、雨が好きになることではないでしょうか。そこで、雨の憂鬱なイメージを変えてくれるような、雨にちなんだCDをご紹介してみたいと思います。


雨のうた

雨のうた

  • アーティスト: オムニバス 大江千里 今井美樹 杏里 松たか子 NOKKO 古内東子 工藤静香 稲垣潤一 ASKA STARDUST REVUE
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2010-05-26
  • メディア: CD

まず80年代から90年代の日本のポップスに思い入れが深い人にはぜひお勧めなのが、ソニー・ミュージックダイレクトがリリースしている「雨のうた」と題されたコンピレーション・アルバムです。全編「雨」にちなんだ曲でまとめられた2枚組。松田聖子の「瞳はダイアモンド」から矢沢永吉の「雨のハイウェイ」まで、あらゆるジャンルの曲が収められています。


ちなみにこのアルバムには、著名曲であるにもかかわらずシングルカットされなかった曲も入っています。たとえば11曲目の「雨にキッスの花束を」(今井美樹)はアニメ「YAWARA!」のオープニング曲として使われていましたが、ついにシングルカットはされなかった曲でした。


よしだたくろう(当時はひらがな名)の「たどりついたらいつも雨ふり」も、元はロックバンド「モップス」のアルバムのために提供された曲で、モップスはアルバム発売と同時にこれをシングルでもリリースしましたが、拓郎ご本人はアルバムの中でのみ歌っています。


また、中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」は一昨年にCM曲として使われていたストロングバージョンが収録されています。これはアレンジを現代的なロックテイストに変え、ボーカルもさらにパワフルな歌唱で再レコーディングされたもの。オリジナルバージョンをよく知っている人はみな声を揃えて、これほどオリジナルを裏切らずに時代に合わせて成長した曲は珍しいと言っています。当時を知っている人はぜひ聞き比べてみてください。

全19曲。Amazonのページで全曲試聴可能です。


迷子犬と雨のビート

迷子犬と雨のビート

  • アーティスト: ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • 出版社/メーカー: KRE
  • 発売日: 2010-05-26
  • メディア: CD

さて続いてはぐっと最近の曲。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのマキシシングル「迷子犬と雨のビート」をご紹介してみたいと思います。下北系ロックバンドの代表選手と言えるアジカンが映画「ソラニン」のテーマ曲に続いてリリースしたこれは、今TVの深夜枠で放映中のアニメーション「四畳半神話大系」のオープニングテーマとなっています。


彼らの音楽は、心をとても前向きにしてくれます。特に今回の「迷子犬と雨のビート」は、タイトルからはとても重そうなテーマを想像してしまいますが、そして実際詞の内容も深いのですが、スキップをするようなビートに乗せて、今を繰り返していくことだけでもきっと素晴らしい未来につながっていくんだみたいな希望を歌っていく、明るい作品となっています。カップリング曲の「雨上がりの希望」も雨にちなむ曲で、こちらも表題曲に勝とも劣らない作品です。この2曲があれば、梅雨が爽やかな季節に変わります。


なお、アジカンは関東学院大学軽音楽部を母体に、「好きなバンドは?」「ビートルズ」という会話が元で結成されたと言われているバンドです。ですからおそらくビートルズ世代の人たちの耳にも合うことでしょう。


忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 2枚組ライブアルバム

  • アーティスト: 忌野清志郎
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(M)
  • 発売日: 2008-06-18
  • メディア: CD

最後は、忌野清志郎の「雨あがりの夜空に」で締めたいと思います。この曲は多数のアルバムに収められていますが、ここでは2008年2月10日、日本武道館にて行われた「忌野清志郎 完全復活祭」のライブ盤をお勧めしておきたいと思います。


ベンチャーズ世代から現代のロックファンまで、全ての世代の耳と胸にしっかり響く音楽といったら、RC、忌野清志郎をおいて他にないでしょう。歌詞は何とも不謹慎ですが、この曲があれば梅雨のじめじめなど吹き飛んでしまいます。雨にちなむ曲の中では最高の除湿力と言えるでしょう。


以上、幅広い年代層にマッチする、ご家族で楽しめそうなラインナップで考えてみました。音楽には好みがありますから全ての人に向くかどうかはわかりませんが、皆さんのお好みの音楽を加えて、梅雨を明るく爽やかに過ごしていただければ幸いです。

(文中敬称略)


[117]七夕に五色のお茶で無病息災の祈りを MINT

五色の短冊で知られるように、七夕の風習には五行思想が深く関わっています。五行の木・火・土・金・水を色に置き換えると、それぞれ青(緑)・紅・黄・白・黒になります。前に東京杉並にある大宮八幡宮で古式豊かな七夕の行事をやっていると聞いて見に行ったことがありますが、宮中の伝統と同じといわれる乞巧奠の飾りには、この五色が見事に取り入れられていました。七夕の元祖は中国ですから、万物は木・火・土・金・水の5種類からなっているというこの古代中国の考え方と、今でもしっかり結びついているんですね。


ところで中国といえばお茶ですが、中国茶にも、緑茶、青茶、紅茶、黒茶、白茶、黄茶という色による分類があるのをご存じでしょうか。


緑のお茶は日本の緑茶と同じく、摘んだ茶葉が発酵する前に熱を加えて発酵を止めたもの。日本の緑茶と熱の加え方が違いますから風味も異なりますが、原理は同じです。この緑のお茶が最もベーシックな中国茶です。

青のお茶は、烏龍茶などの半発酵茶。入れると茶色っぽい紅茶に近い色になりますが、茶葉の色は濃い緑色。中国では深い緑を青と表現するため、こういうお茶は青の名で呼ばれています。

紅のお茶は、もちろん紅茶。高級紅茶として知られるキームンは漢字で書くと「祁門」で、中国安徽省にある地名です。

黒のお茶は、熱を加えていったん発酵を止めた緑茶を菌の力で発酵させた後発酵茶。入れた時の水色が濃いことから黒の名で呼ばれています。プーアール茶などがこの種類です。

白のお茶は紅茶のシルバーチップのような白い産毛の芽を摘んで、わずかに発酵させた軽発酵茶。

黄のお茶は、緑茶に水分を与えて軽く発酵させたお茶です。茶葉が黄色みがかっているのでこう呼ばれます。


中国茶の分類としてはこの6種類+花のお茶になりますが、五行では青と緑は一緒にしますので、青(緑)・紅・黄・白・黒のお茶を全部集めると、お茶で万物の元素が表せます。


七夕は三月三日、五月五日、九月九日の各節句と同じく、中国の魔よけ厄よけの習慣だったそうです。お茶は健康にもいいですから、ぜひ青(緑)・紅・黄・白・黒のお茶を集めてそれを七夕に飲んで、無病息災を願ってみませんか。一つのイエで全部揃えるのは大変かもしれませんが、私は友だちと手持ちのお茶を交換し合って、それぞれのイエで七夕の厄よけお茶会が楽しめる計画を立てています。


[118]>110 クールビズ xnissy

6月になって半袖シャツに衣替えしました。自転車に乗って走るときに涼しい風を肌で感じられるのが気持ちがいいです。

しかし、なぜ6月からなのでしょうね。5月でもスーツでは暑い日があります。常にそのときの気温に応じた最適な服装をした方が省エネになりますし、仕事の効率も上がると思うのですが。


[119]>35 天の川 xnissy

今住んでいるところは光害がひどく、天の川が全く見えません。無駄に空を照らしている街灯やパチンコ屋の看板が恨めしいです。昨年行ったオーストラリア旅行では天の川が雲のようにはっきりと見え、降るような星空ですばらしかったです。


[120]>61 梅干し xnissy

スーパーに梅が並ぶ季節になりましたね。最初は青い梅ばかりでしたが、今日は黄色みを帯びた梅がありました。そろそろ買い時か、もう少し待つかと迷ったのですが、横に注文票が置いてあってその中に「完熟南高梅」というのがあったので注文しました。これで梅干しを漬けるつもりです。できあがりが楽しみです。


[121]>102 七夕 xnissy

私の育ったところでは1ヶ月遅れの8月7日が七夕さまでした。普通は七夕というと7月7日だと思いますが、ちょうど梅雨の時期ですよね。8月だと梅雨も明けていて、星空と天の川が楽しめる可能性が高く、七夕には適していると思います。

国立天文台では旧暦の7月7日(に近い日)を「伝統的七夕」と呼び、星空を眺めようと呼びかけているようです(参考:質問のこたえ3-9:国立天文台)。これなら月が夜半前には沈み、その後は月明かりに邪魔されないので、星空を楽しむには絶好のシチュエーションになりますね。今年は8月16日が伝統的七夕です。ぜひ忘れず星空を眺めたいと思います。


[122]ヒメホタルの光 sumike

ヒメホタルが舞う時期が今年もやってきました。

ホタルには意外と種類が多く、日本には40種類以上のホタルがいるのですが、

見た人は何ホタルということを意識する人は少なく、小さいホタルということで、平家ホタルとヒメホタルを混同されていることが多いようです。

源氏ホタル・平家ホタルなどのメジャーなホタルは清流や水田にいますが、

ヒメホタルはそれとは異なり、山の中で暮らしています。



その昔 かぐや姫物語の作者はこのヒメホタルが

竹やぶの中を乱舞する光景を見てヒントを得たのでは?と言われています。



先週の水曜の夜、家族で相生山緑地公園へ、恒例となったヒメホタル鑑賞をしてきました。


9時ちょっとすぎなのでちょっと早いかなとも思いましたが、結構な人がきていました。


公園内の道路工事の影響で全滅してしまわないかしらと

心配していましたが今年も数こそ多少減った気がしますが

見事な光を見せてくれました。

ぽつんぽつんと点滅する光。

最初は暗闇に怖がっていた娘も、いつしか夢中になって見ていました。




実は少し前から夫が見ごろな時期をチェックしていたのです。



深夜1時すぎに一人で緑地のホタルの様子を確認に行った時には、女性のグループがいらっしゃったのですが

突然、一人でやってきた夫は警戒され、彼女たちは逃げるように帰っていかれたと嘆いていたこともw

そんな涙ぐましい努力によってこののホタル鑑賞日が実現しました。



この日15匹ほどのホタルをみられました。

そのうち飛んでいたのは5匹くらいです。

ヒメホタルのメスは飛びません。

空中散歩は雄だけの特権なんですって。


林の中をゆっくりと点滅し、また舞う光はやはり何回見ても幻想的です。


この名古屋市内の文字通りオアシスの存在を、見て感動してもらいたいと私は友達にメールをしたり、保育園ママ友達にもお勧めしました。


子どもたちには自分たちの街に蛍がいるという事を見て知って欲しいのです。




私のホタルの思い出は幼少時代に親戚の住む岐阜県瑞浪で見た辺り一面のゲンジボタルの夢のような光の情景です。

川面や木々の間を乱舞するホタルの幻想的な光。

山の谷間の田んぼに一面の蛍の光、とても大切な思い出です。

家族で畦道を歩いた夜。

悪ふざけをしてケンカをしてはすぐ仲直りした従姉妹の記憶。

ホタルの光に包まれながらすごした時代の思い出がそこにはありました。

もう一度みたいあの景色。

しかし、当時の場所に何度も行っていますが、残念ながら現在は一つの光もみつける事は出来ませんでした。



子どもたちにはこれからも毎年見せてあげたいので、どうかこの蛍たちの暮らす森がいつまでも変わらず

残っていてくれますようにと願っています。

「きれいだね」と嬉しそうに笑っている息子。

「あ?」と指をさしながら光を追う娘。



私も夫も笑顔でヒメホタルを見る子どもたちを見つめます。



いつかは見られなくなる時がやってくるかもしれないけれど・・・。

子どもたちの心の中にヒメホタルの光の記憶を残しておいて欲しいです。



家族の笑顔と共に・・・。


[123]七夕にはそうめんを☆ ekimusi

日本にはそれぞれ行事にまつわる食べ物がたくさんあり、七夕にまつわる食べ物もあります。

七月七日は、そうめんの日です♪

平安時代は醍醐天皇の頃 宮中の儀式や作法を集大成した法典 「延喜式」が制定(九二七年)されたとき

旧暦七月七日の七夕の節句に そうめん【索餅】をお供物(おそなえもの)とするよう定められました。

なぜ七夕の節句の供物がそうめんなのかについては

七夕伝説からそうめんを天の川に見立てたと言う説、

機織の糸だという説、 夏場に弱った体をいたわり消化のよく栄養価の高いそうめんを食べて

健康増進をはかったと言う説、 小麦の収穫を神に報告するためだとする説、などが諸説あります。

しかし何はともあれ そうめんは既に千年も前に 宮中行事には欠かせない食物であったのです。

この故事にちなんで 全国乾麺協同組合連合会では

昭和五十八年 七月七日を「乾めんの日」と定め、平成十八年六月に「そうめんの日」に改称されました。




うちでは毎年七夕の夕食は、そうめんをいただきます。


夕食にそうめんって書くととってもシンプルで手抜きっぽいですが、暑くなって食欲が落ちる中、

ちょっとした工夫をしています。




まず刺身用鯵を三枚に下ろし、一口大にしたものに格子状に飾り切りを入れて冷やしておきます。

薬味野菜のミョウガは半分に切って細切りにしておき、

大葉、キュウリ、長いもを細切りにしたものに

それから青ねぎを小口切りにしたものを一盛りと、

かいわれ大根一束に大根おろしとしょうがをすったものを用意して

それらをすべてたっぷりのお湯でゆで、水切りを済ませて氷で冷やし皿に盛ったそうめんに乗せます。

薬味といったら少ししか使わないイメージですが、相当な量の薬味を使っています。

柚子を加えた麺つゆをドレッシング代わりに上からかけて、鯵と薬味野菜のサラダ素麺(そうめん)にしちゃうんです。

薬味のサラダを、麺と一緒にいただくのが、とっても美味いんですよ。

涼感もボリュームもあって、味は強いけど後味はさっぱりとしています☆

あとはおひたしや、お吸い物を付け合せるだけで十分なくらいです。


薬味は日本のハーブでありスパイスです!

食欲を増進させたり、水分の摂り過ぎで冷えた体を温めたり、食べ物の腐敗や、

食あたりを防ぐ殺菌作用などがあるんです。

例えば、ミョウガには胃のはたらきを活発にするため食欲増進に役立ちます。

脳を刺激し、頭をしゃきっとさせたり、血行をよくする作用もあるので、風邪のひき始め、肩こり、

腰痛、神経痛にもいいんです。

熱を冷まし解毒効果があるので、夏バテ時に食べるには最適です。

よく言われるミョウガを食べると物忘れがひどくなるというのは迷信です。


大葉(シソ)には発汗、解熱、鎮痛、鎮静、解毒剤として使われてきたほど高い薬効があります。

爽快な香りのもとであるペリルアルデヒドは、胃液の分泌をうながし、食欲を増進させたり

胃を丈夫にする作用があるとのこと。


しょうがの辛味成分のショウガオールは健胃、発汗、解熱、保温作用があり、風邪のひきはじめや消化器疾患に効き、

細菌の活動を抑えます。

血行をよくするので、発汗をうながし代謝をよくします。

キュウリは、ほとんどが水分ですが、ビタミンA,B,C・鉄・ナトリウム・マグネシウム銅・

カリウムなどを含んでおり、暑い夏は水分補給に役立ち、カリウムの利尿作用があるので

身体にこもった熱を取り、夏バテ予防になります。

長いもには「ムチン」と呼ばれる食物繊維の一種が栄養成分として含まれていて、ムチンは長いものネバネバっとした食感の元となる成分でもありますが、この長いものネバネバ成分が体内への栄養吸収を効率的にしてくれます。


ねぎには体を温める作用があり、血液の循環をよくしたり、内臓のはたらきをよくしてくれるので、こちらも夏バテ解消にはぴったり。


かいわれ大根の辛味成分は、イソチオシアネートと言われる物質によるもので、この物質には、癌(がん)を

抑制する働きがあり、更に肝臓の解毒作用を補助する働きがあるとのこと。


大根おろし、大根おろしには消化酵素のジアスターゼが含まれていて胃腸のはたらきを助け、食あたりを防ぎます。

ちなみに「大根役者」という言葉には「当たったためしがない」という意味があり、

食あたりを防ぐ大根にかけているんだとかw


もちろん鯵も効能たっぷり!夏が旬の魚で、DHA、EPAなどの多価不飽和脂肪酸が含まれています。

DHAには花粉症、喘息、アトピーなどの抗アレルギー作用、がん予防、血液浄化作用などが期待されています。

EPAには血栓を予防する効果があります。

また、タウリン、カリウムも豊富で、疲労回復、動脈硬化、肝臓病、高血圧の改善にも効果も。



薬味にはまだまだ色んな種類がありますので、それぞれの家庭でオリジナルの組み合わせでいただいてみてくださいね。



七夕の日にはそうめんを食べながら、家族で七夕伝説の話などをしてみましょう。

そしてその際には是非薬味も一緒にご賞味くださいませ。


[124]>119 都会では ekimusi

天の川をはっきりとみることは難しいですよね。

七夕は毎年梅雨まっただなかで、星空を見ること自体が困難なことが多いのですが、一度街灯も少ない山奥で夜空に白くけぶる星の群れを見た時には感動しました。

英語でミルキーウェイというそうですが、まさしく白く輝く一帯がありました。

夜空を見上げることも少なくなりましたが、七夕の夜は曇っていても、つい空を見上げたくなりますね。


[125]梅雨の室礼(しつらい) TomCat

一部地域を除いては日本の代表的な季節の風物詩である梅雨ですが、梅雨にちなんだ行事というのはあまり聞きません。ですから梅雨時の室礼を考えようとすると、お手本になる例が少ないんです。でもだからこそ自由に、自分らしさ、そのイエらしさを表現していけるということですよね。それでは梅雨の室礼、いってみましょう。

まず生け花ですが、梅雨というとまず思い出すのは紫陽花ですが、私は紫陽花は他に使いたいので、恒例の母の月命日のお花には、花菖蒲を中心に使うことが多いんです。花菖蒲というと端午の節句、5月というイメージが強いですが、新暦で言うとアヤメやカキツバタが5月の花。花菖蒲は自然に咲かせるなら、ほぼ6月一杯が花の季節となります。ですから、梅雨のしとしと雨の中に咲く花菖蒲っていうのも絵になるんです。お節句にはスクッとした姿を生かした強い芯で勇ましく生けていきますが、この季節には、花の可愛らしさを生かした柔らかい感じで生けていきます。生け花という造形を意識せず、ラフな感じで花瓶に挿してもいいですね。イメージが湧かない方は、一度雨の日に花菖蒲を見に行ってみてください。

飾り物としては、私はこの時期には扇をよく使います。蒸し暑さを感じる日には、爽やかな風を連想させる扇がとてもよく似合います。で、実はここに紫陽花を使っているんです。といっても、それは扇に描かれた紫陽花の絵。白地の扇を買ってきて、それに色インクと筆で自分で描いてみました。淡い色調がとても気に入っています。横にはちょこんとカタツムリさんの置物。これも可愛いアクセントになってくれています。

本物の紫陽花は、ダイニングテーブルの上に水を入れたコップを置き、茎を短めに切って挿して飾ります。コップの上にアフロヘアがあるみたいな格好で、とても微笑ましいスタイルです。

また、紫陽花の柄は、女性の和服の夏帯としてもよく用いられますよね。そんなのをさりげなく飾ってみると、これがまたいい感じなんです。独身男の私がなぜ女物の帯を持っているのかという謎はさておいて(笑)、夏帯から漂ってくる清涼感もまた、梅雨時の湿った重苦しい空気を、爽やかなものに変えてくれます。

さて、最後は部屋だけでなく、「心の室礼」もしていきましょう。梅雨時に心がけたいのは「傘かしげ」です。これはいわゆる江戸しぐさのひとつで、雨の日に人とすれ違う時には傘をちょっと外側に傾ける動作のことを言います。こうして傘同士がぶつかり合ったり、相手にしずくを垂らしてしまうことを防ぐんですね。

みんながこういった思いやりを持ちながら歩いたら、ジメッとしたマチが一転爽やかになると思いませんか。心の室礼がマチを彩る。そんな過ごし方で、日本の粋を感じながら梅雨を楽しんでいきましょう。


[126]>123 歴史ある食べ物ですよね TomCat

素麺の起源とされる索餅は唐から伝来した菓子の一種で、今とはだいぶ違った食べ物だったらしいですが、蕎麦やうどんなどが細長い今の形になったのとほぼ同じ室町時代には、もう今の形の素麺が現れていたと言われていますよね。

昔話にも、素麺は出てきます。歴史のある食べ物なんですよね。

素麺は、私も薬味や具がポイントだと思っています。が、鯵や長芋は、まだ使ったことがありませんでした。これは私にとっては意外な材料でした。柚子は果汁を使うんでしょうか。これは鯵に合いそうです。麺のツルツル感と長芋のシャキシャキ感も良くマッチしそうですね。この取り合わせ、早速やってみましょう。

ekimusiさん式サラダ素麺は盛夏のスタミナ補給にもピッタリですね。これは土用のウナギよりいいかもしれません。


[127]>122 おー!! 山のホタル TomCat

貴重なホタルですよね、ヒメホタル。ゲンジボタルやヘイケボタルはそれなりに昔から人の目に触れてきましたが、ヒメホタルの生息域は夜間に人が立ち入ることはほとんど無い林の中ですから、存在すらも知られないまま、林ごと絶滅してしまった地域が多いんじゃないかと想像しています。

東京でも奥多摩あたりまで行くとヒメホタルを見ることが出来ますが、本当はもっとずっと広い地域にいたと思うんです。でも多摩地区の知り合いに聞いても、ヒメホタルという名前すら知らない人がほとんど。残念なことですよね。

子どもたちにはこれからも毎年見せてあげたいので、どうかこの蛍たちの暮らす森がいつまでも変わらず

残っていてくれますようにと願っています。

本当にその通りですね。そして、お子さん達がいつか親になり、自分の子供たちににもあの光景を見せてあげたいと思った時、やはり変わらぬ光がそこに瞬いているように。いつまでもいつまでも、森とホタルを大切に守り続けていきたいですね。


[128]>59 私も23日を忘れたことはありません TomCat

沖縄とは何のつながりもない私ですが、私も基地の町の生まれです。軍用機の飛ぶ空の下で育ちました。ですから、沖縄慰霊の日は絶対に忘れません。毎年、沖縄の皆さんとご一緒の時間に、どこにいても黙祷を捧げています。

とりわけ今年は、普天間の問題に心が痛む特別な年になりました。日本中、誰も戦争のことなんか意識しないこの時代に、沖縄は今も戦争の負担を背負わされ続けているということ。愛する島が今も戦争準備のために使われ続けているという辛さはいかばかりだろうかと。

アメリカも日本も政権交代を果たしたのに、沖縄はずっと基地の県のままですよね。結局、どんなに政治を良くしよう、国を良くしようと頑張ってみても、世界から軍隊と戦争を無くさない限り、何も変えられないってことなんですよね。

私が生きている間に、防衛だの安全保障だのといったことが不要になる時代を作りたいです。今年の慰霊の日には、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、沖縄からも日本からも、そして世界からも軍隊の必要が無くなる時代を願いたいと思います。


[129]>76 みんなで祈りましょう TomCat

私は本当に不思議に思うんです。なぜ殺人という大それたことが、戦争という理由を付ければ許されるのかと。昔からそうだったから今も深く考えずそのまま、としか思えません。これはとても後進的で、早急な改革が求められることのはずですよね。

人の作った社会は、人の手で変えられます。戦争は、抗えない運命がもたらすものではありません。人の意思で、いくらでも無くしていける課題です。そう信じて、私も笹に折り鶴を下げますね。そのうちスーパーなんかの店頭にも笹飾りが登場すると思いますから、ぶっとい字でよく目立つように「戦争のない世界を」と書いてきます。

子供たちの願いが戦争に踏みにじられない世界を、とも書いてこようかな。子を持つ親達の心が変わってくれれば、平和を願う人の輪が、グンと広がりそうな気がします。


[130]>111 この話題が出ないとイエはてなじゃない!! TomCat

6月と12月はキャンドルナイト。これはもうイエはてなでも恒例ですよね。私は夏は夏至の夜と七夕にやっていたのですが、期間中毎晩っていうのもいいですね。わが家でも連日開催してみたくなりました。

使い古し天ぷら油の臭い対策は、素晴らしい逆転の発想というかコロンブスの卵というか。これはほんと、名案です。これで天ぷら廃油由来のエコキャンドルも灯明も、ぐんと実用的になってきましたね!!

こういう斬新で独創的な発想も楽しいキャンドルナイト。今年もここからたくさんの輪が広がっていきますように。


[131]>115 イエやマチも川の水源地 TomCat

この考え、ぜひ広めていきたいですね。

食器や鍋、フライパンなどは紙で拭いてから洗いましょうと言うと、紙を作るのにも大量の水を必要とし大量の排水を出す、紙を使って水を守れるのかと反論する人がいますが、その気持ちがあるならもっと別の所で紙を大切にして、使うべき所に回していくことが出来ると思うんですよね。

また私は特に洗車用の洗剤、カーシャンプーの安易な使用に、大きな問題を感じています。カーシャンプーって、ただの洗剤じゃないんですよね。合成洗剤だけでも環境を汚染するというのに、たとえば鉄粉除去剤入りの製品の場合、その鉄粉除去剤とは、皮膚障害や造血障害などを起こす毒性物質であるチオグリコール酸アンモニウムだったりするんです。

カーシャンプーにしても、ガーデニング用の薬剤などにしても、一人一人の使用量は少なくても、流域全体の使用量はかなりの量になってしまいます。こうした隠れた汚染源を暮らしの中から無くしていく努力が出来たら、川はもっときれいになるはずですね。


[132]>124 天の川 koume-1124

昔はよくみえていましたが

このところ大きな建物や夜遅くまで営業しているお店が増えて

決して都会ではない場所でも

なかなか難しくなってきました。

何も無い所で天体観察してみたいです。


[133]>121 七夕 koume-1124

小さい頃は七夕にいつもBBQが我が家の日課でした。

家族皆で願い事を書いた笹の葉の隣でBBQ!

笹の葉がいい演出をしてくれます。


[134]>118 クールビズ koume-1124

クールビズという言葉を聞くようになって

サラリーマンも軽装になってきましたよね。

仕事の効率も上がりそうだし

いい事ですね。


[135]>113 ビニール傘 koume-1124

傘を忘れてはビニール傘をコンビニで買ってしまい

家には大量のビニール傘が;

かといってお気に入りの傘を買うときに限って電車に忘れてしまったりするんですよね。


[136]>112 うちわ koume-1124

そろそろうちわが必要な時期になってきましたね。

いまでも会社まで歩いて行くので

会社についたときには、かなり汗だく!

いちもくさんにウチワであおぐのが日課になってます。


[137]>109koume-1124

私の今の携帯の待ち受けは

ダブルでかかった虹の写メです。

2ついっきに見れるなんてすごい!と思って嬉しくなって急いで写メしました。

なんがご利益がありそうなんですよね。


[138]>107 除湿 koume-1124

家の中で部屋干しをしているので

この時期はなかなか乾かないし

湿気もすごくなってしまいます。

そんなとき、洗濯物のしたに新聞紙をおいておくだけで湿気がかなり取れるんです。

我が家では、湿気が凄いなって所にはいつも新聞紙をしいておきますが

これが結構効果ありなんです。


[139]>31 長靴 koume-1124

海外セレブから火がついたレインブーツですが私もさっそく買いました。

乗馬ブーツのような、見た目は普通のブーツのようなので、洋服にもピッタリマッチしていて

パッと見レインブーツには見えないので

友人などにも驚かれます。

レインブーツを買ってからというものの

靴が汚れる心配も無いので思いっきり水たまりにダイブしても平気で雨の日が楽しくなりました!


[140]>91 紫陽花 koume-1124

近所の家に大量のあじさいが咲いています。

梅雨の時期なんだなと思って

ちょっと憂鬱になってしまいがちですが

華やかに咲く紫陽花をみていると

なぜだか心が落ち着きます。


[141]>93 雨の音 koume-1124

シトシト控えめに降る雨や

怒っているような雨、ダンスをしているような雨。

色んな雨の音があって

そういった音を聞きながら家の中で待ったりしている時間も嫌いじゃないです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ