人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【謎解き・イラスト解読クイズ・国語の授業】

B美が放課後の教室に入ると、D菜がノートの切れ端を前に悩んでいた。
B美は声をかけた。

B美「どうしたの?」

D菜はノートの切れ端を指さした。
D菜「この下手な絵、間違いなくF吉の絵なの」

その紙には奇妙な絵が描かれていた。

B美「それで?」
D菜「F吉のクラスに、美人のアメリカ人の転校生が来た、って話はしたでしよ。
だからF吉が、彼女と仲良くなろうとしてる、ってところまではわかるんだけど、
実際に何を描いた絵なのか、さっぱりわからないの。B美はわかる?」

B美は絵をしばらく眺めると頷いた。
B美「たぶん国語の授業があったのね」

※10回答か6月17日21:00以降。小説の続きを書くことで解答することを歓迎します。
また回答はブックマークやコメント欄ではなく回答欄にお願いします。

1276272374
●拡大する

●質問者: lionfan
●カテゴリ:ゲーム ネタ・ジョーク
✍キーワード:00 6月17日 アメリカ人 イラスト クイズ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● サディア・ラボン
●50ポイント

B美「かたつむりが天国に行きたいので、木に登ったのよ。だけど鳥はそのまま飛べばいいでしょ」

D菜「するとF吉は仏教徒なの? アメリカはキリスト教の国でしょ」

B美「クエーカーの男の子がピューリタンの女の子と仲良くなったら、彼女の父親がクエーカーに娘はやれんと言って別れさせたって事があるわ」

D菜「じゃあF吉を教会につれて行きましょう」

◎質問者からの返答

Mathusala様、たのしい解釈、ありがとうございます。

これはすごく単純なクイズでして、そんなに難しく考えないでいいです・・・が、

今回はかなり知識依存な問題です。すみません・・・。


2 ● meefla
●250ポイント ベストアンサー

D菜「すごーい。どうして国語の授業だってわかるの?」

B美「この鳥の種類だってわかるわ。ヒバリよ」

D菜「じゃあ、このカタツムリの種類は?」

B美「そこまではわからないわよ。たぶん普通のカタツムリ」


D菜は絵の左下を差しながら言った。

D菜「だいたい、この謎の生物がわからないのよ。虫?ヘビ?UMA?」

B美「良く見て。丸が目だとしたら三つあるのもあるでしょ」

D菜「ほんとだ」

B美「これは目ではなく、露なの。草に露がついてきらめいているところ」

D菜「お釈迦様は?」

B美「これは神様のつもりね。アメリカ人に説明するんだから、キリストを書くべきところだけど。絵画力の限界だったんでしょう」

B美は絵の左上から右下に指を走らせた。

B美「この斜めの線、F吉にしては写実的とも言えるわね。もうすこし角度が小さい方が良かったかな」


D菜はたまらず言った。

D菜「ねえ、じらさないで解説お願い」

B美「この線は、片岡よ」

D菜「片岡?鶴太郎?」

B美は爆笑した。

B美「なだらかに傾斜している岡の事。そこに露があるんだから、『片岡に露みちて』」

D菜「?」

B美「ヒバリと言ったのは、『揚雲雀なのりいで』だからよ。そして『蝸牛枝に這ひ』でしょ」

D菜「わかってきた。雲に乗っている神様は『神、そらに知ろしめす』ね。OK! は『なべて世は事も無し』?」

B美「ご名答。で、一番面白いのは、この日付のところなの。今日は何月何日?」

D菜「3月9日。私は明日の朝に待ち合わせして一緒に通学する約束でもしたのかと思ったんだけど」

B美「F吉にそんな行動力、あるわけないでしょ。詩の冒頭は?」

D菜「ええと、『時は春、日はあした、朝は七時』」

B美「F吉は『日は朝(あした)』を『日は明日』と覚えていたのよ。『時は春』を示すだけだったら、March だけでも充分で、日にちまではいらないでしょ。うろ覚えで上田敏の詩の説明をしようなんて、その度胸だけは認めるけど」


----------


上田敏 - Wikiquote を参考にしました。

lionfan さんの「謎解き」に、初めて参加できて嬉しいです。

◎質問者からの返答

meefla様、おみごとでした!! ばっちり正解です!! いるかを差し上げます。


3 ● 何者か
●50ポイント

D菜「何で国語の授業があったとわかるの」

B美「だって、これD菜は、絵って言ってたけどこれ、字だよ」

B美は、半笑いで言った

D菜「まじで」

D菜は、驚いた

B美「さらに、これは、昨日書いたのが、最後ね」

B美は、自慢げに、話した

D美は、驚き「なんで 何でわかるの」としつこく聞いた

B美は、「ここに、書いてある日付、昨日じゃん」

B美は、また自慢するように言った

D菜は、「っあ」と言って、「嘘ついたでしょ」と聞いた。

◎質問者からの返答

KK-1437様、おもしろい回答、ありがとうございます。

言葉にこだわるB美っぽさが出てて良かったです。


4 ● うわさ(windows
●50ポイント

B美「もしかしたらF吉の心境を表しているのかも」

D菜「なんで?」

B美「まずは英語でかいてあるわ。きっとこれは外国人の女の子の目をひいているのかも」

D菜「そーなの?」

B美「だから上に観音様らしき人が書いてあるわ。これはあの女の子がきて嬉しい今のココロをあらわしているんだと思うの」

D菜「まあそう考えてみれば・・!あ?。だから下の草に水滴がついているのね。雨→晴れの今をあらわしていると」

B美「うん。かたつむりがついてるのもそのせいだとおもうの」

D菜「うん。それなら納得。ありがとー。」

B美「べつにいいのよ。じゃあねー」

◎質問者からの返答

suko1008様、ご回答と小説、ありがとうございます。

今回はすごく知識依存で、しかもやや年齢の高い人でないと難しかったかもしれません。申し訳ないです。


5 ● ぱる子
●250ポイント

D菜「国語? 私はまたF吉、柄にもなく仏教思想でも語ってた

のかと思ったわよ。ほら、山川草木何とかって……」

B美「よく見て、D菜。この絵のポイントは左上の日時ね。

3月10日午前7時、つまり春の朝7時とあるわ。何か思い出さない?」

D菜「ぴんと来ないけど……」

B美「枝に這うかたつむり、ならどう? そして万事オーケーって、

F吉らしい安直な表現だけど」

D菜「……すべて世は事も無し、とか、そういえば教科書に載ってた

かしら」

B美「それよ。」

D菜「うーん、言われてみれば出てくる単語を再現しようとした工夫

みたいなのは見えるけど。でも1点、右上で光ってるのってどう見ても

神様じゃなくて仏様よね?」

B美「それなんだけど、F吉たぶんこれが英語の原詩の翻訳と知らずに、

日本の詩らしい雰囲気を出そうとしてこうしたのかも。まあ、本当は

神様の絵をそれらしく描けなかったんでしょうね」


……急いで書いたのでキャラクターがらしくないのはお許しを。

というわけで元ネタはロバート・ブラウニング『春の朝』上田敏訳。

草の上に露が丁寧に描いてあるあたり泣かせますね。以下に全文を

転載します。


春の朝

時は春、

日は朝(あした)、

朝(あした)は七時、

片岡(かたおか)に露満ちて、

揚雲雀(あげひばり)なのりいで、

蝸牛(かたつむり)枝に這い、

神、そらに知ろしめす。

すべて世は事も無し。

◎質問者からの返答

paluko様、ありがとうございます!! 二人目の正解です。

今回はやたら難しかったのですが、おみごとでした。大感謝です。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ