人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以前も似たような質問をしたのですが、

ヨーロッパには様々な社交界がありますが、
今年中に開催されるもので、

▼代表的なものをいくつかと、
▼庶民でも参加出来そうなものを教えてください。

具体的にいつ開催される何という社交界なのかお願いします。
多分かなりたくさんあると思うので選ぶのが大変かもしれませんが。。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ヨーロッパ 社交界
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 小力子象
●0ポイント

大みそかは王宮の舞踏会が有名ですが、この年は小さな宮殿の年越し舞踏会へ参加しました。今でも、同じテーブルになった地元の人たちと連絡を取りあっています。

かつて舞踏会は、王侯貴族の社交の場や、その子女たちがソサエティにデビューする場でした。それが、時代や制度の変遷とともにその姿は変わり、公に「ハイソサエティ」はなくなっても、それを受け継いだ「現代の社交界」にも、かつての香りは残っています。舞踏会は、同じような階級・家柄の若者たちが出会う場であることは、今も昔も同じで、今回参加した特別な舞踏会で、 それを実感したのでした。

考えてみると私たちは、意識をせずに日ごろから、同じ階級の人たちと集い、交流しているものです。そしてその傾向は、とりわけハイクラスといわれる人々に強いようです。彼らは貴族同士という暗黙の了解、同属意識、安心感をもって毎年、決まった社交の場に集まります。そして近況や情報を交換し、現代ではEメールや携帯電話でネットワークを保つとともに、さらに人脈を広げていくのです。

「マキコ、僕らはある意味、そのためにこの舞踏会に来ているといってもいいのです。今日あなたが見た舞踏会は、本来の姿なのですよ」と、最後に友人は教えてくれました。そして、私がいつも日本でお話ししていることですが、舞踏会は踊るためだけの場ではないということも、改めて実感したのです。

これまで、ウィーンで様々な舞踏会を見て参りましたが、今回の、「一般公開されていない、参加者限定の特別で小さな舞踏会」ほど、かつてのハプスブルグ帝国時代の香りと文化、歴史の中の舞踏会を、改めて感じた場はありませんでした。このような舞踏会に、お邪魔虫の私を連れていってくれた友人の伯爵に、感謝です。

先日ウィーンで、その友人から別の舞踏会の招待状をもらいました。もちろんその舞踏会も、一般公開されず、限られた人にしか招待状がこないものです。プログラムには、ハプスブルグ家末裔の方々はじめ、歴史上にもその名が出てくる貴族のお名前が並んでいました。「今年は日程の都合がつかなくて参加できなかったけれど、いずれ参加する時には、マキコも連れていってあげますよ」と友人がいうので、近い将来実現することを、楽しみに待ちたいと思っています。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2010-05-26
  • メディア: Blu-ray

◎質問者からの返答

ふうむ、それでその社交界というのは何になるんですかねぇ。


2 ● suppadv
●70ポイント

ここは、日本人なら庶民でも手配をしてくれそうです。

http://www.office-ru-na.com/ball/index.html

◎質問者からの返答

そうなんですよね。

確かにここばかり出てくるんです。。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ