人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

左手は右手を工作で助ける、と言うことから
倭(≠和)国時代は
右左ミギヒダリと訓読みで昭和期まで
日常会話として使われてきています
実際、日本人は右利きが多い・・・
どうして、〔左右〕サユウというようになったのか?
いつから、〔左右〕と言う熟語がニホンで使われ始め、
そのプロセスをおしえてください

●質問者: takokuro
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:ヒダリ プロセス 右手 左手 日常
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

[1]語順は文化的な重要さとはあまり関係がない bfm35462

右と左を表すのに、左右(さゆう)と右左(みぎひだり)という言葉がある。前者は漢語、後者は和語だが、なぜ語順が逆なのだろうか。重要なものを先に言うわけではない。左大臣と右大臣がある場合、中国では右大臣のほうが上だったが、日本では左大臣のほうが上だった。

実のところ、語順は文化的な重要さとはあまり関係がないのだ。言葉には言葉の規則がある。語順を決めるのは一に文法、二に発音である。右と左は並列なので、文法では順番は決まらない。それぞれの言語の発音が、和語では「右左」、漢語では「左右」に決めるのだ。


[2]右(祝詞)が優位 gtore

以下のページがくわしいと思います。

ともに象形文字で「右」は右手で「祝詞:口が表現」をもつ形、「左」は左手で「台:工が表現」をもつ形を表しています。 台に比べて祝詞が上位であることは明らかですね。

http://sasapanda.net/archives/1732


[3]>2 短い語が前になる gtore

日本語では、母音で始まる語がないなら、短い語が前になるのだそうです。

よって、右左の順。


中国語では一般に、並列の二字は第一声、第二声、第三声、第四声、旧入声の順に並ぶのだそうです。

よって左右の順。


http://www.sf.airnet.ne.jp/~ts/language/sayu.html


[4]>3 和語も古くは左右? gtore

ご参考に…

ただし、和語も古くは「みぎひだり」より「ひだりみぎ」が多く使われていたかもしれません。

「ひだりみぎにも濡るるそでかな」(源氏物語・須磨)??このばあい副詞

「聞こしめてひだりみぎと方わかたせ給ふ」(源氏物語・絵合)

上記のように「左右(「ひだりみぎ」と読みます)」と書かれた例がたくさん(少なくと数十件)ありますが、「右左(みぎひだり)」と書かれた例は1件もありません。

http://qanda.rakuten.ne.jp/qa2933222.html


[5]>1 語順 gtore

それぞれの国のことばの発音が、語順に大きくかかわっているようですね!


[6]>4 利き手 gtore

左右とする中国でも、左利きは忌み嫌われるそうですよ。

なので、利き手は関係ないかと…。

http://www.geocities.jp/anne_ayaya/anne_ayaya/hidarikiki.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ