人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: shoma22
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:刑法 明治時代 混浴 現在 銭湯
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

6 ● wancoubaw
●14ポイント

都心にも未だ銭湯はあります。

http://onsen.enjoytokyo.jp/sentou/chiyoda.html


佐賀は超安い!

280円

http://www.sentonavi.net/


高いとこは500円 http://www.naoshimasento.jp/#/ja/contents/05


7 ● koume-1124
●14ポイント

銭湯の女湯に、男の子は何歳まで入っていいか?

各都道府県の条例で決められていて、

東京都は10歳以下ならOK。兵庫県は、5歳以下。

北海道、埼玉県は12歳以下となっているそうです。

http://www.geocities.jp/igimijp/hanayan/toribi07.htm


8 ● Spike
●14ポイント

で、

銭湯では洗髪料を支払わねばならなかった

今月のお勧め本(2004年)

で、

江戸時代の銭湯はサウナだった

で、

「湯船」の語源!!:江戸時代は銭湯が流行っていましたが、夏に川で船にお湯をはって入る風呂(納涼風呂)が流行りました。そこから風呂のお湯が入っているところを「湯船」って言うようになりました

シンガーソングライター - 銭湯 〜生活なんでも情報 雑学サーチ

で、

日本において、入浴の大切さを伝えたのは聖徳太子によるものといわれています。6世紀に伝来した仏教では、沐浴(身体を洗い清めること)の功徳が説かれており聖徳太子によって日本に普及した仏教は、当時の人々に沐浴を習慣とさせたのです。

当時の寺院には、沐浴のための施設である湯屋や浴堂が常設されていたといいます。

その後、平安時代に現在の銭湯のはしりとなる湯屋が生まれ、仏教のための沐浴から生活習慣としての入浴へと 変化していくことになります。

江戸時代に入ると、伊勢与一という男性が江戸城近くの銭瓶橋付近に銭湯を建て、銭湯が全国に普及していくほどの大ヒットとなります。

この頃の銭湯は一種の蒸し風呂で、男女混浴が当たり前だったと伝えられています。

現在の湯船につかるスタイルが確立したのは慶長年間の終わり(17世紀頃)のことで、当時はすい(水)が転じて「すえ風呂」と呼ばれていたそうです。

江戸時代の銭湯の二階は一種の社交場として開放されており、将棋や囲碁に興じる人もいれば横になってうたた寝する人もいるという寛ぎの場所であったといいます。

明治時代に入ると、法令で「7歳以上の男女の混浴を禁ずる」と定められ、銭湯における混浴は完全に消滅することになります。

これが、日本における銭湯の歴史であります。

で、

当時の銭湯には、女風呂に刀掛けがありました。与力・同心は女風呂に入ることになっていたのです。

別にいやらしい?目的ではなく、安全のため(男湯で襲われたり、喧嘩に巻き込まれたりするのを防ぐ)らしいのですが、少々変わった風習ですね。

雑学・うんちく・小ネタ・豆知識!なるほど部

で、

何歳の男の子なら女湯に入れるのか?

実は、この年齢制限は条例によって決まるため、地域によって違う。

たとえば、東京都は10歳以下ならOKだが、兵庫県では5歳以下の男の子しか女湯に入れない。かと思えば、北海道や埼玉県では12歳以下ならOKという都道府県もある。なぜ、都道府県によって年齢の上限が違うのか、それは条例を採択した都道府県議会の議員さんに聞いてみるしかない。

などがあります。


9 ● zenchi
●14ポイント

風呂オタクと呼ばれている漫談師のブログがあります。

「チャリで巡る風呂敷日記」

風呂屋のタイルにこだわるのは、タイル屋の娘だったらしい。

http://ameblo.jp/2626150/theme-10006214329.html


10 ● AIZEN
●14ポイント

天正19年の夏の頃、東京の銭瓶橋付近に伊勢(三重県)出身の与市という男が銭湯を建てました。

この場所は、橋の建設中に銭瓶がでたそうで、

与市さんが「これは縁起がいい」と喜んで決めたそうです。

当時の入浴代は永楽一銭。今のお金で100 円ほどです(日本銀行金融研究所貨幣博物館による)。

ここは蒸気風呂で、石を焼き、水をたらして湯気をたて、

その上に簀の子を置いた「伊勢風呂」というものでした。

皆、珍しがって入りにいったそうですが、伊勢風呂はとても熱く、汗はでる、鼻はつまる、

物もいえない、煙で目も開けられない状態で、皆さんが戸柵の前に立ちふさがるほどでした。

約30年後の江戸時代には町ごとに風呂屋ができたそうです。

ですが、びた銭などの悪い銭が出回るようになり、

入浴料は跳ね上がり、3、4倍にもなったということで

http://homepage2.nifty.com/sakura-saryou/s_rekisi.html


6-10件表示/13件
4.前5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ