人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

13世紀頃に描かれた、もしくはその頃をモチーフにして描かれた『鏡の絵』を探しています。その当時、鏡がどのように使われていたのかが伺える絵が一番理想なのですが・・・。
どなたかご存知ないでしょうか?

●質問者: hiha11
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:モチーフ 理想
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
●60ポイント ベストアンサー

13世紀だとちょっと古すぎるようですので、Medieval and Renaissance Mirrors から、14?15世紀のものをいくつか。


Allegory of carnality

「虚栄の寓意」と訳しておきます。

鏡に見とれている女性の絵です。

The romance of Fauvel という本の挿絵と思われます。

1320年頃。


Lady at her toilet

訳せば「化粧室の貴婦人」でしょうか。

Luttrell Psalter(ラトレル詩篇)の挿絵です。

女性の髪をとかしている召使の手に鏡があります。

1325年から1335年頃。

ちなみに、ラトレル詩篇に関するブログ記事は、ラトレル詩篇書 とか これがヨーロッパ中世の料理だ とか。


Portrait of Giovanni Arnolfini and his Wife

(画像のクリックで拡大)

アルノルフィーニ夫妻像」の、背景の壁にある鏡の部分を拡大したものです。

作者は ヤン・ファン・エイク

1434年。


以上、ご参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

色々と参考になりました!

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ