人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

IT起業の成功例には2つの道.

ギーク出身のIT起業家、
堀江さん、笠原さん、GREE田中さん、マーク・ザッカーバーグなど
ギーク出身経営者がスーツ的要素を取り入れて成功した例。

一方、非技術者が成功している例。
孫正義、藤田晋(営業に強み)、三木谷浩史(MBA)、DeNA南場氏(MBA)、
エニグモ、教えてgoo兼本などです。
ギークを外部から連れてきて成功しています。

「メリットを考えれば自分で技術を覚えるべきだ」という
堀江さんのご意見はごもっともだと思うのですが、ITビジネスはスピードだと思いますし、
藤田さんや南場さん三木谷さんがのろのろ技術を覚えてから起業していたら
今ごろサイバーエージェントも楽天もモバゲーも存在していないと。

上記踏まえ

1、ギーク(プログラマ、エンジニア)を
一年間顧問として自社に雇うには、どの程度の資金が必要ですか?
(dan kogaiほど優秀でなくても構いません)

2、技術者を雇う場合でも、
やはり経営者は一通り自分でもPerlやLinuxなど技術を覚えておくべきなのか、
それとも自分は経営や営業に徹し優秀なギークを外部からつれてくるべきか?

いずれが得策?

●質問者: はてな
●カテゴリ:ビジネス・経営 ウェブ制作
✍キーワード:Dan Kogai DeNA gree Linux MBA
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/3件

回答がオープンされていません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ