人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

犬や猫や猿などの高次神経活動を営む動物が思考・判断するにあたって、ブール演算のANDおよびORの論理を用いたと考えられる例があったら、教えてください。

●質問者: ShinRai
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:動物 演算 論理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● taka-hr
●42ポイント

こういうのでもOK?

オペラント条件づけ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%B...

AND条件の一種だと言えますよね?

◎質問者からの返答

とってもOKです。わかりやすいし、ヒトも動物も同等に扱っているところがいいですね。


こういうのの具体例、他にもあればよろしくお願いします。

またORもあれば(どういう事例がよいのかわかりませんが)よろしくお願いします


2 ● U-tan
●28ポイント

http://irene.ike.tottori-u.ac.jp/mieko/09ai12.pdf

猿バナナ足踏み台問題です.

◎質問者からの返答

普通にANDはできそうですね

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ