人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

農家の方、家庭菜園をされている方に質問です。
現在さくらんぼの木を植えているのですが、
草抜きが面倒で木の幹の半径1mのところにわらや枯れ草を敷いてあげようと考えています。
そうすると、わらや枯れ草がマルチの効果を出して草抜きが楽になると考えたのですが、農家の方が植えてある作物を見ると草が敷いてある作物とない作物(スイカやナスは敷いてあるの見たことあります。)があり、果物の木に藁や枯れ草を敷いている人を見たことがありません。
藁や枯れ草を敷いてあげることによって主にどのような効果があり、
また作物によっては敷いてあげた方がいいもの、よくないものとかあるのでしょうか?
お手数をおかけしますがわかるかたおりましたらご回答お待ちしております。

●質問者: sitepartylight
●カテゴリ:ビジネス・経営 グルメ・料理
✍キーワード:いもの さくらんぼ スイカ ナス マルチ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● nobu
●27ポイント

家庭菜園をやっています。

>藁や枯れ草を敷いてあげることによって主にどのような効果があり、

>また作物によっては敷いてあげた方がいいもの、よくないものとかあるのでしょうか?

藁や枯れ草を敷くのは、雑草を防ぐためです。

ですから、あなたの植えたさくらんぼの木に藁や枯れ草を敷く事の意味はあります。

何故農家のさくらんぼ生産者が、藁や枯れ草を敷いていないのかは、一定間隔で植栽した場合、葉が茂った段階で、日光をさえぎり雑草が生えにくくなるからです。

ですから、果樹作物を生産する農家は、藁や枯れ草を敷く必要が少ないと言えます。

逆に野菜等を屋外で生産する農家は、藁や枯れ草を敷く効果は確実にあります。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


2 ● suppadv
●27ポイント

藁を敷くことによって、太陽光をさえぎって、雑草を防ぐという目的です。成長が雑草に負けてしまうような植物の場合に行われます。

さくらんぼの場合は木なので、雑草によって栄養を取られることは無いので、藁を敷くということはやられないと思います。

しかし、雑草を防ぐという目的であれば、ある程度有効だと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。


3 ● ko8820
●26ポイント

さくらんぼの木の下に、わらや枯れ草を置かないのは水はけが悪くなるからです。

あと、害虫にやられやすくなるので、お勧めできません。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ