人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

来週からネットショップを開設します。ショップのサイトは完成しました。プロに頼んだので、サイトは問題ないはずです。
商材も、実店舗で実績があるものを選んでいます。

従って、売上は、お客様に認知されてショップページに訪問してくれるかにかかっていると思っています。
そこで質問ですが、ネットショップを開設してすぐに集客可能な即効性のある方法を教えて下さい。

中長期的には、SEO対策をして検索結果を上位にすることが重要でしょうが、季節物の商材なので開店当初からある程度の売上が欲しいです。

また、実店舗のお客様へのアピールはすでに始めているので、インターネット経由での来店に特化した回答でお願いします。

ドロップシッピングではなく、仕入れにある程度のお金をかけているので、売れないと結構厳しいです。よろしくお願いします。

●質問者: i_love_cat
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:SEO お客様 お金 インターネット サイト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● toit0303
●18ポイント

お金を掛けれるのであれば、「PPC広告」です。

ヤフーやグーグルで表示される広告で、「ワンクリックいくら」

という形態になります。

オーバーチュア(ヤフー用)はこちら

http://overture.toroku.jp/?OVRAW=%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%...

アドワーズ(グーグル用)はこちら

http://www.google.co.jp/adwords/start/start.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

PPC広告そのものの存在は知っていました。質問文に書かずすみません。

PPC広告でより高いクリック率やコンバージョンレートを獲得するコツがもしあれば教えていただきたいです。


2 ● 松永英明@ことのは
●17ポイント

即効性ということですので、PPC広告の一択となります。

下記の書籍は極めて実践的な良書ですので、面倒がらずにじっくり読んで実践してみてください。

売上と集客が確実にアップする 儲かるキーワード広告の使い方

売上と集客が確実にアップする 儲かるキーワード広告の使い方

  • 作者: 竹内 謙礼
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方 (日経ビジネス人文庫)

売り上げがドカンとあがる キャッチコピーの作り方 (日経ビジネス人文庫)

  • 作者: 竹内 謙礼
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • メディア: 文庫

PPCとは、そのキーワードに興味のあるお客さんにチラシを渡すようなものと考えていただければ

単に「検索上位」だけではなく「クリック数・クリック率」も重要ですし、根本的には「コンバージョン率」を考えなければならない、ということはすでにご理解のようですね。

そのための具体的な秘訣はすべて上記の本に書かれていると考えてよいと思います。

あとは、商品点数ならびに商品バリエーションを増やすことです。

1個だけでなく5個セット、10個セットでお得、といった客単価増加方針や、お買い得お試しセットを用意する、ギフトセットを別途考える、等々で商品バリエーションを多彩にできると思われます。

それから、決済手段としてクレジットカードその他できるだけ豊富な手段を用意しておくと、購入時点でお客さんを逃すことが減ると思われます。

また、実店舗があるのでしたら、そのお客様にも告知するとよいでしょう。

来店できないときにも購入していただける、来店できない知人の方に紹介していただける、といったメリットもあります。

実店舗のお客様にツイッターを告知することで、タイムリーに誘導することもできるでしょう。

がんばってください。

◎質問者からの返答

回答どうもありがとうございます!

この書籍は知らなかったので、今度手に取ってみようと思います。

twitterも有効活用してみます。


3 ● oo7
●17ポイント

あくまで個人的な意見ですが、是非に検討してみる価値があるのが、「はてなと勝手にコラボ」です。

はてなではオフィシャルにコラボしない限り、宣伝や広告、勧誘や商用利用などはできません。


なのに「はてなと勝手にコラボ」とは?


ちょっと、その前に知っておかなければならない事が有ります。

はてなで禁止されている幾つかの事です。

はてな利用規約 http://www.hatena.ne.jp/rule/rule

第6条(禁止事項)の

3.の1.

宣伝や商用を目的とした広告・勧誘その他の行為。ただし、当社が各サービスのヘルプに別途定める場合はその限りではありません。

4.の2.

繰り返し類似した質問を登録したり、意味不明な表現を用いた質問を登録する行為、質問の意図から明らかに反れた回答、虚偽の回答、広告宣伝目的の回答、不快感を与える回答を行う行為


実際には明確に禁止事項に相当しなければ許されています。大らかなはてなならではの事ですね。

例えば、こんな感じです。

http://q.hatena.ne.jp/1276352514

http://q.hatena.ne.jp/1273302230

http://q.hatena.ne.jp/list?word=かわいい雑貨屋さん

http://q.hatena.ne.jp/dcm83491/questionlist

はてなでは、この様な感じで明らかに商売目的だとかいう雰囲気が無く、「ご意見を聞かせて下さい」的なものなら、大抵のものが規約違反ではないと判断されます。

はてなの質問はGoogle検索で比較的上位に出てきます。「QAまとめサイト」の類のサイトにも転載されます。質問文が人の目に触れる機会は物凄く多いのです。

一般の人たちが進んで回答したくなる様な楽しい質問や魅力的な質問を書き込めば、はてなユーザーなら飛びつく様にして回答してくれます。人気の質問は、はてなの人力検索のトップページである http://q.hatena.ne.jp/ の「注目の検索」に掲載され、更に人目につく機会が与えられます。


こんな感じで「はてなと勝手にコラボ」してしまえば、自社サイトの存在や取り扱い商品の魅力を上手に多くの人々に知らせる事ができますし、自社サイトに訪問もして貰える機会が飛躍的に増えるのです。

しかも、その費用は格安です。質問の掲出期間は最大1週間です。アンケート形式で質問し、募集数1000にでも設定したとすると、その質問は余裕で1週間アクティブな状態を保てます。この場合、アンケートの設問が1つなら費用は最大でも1050円で済みます。

間隔をおきながら継続的に質問をしても良いですし、しつこくならない程度なら同時に複数の質問をしても良いと思います。


商材やサイト自体の作りがバッチリなら、残るはできるだけ多くの人にサイトの存在と商品の魅力を知って貰い、サイトにアクセスしてもらう事が最良の売り上げ確保への近道となります。


どうです?「はてなと勝手にコラボ」。

一度、と言わず、何度か試してみられてはいかがでしょうか?

◎質問者からの返答

大変参考になるご回答、ありがとうございます。非常に魅力的なご意見です。

「はてなと勝手にコラボ」いいですね!「はてな」は商用利用が禁止されているということを聞いていたのですが、工夫次第でうまく利用することができるのですね。

本気で検討してみたいと思います!


4 ● ko8820
●17ポイント

売りたい商品の1つとか数個を懸賞に出して

懸賞の宣伝で、商品を宣伝して、応募者に見てもらうことで集客する方法があります。

http://www.hitget.com/

http://shopserve.jp/promo/promo05.html

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

なるほど。懸賞サイトは思いつきませんでした。こちらも検討してみたいと思います。

ありがとうございます。


5 ● ラフティング
●17ポイント

待ってても来てはくれませんし、時間がかかります。

一般的にはスパム臭さを嫌気して回避されがちですが、バナーなどよりも断然CTRの高いメール広告の「件名つき記事稿」などにガンガン出稿していくべし!

http://netadguide.yahoo.co.jp/info/rate/prod/mail/index.html

また、無料で登録できるYahoo!懸賞などに登録して、無料会員をかき集めて、会員向けにもガンガンメルマガを配信していくべし!

http://present.yahoo.co.jp/

◎質問者からの返答

なるほど、メール広告も効果的なのですね。ありがとうございます。

Yahoo!の広告はコスト高のイメージがあるのですが、メール広告でもやはり高いのでしょうね??


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ