人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

膝が痛くて薬局に行くとコンドロイチンやグルコサミンの入った物をすすめてきますが、一方、同じ症状で病院に行くとヒアルロン酸の注射を言われました。なぜ薬局系ではコンドロイチンで病院ではヒアルロン酸なのでしょうか?


●質問者: koko24
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:グルコサミン ヒアルロン酸 ロイ 注射 病院
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● きょくせん
●40ポイント

実は病院でもコンドロイチンを出す所もあるのですが、即効性という事を考えるとヒアルロン酸の関節注射が、というのが実情でしょう。

コンドロイチンは効果発現まで数週間かかりますので補助的・緩和的に出される例がほとんどだと思います。>病院では

一方、薬局・薬店では当然関節注などという医療行為は出来ませんのでコンドロイチンを売るしかない訳です。ヒアルロン酸もあるのはありますが、関節痛について医薬品として?つまりエビデンス(科学的根拠に基づいた有効性)があるとされているものはないのではないか、と思います。

以上、即効性を求めるには関節注射しかないのだけれども薬局ではそれが不可能な為、薬局さんではコンドロイチンを勧めるしかない、というのが実際かと思います。


2 ● スラきち
●20ポイント

おそらく、薬局でもらったのは、のむ薬じゃないですか?それで病院では、注射だったのでは?たぶんぼくは、そうおもいます。


3 ● ko8820
●20ポイント

・純度の高いヒアルロン酸は医者でないと処方できないから

・コンドロイチンやグルコサミンはサプリメントなので、薬剤師でなくても進められる

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ