人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

酸と塩基について
塩酸に金属を例えば鉄を入れると溶けてイオンになり水素が発生しますよね。
では塩基性の物に金属を入れるとどうなるのですか?

●質問者: koko24
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:イオン 塩基 塩基性 塩酸 水素
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●35ポイント

金属は基本的には塩基性で、金属は普通、塩基とは反応しませんが、Zn、Al、Pb、Snの両性元素は、塩基とも反応して水素を発生して溶けます。

また、アンモニア再溶解元素Zn、Cu、Agのように錯体を作るものもあります。

●両性元素 - 化学

http://law-of-causality.hp.infoseek.co.jp/ryousei.htm

●アンモニア再溶解元素

http://law-of-causality.hp.infoseek.co.jp/nh3_aq.htm

●アルミニウム・亜鉛

http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/oka/2005/05ko2-24.html

※参考URL

●典型元素の性質?

http://www.geocities.jp/don_guri131/tennkei01.html


2 ● suppadv
●35ポイント

金属のうち両性金属というものは、酸性と塩基性の両方と反応するので両性金属と呼ばれます。


HClにZnを入れると、Zn(Cl)2が出来て、H2が発生するというのは、判りやすいですよね。

Zn + 2HCl → ZnCl2 + H2


NaOHにZnを入れるというのは、少々複雑で、以下のような反応で水素を発生します。

Zn + 2NaOH + 2H2O→ Na2[Zn(OH)4] + H2

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ