人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【自我】現実世界、匿名のネット上、内的に秘めている自分の姿はそれによって異なってくると思います。現実世界やネット上で他人に見せる自分はどのような人間で、夢や心の中でのみ創られている自分はどのような人間なのか教えてください。また、そのような"自分"をどのように評価して、どのようにしたいのか教えてください。

(例:ネットの中では完璧主義者だけど、心の中では気配りのできる人間がいて、完璧主義者な自分に胸やけをしているとか。もちろん、私のことではないです^^:)
自身の体験に基づくものなので、検索の必要はありません。より明瞭な回答に高ポイントを配分します。

●質問者: Newswirl
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:ネット ポイント 主義者 人間 匿名
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● サディア・ラボン
●20ポイント

f:id:Mathusala:20100710212637p:image

http://ameblo.jp/taddy-frog/

↑画像はぼくのアメーバピグで、

アドレスはぼくのブログです。

現実のぼくは、髪は黒くて真っ直ぐで、

身長は161センチで、体重は57キロくらいです。

腕と胴の細さは気に入ってますけど、

足が太いと思います。

保身のために、友人を見殺しにするなど、卑怯な所があります。

勉強嫌いで漫画を描くか、遊んでばっかりいましたけど、

英語の得意な人が事故に遭った後は、

原案を一段落英語で書いてから、

日本語の漫画を一段落描いてます。

二年半経ってから、英語で書かれた資料を初めて自分で和訳しました。

ネットでは、サディアという名前を、第二の本名のように思ってます。

ネット上で、漫画のノベライズを公開していますが、

英作文をちゃんと自分で書いた時だけ日本語の漫画にしても良いというルールを決めているので、

自分で和訳をするわけにはいかないですから、

はてなでは、Mathusalaと名乗って、別人を演じながら、

Mathusalaという作品の和訳を投稿しています。

「自分と同じ名前の作品がどんな内容か気になった」

と言い訳をしていました。

現在は、正体がばれてしまっています。

現実の世界でもブログでも、しゃべり方は変わりません。

アメーバピグの場合は、気分次第で、普段と同じ言葉と、女言葉になります。

男が嫌いなので、女性ホルモンを使っています。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

現実の自分よりもネット上の自分の方が、より他人に対して積極的である(あろうとしている)ということでしょうか。

内的な心情や自己に対する評価が主にネット上で反映されているのかな。と感じました。


2 ● tak
●20ポイント

現実世界、匿名のネット上、内的に秘めている自分の姿はそれによって異なってくると思います。

それほど異なりません。

何時いかなる時

誰に対しても

等しく対応します。(出来る限りそのように努力します)










そのような"自分"をどのように評価して、どのようにしたいのか教えてください。

そういう裏表がないことを、良いことだと、口先では言う人間が多いのですが、

どうも、

現代社会では、

本当は、裏表があることが、

良いことである。

という、建前自体の倒錯があるようです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

先にあげた3つのシチュエーションを区別なく一つの自分であるべきと考えているのですね。

経験による反省が、すぐに"自分"に生かされなければ裏表ができてしまうので

そういう人は凄いと思います。


3 ● ko8820
●20ポイント

ネットの中では自己中ですが、

心の中では慈愛の精神に満ちた人間がいて、

生きているのが辛いです。

もちろん、私のことです^^:

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

自己中心的の「中心」部分に何に偏っているのでしょう。願望のようなものも覗いてみたいです

心の中では善い人が住んでいるということですね。


4 ● adlib
●20ポイント

0.自己同一性 ? モチベーションの変遷 ?

── 文学は悪友、音楽は恋人。美術は、まるで兄弟のようなものだ。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050727

学楽同穴 ? 日記と手紙 ?

── 一人称で語るには、しばしば面映いことがあり、聞いたふうな架

空の名もそらぞらしい。あるとき、太郎の前に漢字一文字を加えてみる

と、語呂もよく、それなりに意味をもたせることを思いついた。

たとえば、幼少期を幼太郎(略)、長じて壮太郎、老太郎とするのは

どうか。(略)これらを“百太郎伝”としてまとめれば、かつて試みた

《百科自伝》のような形式に通じるかもしれない。── 《虚々日々》

(与太郎は、かならずしも同一人物であるとは限らない)

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20001226

諸太郎考 ? Taro & Tom ?

1.少年期 ? 模倣・独習・独学 ?

小学時代は画家をめざし、中学時代、生涯にわたって自伝を書く決意

をしたところ、ふとした折から楽譜にめざめ、高校時代を通じて音楽に

熱中した。中年期にパソコンに遭遇し、数万日も予定が遅れてしまった。

2.青年期 ? 受賞のことば ?

藤本 義一は、小説を書く前に「直木賞・受賞のことば」を書いた。

さわやか流と泥沼流の“異名”を併せもつ米長 邦雄は、終盤に及んで

「受賞のことば」が思いうかぶときが、危ういという。

大学受験には、合計6000時間(365日×3年×5.47945205時間)を

要すると算出した(一説に運転免許が60時間、パソコンは600時間)。

かくて兄は(頭が悪かったので)東京大学に進み、弟は名人になった。

3.壮年期 ? プロフェショナル ?

── イ・ムジチ合奏団は(略)こんどの来日では、22日間というもの、

休みなしの連続公演で(略)本番前の8時間もの練習を常にして“同じ

ように演ろうとしてもどこか変ってくる、解釈や意図の転化ではなく、

それこそわれわれの音楽なのだ”というようなことをいっていた。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19691122

楽中楽外 ? 音楽家たちの夜と昼 ?

4.老年期 ? 三位一体 ?

年をとって、新しいことに挑戦するのは難しい。若いころから慣れた

作業を繰返すことが、もっとも確実で効率的らしい。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19630405

晩年の石井翁 ? 小柏 又三郎の追想 ?

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

自身の経験というより自身で答えた回答ですか?

何か機械的なもの感じます・・・気のせいかな。


5 ● ゲート
●20ポイント

ネット上の自分=謎めいた人

現実世界の自分=謎めいた人

内側に秘めてる自分=見栄っ張りでヘタレで単に水くさいだけの人

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

相手の内に秘めた自分の姿を知ることができないということは、謎めいていることとリンクするかもしれません。

そういう意味では、内側の自分を外に曝け出してはいないのかな。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ