人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(医療とかに強い人の回答をお願いします。)

うっかり、カッターで指を切ってしまった時は「いったーい」とか言って痛がりますが、たとえば、時代劇の戦闘シーンで日本刀で腹を斬られるシーンや拳銃でうたれるとこ時などでは「うっ!」としか言ってなく、「いったーい」とか叫びません。

これは、テレビ局の都合なのですか?それとも、心理的な問題ですか?

●質問者: マルスしゃちょう
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:カッター テレビ局 医療 拳銃 日本刀
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● ゲート
●15ポイント

演出の問題でしょう。

時代劇で斬られて斬られた人が

「いったーい」って叫んじゃしまらないですよ。

ちなみに私はカッターで指切っても「うっ!」って言いますが・・・

http://q.hatena.ne.jp/


2 ● manemaneroom
●15ポイント

どういう痛がり方をするのかは完全に個人個人で異なる。

刃物による傷の場合は鋭い痛みになるので「いったーい」というようなのんびりした表現よりもむしろ声にならない声になる場合の方が多い。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%97%9B%E3%81%BF


3 ● masanobuyo
●15ポイント

建社会の日本における武士階級の倫理及び価値基準の根本をなす、体系化された思想一般をさす武士道においては、、「いったーい」と言うことは許されていないからではないでしょうか。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E9%81%93


4 ● yamaneroom
●15ポイント

武士は痛いなどと弱音を吐いてはいけないから。

http://q.hatena.ne.jp/


5 ● seble
●25ポイント

大けがをした事がある人なら分かると思いますが、

そういう場合、痛みは後からやってきます。

その瞬間はショックだけで何も感じません。

特に、鋭い刃物で切った場合はスパッと切れたその瞬間にはあまり感覚がありません。

鈍い刃物だと切られるというより殴られる感じなのでずっと痛みがあります。

なまくらだと引き裂く感じになるのでこれも痛いです。

ゆっくり切るとこれも痛いですが、戦闘のように瞬間に切られると感覚はあまりありません。

ケンカでもそうですが、殴られた瞬間はアドレナリンの影響もあり、すぐには痛くはないです。

骨折などするほどでもちょっと遅れて痛みが来ます。

衝撃を受けたような感覚はあり、また怪我が特別な致命傷でなくともそのショックで死亡する場合もあります。

日本刀でもよく切れるのは肉の部分だけで、骨はそう簡単に断ち切れないようですけどね。

刃もこぼれてしまうので、うまい人は関節を切るのだそうで、、

拳銃で撃たれた事はないので知りませんが、

物の本ではやはりその瞬間は衝撃だけで痛いのは後からのようです。

また、ショックが大きいので言葉が出ない、という事もあります。

痛いとか言っているうちはまだ大した事ないのです。

本当に痛いと言葉をしゃべる事さえ難しくなります。

また、しゃべるために口を開けたりすると、ショックを受けた時に舌を噛みきってしまう危険があります。

殺されそうな時には自殺しないように口は閉じてろって事ですな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E7%B5%8C

◎質問者からの返答

そうなのですか…

ショックが大きいのも原因の一つなのですね。

ご回答ありがとうござました


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ