人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

行方不明高齢者問題で、死亡しているのに振り込まれた年金は 国へ返還してもらえるのでしょうか?
また、親族がそれを引き出した場合、法的にはどう取り扱われるのでしょうか?

●質問者: rekoms
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:年金 行方不明 親族 高齢者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●20ポイント

死亡した場合は戸籍など、直ちに届ける義務がありますから、それを故意に怠れば詐欺罪の適用もあるようです。

http://sankei.jp.msn.com/region/kyushu/okinawa/090215/okw0902150...

ただ、時効は2年のようなので、それ以前の金額については請求不可能と思います。


2 ● yamaneroom
●20ポイント

>死亡しているのに振り込まれた年金は 国へ返還してもらえるのでしょうか?

返還しなければならない


>また、親族がそれを引き出した場合、法的にはどう取り扱われるのでしょうか?

親族が詐欺罪に問われる。


3 ● azuki-paste
●20ポイント

死亡した人の年金を受け取るという犯罪は年金詐取と呼ばれます。詐欺の一種ですね。

単純な手続きミスなどの問題で起こったのでもない限り、銀行振り込みなどで受け取っている場合、引き出さなくても年金詐取とみなされます。

民法上では、払われた年金は”不当利得”という事になり、年金の支払元は返還請求ができます。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Kenji/5046/minpou1-5-1.html#%...

”不当利得(不当利得返還請求権)(民703,704条)

「不当利得」とは、法律上の原因がないのに他人の財産または労務によって利益を受けることをいう。

このとき利益者は、その利得を返還する債務を負う。

例えば売買において、おつりを多くもらい過ぎたとき、もらい過ぎた分は返還しなければならない。

(権利の消滅)

・不当利得返還請求権の時効消滅

損害賠償請求権は3年の時効で消滅するのに対し、不当利得返還請求権は、一般の債権と同様、10年の時効で消滅する(167条)。”

時効になった分は請求できませんね。そして、受け取った人達で使ってしまった場合に受け取った人達に経済力が無い場合、つまり財産が無かったり、働いて返すのも難しいなどの場合は、全額返還させる事は難しいという現実があります。”貰い逃げ得”みたいな事になってしまう訳ですね。



刑罰はこんな感じになりますね。

”姫路の死体遺棄・年金詐取:被告に有罪判決??地裁支部 /兵庫”

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20100716ddlk28040316000c.html

このケースでは”懲役3年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)”です。刑が軽いと言えば軽いですね。


”戸籍上111歳で東京の男性最高齢とされていた人とみられるミイラ化した遺体”の事件では、警察はまだ注目している段階の様です。

http://ameblo.jp/hotei-project/entry-10607758980.html

”詐欺の公訴時効は7年なので、警察が04年以降の妻の遺族共済年金の方に注目している”

◎質問者からの返答

うーん。逃げ得 過ぎますねぇ・・・。


4 ● icecoffeeandcake
●20ポイント

返金するのが道理です。

テレビに出てしまったら、返さないと遺族は生きて行けないというものでは?


しかし返すに返せないという方も絶対にそのうちに出てくる。

そういう場合も、請求はなされる。

催促もなされる。

しかし無い袖はふれない・・・みたいなことで、請求された方も亡くなる・・・みたいなケースに持ち込まれる可能性が大です。

こういうところを役所は厳しくして欲しいものです。


生活が苦しいとか・・・言われるとね、役所も生活保護出して返金してもらうわけにもいかなくなって・・・

最低の生活は保障するのが日本国の憲法だからって言ったって許されるものでは無いと思うのだ。

でも、現実ってこんなもんです。


5 ● gp334437g4723k87
●20ポイント

100歳を超えた高齢者の子供が年金を受け取っていた場合、その子供は70代後半から80代に至っていることになり、既に使ってしまっている場合、現実的問題として、当人には返済能力はないことになります。


今回のケースは全国的に類似事例が多数発生しているようですが、年金を使ってしまっている場合で、親族も高齢者の場合には、返金を求めることは現実的には無理かと思います。また、各自治体では、高齢者宅に出向いて生存確認を行うようなことを始めているようですが、ある意味、年金受給者が死んでいなか家宅捜査をするようなもので、本当に生きている高齢の年金生活者にとってはバカされた行為だとも言えます。

◎質問者からの返答

>現実的問題として、当人には返済能力はないことになります。

公金を使い込んだ事で、逮捕とかされないのでしょうかね...

>本当に生きている高齢の年金生活者にとってはバカされた行為だとも言えます。

現役世代から見れば、不要な年金が払われ バスにされた行為になるので

お互い様なんですがね・・・。

年金は現役世代の納付があって初めて実現している以上、本人確認くらい

応じるべきだと思いますけどね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ