人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「社会人」という日本語についての書籍・論文等を探しています。
知りたいのは「社会人」という語の誕生・初出から今のように広く流通するようになるまでの経緯と、
その間に意味の変遷があったのかです。
特に実証的(?)に、明治・大正期からの新聞記事で年ごとの頻出数とどういう文脈で使われたかがまとめられていたら最高です。

●質問者: rrr99
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:大正 新聞 日本語 明治 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● newbrandshop
●0ポイント

http://www.newbrandshop.com/


2 ● yamaneroom
●70ポイント

明治のことば (講談社学術文庫)

明治のことば (講談社学術文庫)

  • 作者: 齋藤 毅
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

この書籍はintrospectiveさんとこを見て既知でした。

http://d.hatena.ne.jp/introspective/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ