人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いよいよ今日、ロンドン(英国)の世界最大級の Covent Garden (コヴェント・ガーデン) Apple Store が、グランド・オープニングだよ?ん!!!!!!!!!!!!!



先月に開店した、パリ(フランス) Opera 店と並び、歴史的建造物(1870年建造)をコレ以上無いヤリ方でリノヴェートした、世界で最も美しい Apple Store にナル事は確実!!!!!!!!!!!!!!!!!


London に立ち寄るコトがアッタラ、是非 覗いて見てネ!!!!!!!!!!!!!!!


建物を見るダケでも訪れる価値アリ!!!!!!!!!!


http://www.apple.com/uk/retail/coventgarden/

http://www.apple.com/uk/retail/coventgarden/map/


http://www.apple.com/fr/retail/opera/

http://www.apple.com/fr/retail/carrouseldulouvre/


http://www.apple.com.cn/retail/pudong/

http://www.apple.com.cn/retail/sanlitun/




1281162252
●拡大する


●質問者: Hafiz
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:Apple Store Garden London opera グランド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]それはそうと... eakum

Appleエヴァンジェリスタとしての活動の傍ら、女子アナ評論家としての活動も復活させて頂かないと寂しい限りです...私的にはフジの加藤綾子アナこそ現行最強女子アナだと思うんですがNHKびいきのHafizさんはいかがですか?


[2]景観条例に従った結果としてのApple Store I11

パリのときもそうでしたが、ロンドンにも景観条例があって、既存の歴史的建造物によって作られる景観を壊さないように、建築制限があり、新しい建物をつくるためには、たくさんの人の同意を得なければなりません。

アップルなんていうどこの馬の骨とも知れぬ営利企業が、新しい技術を使った商品を売り出そうというだけで、大規模な反対論がふきあがる古い町で商売をするためには、建物だけは反対する余地の無いほど景観に合致したものにする必要がありました。

つまり、Covent Garden Apple Storeの建築や内装があのような姿になっている理由は、その場所で商売を続けるためにそうしているだけで、それ以上でも以下でもありません。利益を追求すると、あのような店にする必要があった。ただそれだけです。

ということをふまえて考えると、住民として考えると景観条例というのは案外経済効果があるもので、起業の側から見ても景観条例のような出店規制は、やり方によってはチャンスであって必ずしも出店の妨げになるとは限らない、という見方もできそうです。

Hafizさん、リンクの紹介ありがとう。いい画像を拝見させていただきました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ