人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

情報理論においても「情報」の定義がないということですので、私なりに要件をまとめます。ご意見ご批判があればお願いします。また不足があればご指摘ください。

1 「情報」は、「意味」とは直接結びつかない。
たとえば、獲物の一部を見つける(ウサギの耳を見つける、など)ことや、遠くの獲物の鳴き声が聞こえる、晩御飯のおかずを臭いで知ることは、「目がよい、遠耳、鼻がきく」ということで「情報」を得ることではない

2 「情報」には、デジタル情報とアナログ情報がある、ともに「表現型」であり実態をもたない。
mRNAの核酸からなるコドン列、クロマチン構造に記憶されたDNA、言語は、デジタル情報である。一方で、犬のおしっこのにおい、足跡などはアナログ情報である。

3 「情報」は、論理装置や記憶などの処理回路によって処理されて「意味」が生まれる。そのままでは意味をもたない。



●質問者: ShinRai
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:DNA おしっこ アナログ ウサギ デジタル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 22/22件

▽最新の回答へ

[1]時系列と調査そして活用の概念が抜けているような Baku7770

小野厚夫先生が調べた情報の語源"renseignement"、私は「速報」とか「第一報」と訳すようにしていますが、これはそれ以前に森鴎外が訳した「戦争論」にも書かれている通り、全く当てにならない内容と考えます。

佐々淳行氏は、三菱重工ビル爆破事件での「タクシー衝突・炎上」、三島由紀夫事件での「酔っ払いが暴れている」が第一報であったと書かれているとおりです。

意味を持たないではなく、調査を加えることで正確になっていくのです。

この場合、第一報を受けてどういった調査を加えるよう指示するかが問題で、

風が吹いていないのに枝が動いた(敵が侵攻しているかもしれない)なら、動いたあたりに大砲を撃ち込んでみる(先制攻撃を受けたと相手に口実を与えるが、被害はない)のか、全軍に警戒態勢を命じる(間違っていた場合、繰り返すと士気を下げる)のか、小部隊に調査を命じる(当たっていたら小部隊は全滅だが被害はそこで抑えられる)のか状況に応じて指示を出すべきでしょう。

それと、目がいい、夜目が利くという情報は私は非常に有効な情報であると考えます。例えば戦場で昼間に目のいい兵士を監視役に立てる、夜目の利く兵士は夜間のそれといった風に情報はクソみたいな内容で、間違っていたとしてもそれをどう活用するかで指揮者の価値を左右するものです。

一例ですが、元連合艦隊司令長官山本五十六の暗殺を決定させたのは、山本が武官として駐米していた時代、パーティに遅れたことがなかったという情報でした。


[2]アナログデジタル変換 Baku7770

それとアナログデジタルと分けて書かれておられますが、不要ですし、変換は可能な内容でしょう。また、十分理解されていないところもあるのではないでしょうか?

犬のおしっこの臭いにしても成分を分析してデジタル情報に変換することは十分可能です。

言語にしても日本語、英語と大雑把に区別してデジタルに捉えられますが、方言を含めて考えると結構アナログですよ。

足跡だって、刑事捜査で使う場合はデジタルな情報にしています。


[3]>1 4 「情報」は時間をかけて収集・蓄積することによって、価値が出てくる ShinRai

ありがとうございます。4は、こんな感じでしょうか

5 「情報」は、えてしてなんの変哲もない、ありきたりな報告としてもたらされることがある。その第一報をどう処理するかが、情報プロの腕の見せ所、

ということもいえますか。

やや、インテリジェンス系の情報に偏るかもしれませんが、基本はそこですからね。


[4]>2 アナログは意味と相似ですが、デジタルは意味から独立している ShinRai

アナログ、デジタルは、非常にむずかしい概念ですが、意味との距離が違います。

犬のおしっこは、基本は犬の種類やいつきたかとか、そういった犬に関する情報しか伝えません。

しかし、デジタル符号は意味から独立した符号ですから、「イヌ」と伝えることが、実は「開戦」あるいは「株価暴落」を意味することもできます。

そういった意味です。


[5] 「情報」が、「意味」ではないが TAK_TAK

「情報」⊂「意味」ではないが

「情報」⊃「意味」ではある


[6]3 「情報」は、論理装置や TAK_TAK

もちろん、

「論理装置や記憶などの処理回路」は、電子計算機だけではありません


[7]それなりに定義はあるような気がしますが・・・。 mata8_2009

>情報理論においても「情報」の定義がないということですので、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1

それなりに定義はあるような気がしますが・・・。

情報理論での定義なのか、認識論での定義なのか、言語論での定義なのか、限定した方がいいのでは?

>1 「情報」は、「意味」とは直接結びつかない。

↑これと↓これが結びついていない。情報と意味の説明になっていない。(または分かりにくい)

> たとえば、獲物の一部を見つける(ウサギの耳を見つける、など)ことや、遠くの獲物の鳴き声が聞こえる、晩御飯のおかずを臭いで知ることは、「目がよい、遠耳、鼻がきく」ということで「情報」を得ることではない

外界からの刺激は情報である。

だと思います。

>2 「情報」には、デジタル情報とアナログ情報がある、ともに「表現型」であり実態をもたない。

情報はアナログ表現とデジタル表現で表すことができる。

だと思います。

または、情報の定義の場面ではBaku7770さんの言うようにデジタルとアナログに分ける必要は無い。

だと思います。

>3 「情報」は、論理装置や記憶などの処理回路によって処理されて「意味」が生まれる。そのままでは意味をもたない。

情報は人間が理解できる必要は無い。人間に有益である必要は無い。

だと思います。


[8]証拠となるものを wasida1997322

情報は証拠が沢山あってこそ、

意味や、重要性が少しずつ出てくるものだと、私は思います。


[9]5 情報とは、積極的に求めるものであって、一方的に送られてくるものではない ShinRai

これはいかがでしょうか。

情報というのは、自分が何を求めているかわかっている人が、苦労して手に入れるもの。

たとえ偶然出会ったとしても、積極的に注意を払っていなければ見落とすこともある。

主体的な出会いをするのが、情報ではないでしょうか


[10]>9 情報そのものに意味は考えなくて良いのでは? mata8_2009

人のいない森で音がして誰も聞いていなかったら音は無かったことになる。のようですが。

人が介在しなくても情報は存在する。

だと思います。


[11]>10 非常に重要なポイントですね、情報と意味の関係をどうとらえるか ShinRai

意味を直接表現していないが、意味を指示したり、意味に置き換わるのが、情報ではないかと私は思っています。

そうでないと、すべての音、光、臭い、が情報だということになりませんか。

そうすると、意味と結びつく情報と、意味と結びつかない情報、

あるいは、意味へと還元される情報と、意味へと還元されない情報

といった具合に、さらなる区別が必要になりませんか。

いかがでしょうか。

情報は、それを求める者にとっては、意味があり、それを求めない者にとっては、意味がない。

というべきかもしれません。


[12]>11 堂々巡りしそう Eisenblau

情報と意味の関係を論じるならば、

意味とは何だろう? ということを定義しないと

話が堂々巡りになってしまう気がします。


ぼくは全ての音・光・臭い…などなどの刺激を

知覚ないし受信された時点で「意味」関係無しに

情報と見做して当然と考えていたので

ShinRaiさんの仰る情報と意味の関係が如何にも把握しにくく思えます。

たとえばコンピュータの内部では無数の電気信号が

ユーザに「意味」を意識させることなくやり取りされていますが、

これを「情報ではない」としてしまうとじゃあお前誰? ということに

なってしまいませんか?

コンピュータが意味を解釈しているんだ、と見做すのならば

「意味を解釈する」という用語にどこまで幅を持たせるかを

きちっと定めてやるべきでしょう。

日時計に影が落ちることだって時計が情報の意味を解釈していると

言えなくも無い…かもしれません。

(外部の入力=日光を文字盤上の数値に対応させているわけですから)


ついで、辞書的な定義とここでの定義は

ちょっとかなり乖離しているような気がするのですが、

どういう文脈での「情報」という言葉の使われ方を定義したいのか

念のため確認できると嬉しいです。

「??ではない」「??という性質を持つ」という書き方では、

核心としての「つまり情報って○○だよね」という部分が

抜け落ちているので判りにくく感じるのかもしれません。


[13]>4 もうちょっと精密に定義したい Eisenblau

ちょっと難しいお話かもしれません。

犬のおしっこと犬が相似で意味が近いということは

何によって決定されるのでしょうか?

誰かの主観ですか? 誰かの経験則ですか?

「同じ犬だから」という説明は実は根拠として

とても危なっかしいものではないでしょうか。

「犬関連情報」を一まとめのものとして認識するような

誰かの構築する意味世界を前提においているからです。

「近所のデカい犬のゴンのおしっこ」が

「弱虫犬のペロはここに近づかないはずだ」という「意味」を

伝えた場合、これは「犬の情報しか伝えてない」からアナログですか?

それとも「ゴンから独立してペロの情報を伝えた」からデジタルですか?

この手の曖昧さを解消するようなキレイな定義が出来たら

教えていただけると嬉しいです。


[14]>12 情報通信とごっちゃになっていませんか? mata8_2009

>意味を直接表現していないが、意味を指示したり、意味に置き換わるのが、情報ではないかと私は思っています。

通信のための搬送媒体にあわせた符号化信号化を人間の理解できるものに複合する行為とごっちゃになっていませんか?


[15]>13 6 情報は、意味から独立した恣意的な存在として、情報本来の「意味を指示するもの」になる ShinRai

デジタルとアナログは、実にむずかしい概念で、混乱させて申し訳ありません

情報というときに、たとえばDNAの30億塩基対は、情報といえるでしょう。

クロマチンが開いて、DNAがRNAに転写され、コドン列としてmRNAがリボソームに送られるときも、これは情報です。

情報は、リボソームでアミノ酸に翻訳されて、意味に変わります。

パブロフの犬の実験では、たとえば「ブザー」の音の後に必ず「餌」を与えるようにしていたら、「ブザー」の音だけで「涎」が出るようになります。

これは、「音声刺激」と「餌の記憶」が結びついた「概念化」であり、情報というにはあまりに少ない情報しかもたらしません(「餌だよ」というだけの情報)「ブザー」の音は「餌」へと翻訳されている事例ではないでしょうか

「情報」という以上、もう少し複雑な内容を伝えてもいいと思うのですが、そのためには、「概念を文法によって紡ぐ」ことや、「ゲノムをncRNAによって修飾する」ことが必要になります。

情報を考えるにあたって、複雑さ(単純な記憶と結びつくのではなく、それをシリアル通信として紡ぐこと)も必要条件にすべきかどうか、検討する余地があるでしょうか。

7 情報とは、あるひとつの記憶を伝える概念的なものではなく、概念を文法的に紡いで複雑な内容を伝えるものである。

という定義が成り立つでしょうか


[16]情報の文明学 ak48

かなり偏った定義に挑戦しているようでなんとも。

最近、再読した「情報の文明学 梅棹 忠夫」

頭の中を整理した方がいいかと思いますので、是非。


[17]情報は知ること・・・ reito56

情報は知ることであり 意味ではないですね・・・

意味を作り出すのは脳 考えるところですね

でも情報(刺激)を受け取るのは目や鼻、皮膚などの五感がもとになっているのです


情報を処理して意味が生まれます

1についてはその通りだと思います

2についてはそれも確かにです

直接意味を感じ取れるもの(音、声、視覚 など)はデジタル

情報はあるがそれから直接意味に通じないものがアナログですね

3については情報一つでは生きていけません

今までの経験 知識 などからひっぱり出してきてようやく 意味 にあるのではないのでしょうか


[18]>15 情報が複雑でないといけないと言うのはなぜ? mata8_2009

一言でも情報、小説1冊でも情報だと思うのですが、、、

複雑であるから情報だと言うと、どれほど複雑だと情報となり、どこからが情報じゃなくなるか人間が判別しないといけなくなります。

判断基準はどう考えれば良いでしょうか?


[19]1 「情報」は、「意味」とは直接結びつかない。について ryusei3-wj

獲物の一部を見つける(ウサギの耳を見つける、など)ことや、遠くの獲物の鳴き声が聞こえる、

晩御飯のおかずを臭いで知ることは、「目がよい、遠耳、鼻がきく」ということで「情報」を得ることではない

そうと言い切れるでしょうか?

『獲物の一部を見つける(ウサギの耳を見つける、など)』ことは

ウサギの耳を見つけることでウサギとわかりますよね? これで一つの情報だと僕は思います

『遠くの獲物の鳴き声が聞こえる』は『獲物がいる』という情報になっています

『晩御飯のおかずを臭いで知ること』は『今日は晩御飯がある』ということがわかります

これはただ僕の意見を述べているだけです

言っていることが 意味不明でしたらすみません><;

また再投稿します。(と、思います・・・)


[20]>19 これもそうとは言い切れないはず ryusei3-wj

「情報」は、論理装置や記憶などの処理回路によって処理されて「意味」が生まれる。

そのままでは意味をもたない。そうとは言い切れないはず

↑と同じ理由です。

何にしても少しは情報があるはずです


[21]>20 たしかに微妙なところですが、、、 ShinRai

おっしゃるとおりだと思います。

そのものの姿の一部や、その鳴き声・声を聞くことが、「情報」かもしれない。

これは情報の定義によりますね。

ダミー(デコイ)を見て、それと勘違いするときはどうなるのか、ということとも結びつきますね。


[22]>18 複雑でなくてもよさそうですね ShinRai

単純に敵が攻めてこようとしているのか、そこで踏みとどまろうとしているのかも、情報ですからね。

複雑さは要件にならないですね

ありがとうございました

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ