人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【FOMC声明文を受けて】

先ほど「長期間(extended period)、金利を異例の低水準に

MBSの償還金を米国債に再投資へ」との声明文が発表されましたが

これを受け、為替、株式、債券、商品などは今後どのように推移

していくと思われますか?

また、米経済はデフレの危機に瀕しているのではないかと思う

のですがその辺もわかる人いらっしゃいましたら教えてくださ

ると助かります。




●質問者: happy-yuu
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:FOMC MBS デフレ 債券 声明
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● lvshow123
●0ポイント

腕時計激安ブランド市場lv-show

弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう、。

弊社は 販売高級腕時計ROLEX(ロレックス) 、OMEGA(オメガ ) 、CARTIER(カルティエ) 、

BVLGARI(ブルガリ)、CHANEL(シャネル)、FRANCK MULLER、HERMES(エルメス)、LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、TAG Heuer(タグホイヤー)、IWC。

送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています!

下記の連絡先までお問い合わせください。是非ご覧ください!

■ 【超激安ブランド館 lv-show.net】 店長: 川木 英子

■連絡先:lvshow@vip.163.com or mail@lv-show.net

■URL:http://www.lv-show.net

☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆


2 ● gp334437g4723k87
●70ポイント ベストアンサー

FRBは前日のFOMCで追加金融緩和策の実施を発表しましたが、緩和策の内容はMBSの償還資金を使って米長期国債の購入を行うというもので、金融緩和の常套手段となる金利の引き下げとは異なる、あまりなじみのない手法となりました。


日本もそうですが、企業業績は改善傾向を示しており、景気が低迷する兆候は示されておりません。しかし、米国経済の場合、失業率の改善が進んでおらず、企業経済と家計の認識の間に乖離が生じているのが実態です。


ただし、企業業績の改善が進んだ場合、企業業績の改善に遅れて労働環境の改善も進むのが常識的な見方であり、現在の米国経済が景気の腰折れ状態に陥ったと判断するのは時期尚早と言わざるを得ないでしょう。その意味で、FRBが金利の引き下げではなく、MBSの償還資金を使って米長期国債の購入を行うという様子見の判断を行ったのは妥当と思われます。


したがって、現状の基本認識は様子見となり、ヨコヨコの判断となります。


問題は、この先、失業率以外で実態経済の減速を示す経済指標の発表があった場合で、それらの状況を踏まえてFRBが利下げを実施せざるを得なくなった場合には、市況はもう一段の下げに直面する可能性がありますね。


http://www

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ