人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ディズニーランドで使われている遠近法、トリックアートを教えてください。
たとえば、シンデレラ城では建物を高くみせるために、レンガの大きさが違うなど。
●●に見せるために、こんな遠近法を使用しているというのを教えてください。

●質問者: ryusu11
●カテゴリ:旅行・地域情報
✍キーワード:シンデレラ ディズニーランド トリックアート 建物 遠近法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/5件

▽最新の回答へ

1 ● chyopper
●27ポイント

http://d.hatena.ne.jp/MrJohnny/20060518

ワールドバザールは、入り口からシンデレラ城にむかって、だんだん道がせまくなる極端な遠近法になっており、目標が遠くにあるように錯覚させます。また、ディズニーランドの入口付近は少し上り板になっており、先が見えないようにして、入場者の期待感を高めています。

さらに、ワールドバザールの建物は、2階より上がふつうの建物より低く作られています。これはシンデレラ城も同様で、建物の上にいくほど小さくなるよう作られています。これらの工夫は、遠近を強調し、建物が実際より大きく見えることを狙ったものです。


2 ● kgitjg
●27ポイント

●ワールドバザールの視覚トリック

http://blog.goo.ne.jp/naosuke26_1978/e/b3e68606e7b9afa7af68da996...


3 ● yamaneroom
●26ポイント

ホーンテッドマンションの図書室前の廊下にかかる肖像画

動くいすに乗る自分を肖像の目がずっと追いかけてくる。このトリックは、目を電気的に動かしていると思っている人も多い。しかし、流れる多くのゲストに目を合わせるなど不可能。

仕掛けは、実はもっと単純。電気仕掛けが出来るずっと以前からあったトリックの一つで、人間の錯視を利用している。

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tdl/fl/atr_haunted.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ