人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

女31歳、身長161cmです。
夜型の今の仕事に就いて早4年、気がついたら体重が59kgになっていました。
4年前、すなわち20代半ばまでは50kg前後でした。
このレベルまで「絶対に」戻せる方法を教えてください。

生活は不規則で、食べることが大好きです。運動には慣れていません。サウナは好きです。
何をするにも志ひとつだということは重々わかっています。
しかしながら、いかに自分が意志の弱い人間かということもわたし自身が一番よく知っています。
その意志の弱さを念頭に置いた上で「絶対に」やせられる方法を模索しています。
手取りも貯金も人並みですが、生活できる範囲であれば出費も惜しみません。
恥を忍んでお願いします。
絶対に10kgやせられて、減った後もリバウンドせずキープできる方法を教えてください。
「絶対に10kgやせられる」「減ったまま絶対にキープできる」という根拠が明確であればあるほど、高ポイントをつけます。
ただし、いくら効果的でも非現実的なのはだめです。
毎日フルタイムで働きながら続けられるプランでお願いします。
追加で情報が必要な場合はコメントにて随時お答えいたします。

●質問者: threecloudjp
●カテゴリ:医療・健康 美容・ファッション
✍キーワード:20代 なのは ひとつ キー コメント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● おやまあ
●13ポイント

はかるだけダイエットっていうのがあって、毎日自分の体重をチェックし、記録するだけで、減量効果があるっていうのを以前テレビでみました。質問者さまは「意思の弱さ」とおっしゃっていますが、自分の体重を毎日記録することで、健康についての自覚ができ、暴飲暴食などで、うっかり食べ過ぎるのを防ぐことができます。

インターネットで、記録するツールがありますので、いくつか挙げておきます。

http://diet.web-db.ws/

http://diet.net-wish.com/n/hakarudake.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

レコーディングダイエットにも興味はあるのですが、有料で管理してくれるサービスがあるのは知りませんでした。

ギャラリーがいたほうがいいのか、それともひとりで黙々とやっていったほうがいいのか…。


2 ● tuni310
●13ポイント

スポーツジムでインストラクターをしているものです。

10キロ落としたいということでしたら、ある程度の強い意志は必要です。

意志が弱いのでしたら、脂肪吸引やエステという選択肢しかないと思います。

弱い自分に打ち勝って頑張るんだという意思があるのでしたら僕は色々お手伝いできます。

10キロ落としたいという目標でしたら、長期的に痩せていくことをお勧めします。

なぜなら、急に食事制限や運動をすれば確かに体重は落ちますが、その生活をやめた後のリバウンドが必ず待っています。

そのため出費を抑えつつ痩せるには、無理せずに少しづつ落としてく方法しかありません。

そしてサウナが好きとのことですが、確かにサウナに入った後では入る前よりも体重が減っていますが、それはただ単に体の水分が

汗ででただけで脂肪が減ったわけではありませんので、また水分を補給すれば元に戻ります。

ただ、サウナは基礎代謝をアップさせる効果もありますので、ほどほどに入るのが良いと思います。

一応プランを提供したいのですが、情報が足りません。以下の質問に答えていただけますでしょうか?

?ジムに通えるかどうか。

?不規則な生活を具体的に教えてください。(起床時間、睡眠時間、就寝時間、空き時間など)

?基礎代射量。

?1日に運動できる時間。

以上ですが、お答えしていただけましたら具体的な方法を教えますので宜しくお願いします。

◎質問者からの返答

親身にご回答いただき、本当にありがとうございます。

下で答えさせていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。


3 ● うるるん
●13ポイント

スロージョギングはいかがでしょうか。

http://cgi2.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090610

運動が苦手な人でも気軽に出来る、長く続けやすくて運動の習慣がつきやすいというのがポイントです。

スロジョギだけだと「すぐに」は痩せないかもしれませんけれど、まずは運動を続ける習慣を身につけることが「絶対に痩せる」為の必須条件かと思います。

仕事や食生活として不規則の代表格(?)である商業漫画を生活の糧としていますが、週に三日以上は近所の公園でスロジョギをするようにして心身のバランスを保つよう心がけています。

先ずは一駅スロジョギをする事から始めてみてはいかがでしょうか

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

レコーディングダイエットといい、「ためしてガッテン」すごいですね。

足は押すだけ…。

そうですね、まずは習慣にすることからなんだよなー。


4 ● erromango
●13ポイント

強い意思は要らない方法としてのレコーディング・ダイエットの存在は有名ですが、中途半端な知識でやったのでは中途半端な結果に終わります。

そこで、一番楽々パターンを少し勉強して試す事にしましょうね。


「岡田斗司夫『いつまでもデブと思うなよ』」

http://d.hatena.ne.jp/sunchan2004/20080621

とにかくあらゆるものをメモにしてみた。すると、「自分はなんて太るための努力を毎日欠かさずしていたのだろう」ということに気づいた。そう、ダイエットできない人は意志が弱いのではなく、


「これほどまでに毎日飽きもせず太るための努力を続けている人」


なのだった。発想の転換である。


カロリーをつけてみて気づいたのは、ほとんどの食べたいものは最初の数口だけ食べればそれで満足できる

岡田斗司夫さんはヲタク評論家であり自身がヲタクでもあるヲタクモノプロデューサーでもある人です。当然、岡田さんは食いしん坊ヲタクの例に漏れず、自分の興味の的であるヲタク的な事以外は、全くのぐうたらで面倒臭がりという性格の方である事は言うまでもありません。


本はアマゾンで買えます。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%A4%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%...


岡田さんのサイトで本の前半辺りが無料公開されていますので、読んでみて下さい。

http://otaking-ex.jp/wp/?cat=74


このサイトでは具体的にオンラインで色々学べるし、色々試せます。

http://diet.goo.ne.jp/member/feature/0809_no1/


「『絶対に10kgやせられる』『減ったまま絶対にキープできる』という根拠が明確」なのは、まるで伊集院光の様で食べ物大好きの食いしん坊ヲタクだった岡田さんが、「これ、誰?」を見まごうばかりにスリムになり、スリムになったままでいる事から確かな事です。全くのぐうたらで面倒臭がりという性格の方が成功しているのです。普通にぐうたらで普通に面倒臭がりという意志の弱い庶民でも成功する可能性は高いのです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

やはりこの本は避けて通れないようです。

昔はいていたズボンがぶかぶかになったというあの写真はインパクトが強いですよね。

読みもしないで文句を言ってしまいますが、失礼ながらこの岡田さんは、もともとがかなり体格のよい方だったと思います。わたしはこの人ほどの貫禄はないのですが、それでも同じ方法で二桁の減量なんてできるのでしょうか?ていうか自分でまず読めよって話ですね。読みます。


5 ● ymlab
●13ポイント

運動をするのでしたら毎日継続して続けることが良いようです。

また、食事後の運動ですが、栄養士さんの方が言うには、

食後1時間をおいてから運動をすると良いようです。

食べたものが消化してから運動をするという意味らしいです。

私の体重を激減させた先輩に、当時聞いたり様子を見てみると、

1.食事制限をしていた。

基本、コンビニ&生協の学食でしたが、おにぎり一つにしてもカロリーを見ていました。

油系はとにかくとらない方向で。マヨネーズ系のおにぎりよりは、昆布とか。

旅行に行ったときコンビニのチョコレートのお菓子をしぶりながらも

無理矢理食べてもらった時の感想がすごかったです。

2.近所の水泳に行っていた。

気が向いたときに行っていたそうです。

3.自転車で旅をしていた。

趣味を拡張して走っていました。

私も最近太ってきているので、気になっています。

ところが、1は意志が弱すぎて断念。

2は仕事の帰りが基本的に遅すぎるのでちょっと厳しい。

一番効果はあるそうですが・・・。

そこで、3の自転車旅とまではいきませんが、

通勤など晴れた日で毎日できそうなところを自転車で行きたいと思っています。

そのために自転車を買いました。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

先輩、水泳がいちばん効果的だったんですね。

やはり運動は毎日してなんぼですかね。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ