人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

代替医療が医療であると認められた時。
ホメオパシーが医療であると認められると、それを行えるのは医師だけになるのですか?

●質問者: LILLIPUT
●カテゴリ:政治・社会 医療・健康
✍キーワード:ホメオパシー 代替医療 医師 医療
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● kekeyy
●0ポイント (はてなにより削除しました)
2 ● bestlvbbs
●0ポイント (はてなにより削除しました)
3 ● ?o?ャ宅?
●0ポイント (はてなにより削除しました)
4 ● yamaneroom
●30ポイント

医師法第17条には

医師でなければ、医業をなしてはならない

http://www.houko.com/00/01/S23/201.HTM#s4

と規定されている。


ここで「医業=医療」ではない。

なぜなら、薬剤師が行う調剤行為も「医療」に含まれるからである。


ホメオパシーが医療であると認められた場合にどうなるかは分からないが、医師が処方箋を書いて、薬剤師がレメディを調剤するということが考えられる。


5 ● azuki-paste
●30ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%9...

”「パターン」や「波動」に対する体の抵抗力を引き出すことにより、自己治癒力などが高まるというのがホメオパシー団体の主張である。

日本ホメオパシー協会は、レメディーは医薬品ではなく食品であると主張している[13]が、レメディーが効能・効果をもつ医薬品であるとうたわれた場合や、あたかも医薬品であり効能・効果があるという誤認を招く表現とともに販売された場合は、それぞれ薬事法、消費者保護法令に抵触する可能性が高い。”


既に各種団体があり、ホメオパシーを実施しています。ホメオパシーが医療行為として法的に認められると仮定した場合、立法化の手続きの中でこの各種団体は”先に始めた自分達こそ正しいやり方を知っているから、当然、今後も継続して行う事を法的に認めるべきである”などという事を主張する筈です。先行者を全く無視できない為に、医療行為として法制化した際には、医師法とは別の法律を作るなどして、現代の医療技術の一つである鍼灸を鍼灸師が施術できるのと同じ様な感じで、別の資格などを制定するだろうと考えるのが妥当だと思います。


参考までにWikipediaの”鍼灸”のページから、鍼灸が非科学的なものから医療行為として認められていく過程の概要が書かれている部分をどうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%BC%E7%81%B8#.E8.BF.91.E4.BB....

”日本は大東亜戦争に敗れ、進駐軍の所謂民主化施策が行われるや、鍼灸を「非科学的で医学的根拠がない」と言う理由から禁止しようとした。京都帝大教授(後・三重大学医学部長)の石川日出鶴丸を中心とした、全国の鍼灸師による鍼灸存続運動が展開されたのはこの時である。石川博士は、


?1940年代の基礎科学の現状では、体性感覚を介した治療的介入技法(鍼灸)の完全な解明など不可能であり、解明されていないことをもって鍼灸が科学的でないとする指摘は当たらないこと、/ ?大日本帝国においては、国家の方針として伝統医学(鍼灸)の研究を国家の機関で行ってきており、これらの成果を推し進めることで、現代医学の発達に寄与すること甚大である事、


を強く主張した。また当時、ほとんどの鍼灸師は盲人であり、敗戦直後の日本はこれらの雇用の代替策を準備できる状況ではなかったため、厚生省も按摩、鍼灸の存続に本腰を入れ、 「按摩、鍼灸は正規の医業として存続させる」 「按摩、鍼灸の養成機関を医専(当時)並みに引き上げる」 ことを条件に、進駐軍衛生局に按摩、鍼灸の存続を認めさせた。これを受けて、昭和22年(1947年)12月20日、「あん摩、はり、きゅう、柔道整復等営業法」が公布される。”


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ