人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国内が羽田で、国際が成田というなかで、羽田に「東京国際空港」という名前がついていますが理由をおしえてください

●質問者: surippa20
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:名前 国内 成田 東京国際空港 羽田
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● poppyday
●15ポイント

成田に空港が開港するまでは、羽田が国際線の主たる発着の役目をしてましたから、その頃から東京国際空港という名前です。

http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/haneda/haneda/more/f_405_01.html

◎質問者からの返答

さまざまなお話が聞けてよかったです。みなさまお忙しいなかありがとうございました


2 ● suppadv
●15ポイント

東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、Tokyo International Airport)は、東京都大田区羽田空港にある空港法4条で法定されている空港である。

通称は羽田空港(はねだくうこう)であり、正式名称である「東京国際空港」よりこの通称が広く定着しており、飛行機の搭乗案内では単に「羽田行」などと表示されることがある。この「羽田」は当空港周辺の旧町名に由来する。2010年8月現在、アジア地域4都市との間に国際線定期チャーター便が運航されており、事実上国際線専用空港である成田国際空港との区別を明確にするために「東京(羽田)」と表記されることもある。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A%9...

◎質問者からの返答

さまざまなお話が聞けてよかったです。みなさまお忙しいなかありがとうございました


3 ● bfm35462
●15ポイント

元々は、成田空港が日本の国際空港として、存在していたが、手狭になり、成田へ新空港(国際空港としての機能を移管)するという

背景があるためかと思います。

以下、wikiより。

1960年代になると、大型ジェット旅客機の増加に合わせ、高度経済成長などで年々増大する国際輸送についての航空機の重要性が高まったが、当時の国際線の主力空港であった羽田空港は手狭であった。そのため、再拡張により航空需要に対応しようと検討したが、

* 沖合に拡張した場合東京港の港湾計画との調整が極めて難しい。

* 当時の港湾土木技術では難工事になる。

* 航空機の離着陸経路の設定が著しい制約を受ける。

* 仮に拡張できたとしても、空港の処理能力は20%?30%程度の増加に留まる。

などから長期的航空機輸送需要に対応できないことが判明した。

このため、当時の政財界実力者である松永安左エ門(私設シンクタンク産業計画会議議長、電力中央研究所理事長)が、1964年3月4日、新たな東京国際空港の開設を提言した。この提言を受けて、当時の運輸省は、首都圏内の他の場所に新空港を建設するための検討に入った。。。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E7%94%B0%E5%9B%BD%E9%9A%9...

◎質問者からの返答

さまざまなお話が聞けてよかったです。みなさまお忙しいなかありがとうございました


4 ● achan774
●15ポイント

通称「羽田空港」と呼ばれている空港の正式名称が「東京国際空港」となります

東京都大田区の羽田にあるので、通称「羽田空港」と呼ばれます

千葉県成田市にある「成田空港」の正式名称は「成田国際空港」ですが、

2004年4月1日までは「新東京国際空港」というのが正式名称でした

はてさてこの名前ですが、「東京国際空港」と「新東京国際空港」、

どっちがどっちだか混乱しそうな名前ですよね?

そのため、実際は分かりやすく「羽田空港」と「成田空港」と呼ばれていました

その後成田空港は正式名称を「成田国際空港」に変更しましたが、

いままでの流れで「東京国際空港」のことを「羽田空港」と呼ぶことが多いと思います


PS

羽田は飛行機がいっぱいいるので、羽の田んぼで羽田・・・・・・

という訳ではなく、江戸時代から羽田という地名らしいです

ちょっと豆知識

http://www.nihonjiten.com/data/115070.html

◎質問者からの返答

さまざまなお話が聞けてよかったです。みなさまお忙しいなかありがとうございました


5 ● kgitjg
●15ポイント

この六文字を分けて考えると「東の京の近くで、国の際のほうにある空の港」と解釈できる。国の際とは海沿いということで、日本にある、海沿いにある空港や海上空港の一部は空港の正式名に「国際」が含まれている。東京国際空港は、名前に「国際」が入れられたがために国際線を発着させ、滑走路を増やすはめになった空港の一つである。

1931年8月25日に開港して以来、国際線の発着が増え滑走路を増やした。すると乗客や荷物をさばき切れなくなったので旅客ターミナルビルも新たに造った。するとまた発着する航空路線が増え……というイタチごっこ、無限ループに陥ってしまった。このような流れで発着数と滑走路数のバランスが取れなくなったため「東京瀬戸際空港」と揶揄されることがある。ただしこれは財政のことを言っているのではない。

東京国際空港には「羽田空港」という愛称が付いている。もともとは「翼」で「和」むことがこの空港のモットーで、公式愛称は「翼和空港(よくわくうこう)」とされる予定だった。しかし縦書きだったために、ある国会議員に「羽田共和空港」と読み間違えられ、それがそのまま放置されてしまい、「共和」がついていると国を連想させるということで、いつしか「羽田空港」ということになった。

http://ansaikuropedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%9B%BD%E9%9A...

◎質問者からの返答

さまざまなお話が聞けてよかったです。みなさまお忙しいなかありがとうございました


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ