人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

こちらのホームページに、大変いいことが書いてあるようなのですが、いまいち意味が読み取れません。
ぜひ、意味を知りたいのでぜひ訳して頂けますでしょうか。

「制限をしないことで満足感を得ることが出来る。逆にひとをやる気にさせるためには、最大量を提示するとよい。」という感じなのですが、正しく意味を読み取れていないように思えます。

The problem with unlimited
http://sethgodin.typepad.com/seths_blog/2010/07/the-problem-with-unlimited.html

よろしくお願いいたします。

●質問者: nya---nya
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:いまいち ホームページ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● 弐亜
●3ポイント

無制限であるのに関する問題

あなたが重さのマシンの上を運動するなら、それが止まるまであなたがバーを押さなければならないところにそれは限界を持っています--あなたはあなたがあなた自身のイニシアチブに任せたならどれくらい遠くに見積もるかが、はるかに十分であるというよりもはるかにその限界を打ちそうです。

人々は、最大(または11まで最大限にするより少し遠くにSpinal Tapの場合で)に行くのを楽しんでいます。しかし、最大がない、限界が全くなければ、納得して、あなたが十分したと宣言するのは、はるかに簡単です。

あなたがさらにする中で最も良いユーザが欲しいなら、それをする1つの方法は、彼らができると最も発表することです。今までにより遠くに押すので、これが数人の人々を思い切らせているかもしれない間、事実上、それは多くの人々を彼らのゲームに動機づけるでしょう。

「掛けるあなたがここで食事できる1週間の最大数は3です。」

「支払われた最大のボーナスは、$100k.です」

「1日あたりのさえずりの最大数は30です。」



この内容になるとおもわれます←

まちがってたら・すみません^p^

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大体はこのような内容だと思うのですが、文章としてなかなか理解できません・・。

引き続きよろしくお願いいたします。


2 ● lajollashore
●3ポイント

無制限であることに関する問題


もしあなたがリミット(止まるまでバーを押し上げなければいけない)が決まっているウェイトトレーニングマシンで運動するなら、どれぐらいまで押せば十分なのかを自分自身で判断しなければいけない場合よりも、はるかにずっと多く、そのリミットに到達することができるだろう。


人は「最高」に楽しみを見出す。(脊椎穿刺の場合は「最高」よりもさらにちょっと上の11まで)。しかしもし「最高」がなく、制限も無ければ、あなたはいとも簡単に「自分は十分にやった」と自分自身に満足してしまうだろう。


もしあなたが、もっとできる自分のため、自分自身の最高のユーザーになりたいのであれば、一つの方法は自分の出来る最高のものを宣言することである。このことによって幾人かはそれ以上上に押し上げることをやめさせてしまう一方で、実際たくさんの人々の目標を上げる気にさせるであろう。


「一週間のうち、ここで食事が出来る最大の回数は3回」

「もらえるボーナスの最高額は$100,000」

「1日の最大ツイート数は30」


3 ● ita
●150ポイント

意訳です。

(機械翻訳にはポイントあげちゃだめですよー)

制限無しの問題

もしウェイトマシンに限界があってそこまでバーを押すと止まるようになってる場合、何も限界がなくてどこまで押せば十分か自分で決める場合よりも、人がそこまでバーを押す可能性は遥かに高くなる。

人は限界まで行くことを好む(映画スパイナル・タップの場合は限界より少し上、11まで)。しかし限界も最大もない場合、もう十分だと言って満足してしまうのは遥かに簡単になる。

もし最良の顧客にもっと自社サービスを使用してもらいたい場合、一つの方法は最大限どこまで使用できるか知らせることだ。

いくばくかの顧客はそれ以上使用する気があるのに出来なくなるだろうが、実際は多くの人々にやる気を出させて参加させることが出来るだろう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

スパイナルタップという映画も知らなかったので、

この部分も???でした。解説頂きありがとうございました。


4 ● 松永英明@ことのは
●250ポイント

機械翻訳をコピペしただけの回答や、本人が理解しているかどうかわからない直訳にポイントをあげてはいけませんよー!

訳としては ita さんの訳でよいかと思いますが、もう少し解説を。

まず、ご質問の内容ですが、

「制限をしないことで満足感を得ることが出来る。逆にひとをやる気にさせるためには、最大量を提示するとよい。」

というのはちょっと解釈にズレがあります。

「制限をしないと、人は低レベルで安易に満足してしまいがちだ。達成可能な程度の限界を示しておけば、人はそこをクリアしようとしてもっとやる気になる」

と解釈するとわかると思います(つまり、前半部分の解釈が反対のニュアンスで、否定的に述べられています)。

以下、屋上屋ですが試訳してみます。

----

ウェイトマシーンで、もうこれ以上バーが上がらないという限界があると、そこまで何度もぶつけようとがんばります。でも、その限界がないと、人は往々にして全然そこに届かないところでもう充分やったと思ってしまいます。

人は満点/最大値にたどりつくのがうれしいのです(あるいはボリュームメモリが10じゃなくて11まである「スパイナル・タップ」式のアンプならその最大音量超えの限界値まで)。

しかし、もし最大目標値がなかったら? はるかに低いレベルで「もう充分やった」と思ってしまいがちです。

もしユーザーにもっと活発に動いてほしいのなら、一つの方法として、やれる最大値を明示してあげることです。

そうすると、その目標値以上に活動していた一部のユーザーの気を削ぐことになるかもしれませんが、大多数の人たちにとっては、ゲームをさらにこなそうとする意欲を生み出すことになるでしょう。

「ここでの食事は週3回まで」

「支払われるボーナスは最大1000万円まで」

「ツイッターのつぶやきは一日30回まで」

とかね(※訳注:そうするとそこまでやってみようという人が増えるわけです。そうでなければ、週に一回しか食事しない、ボーナスを数万円?数十万円しか獲得しようとしない、ツイッターも一日数回しかつぶやかない、という結果に終わりがちだけど、目標値を示すことでそこまでがんばろうという人たちが増えるよね、という話です)


以上、ご理解いただけたでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!!

丁寧に丁寧に解説頂いて、完全に理解が出来ました。

そういう事だったのですね。(私の最初の解釈がずれていたので、より理解が難しかったのかもしれません。)

itaさん、matsunagaさん。ありがとうございました!!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ