人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「工作図鑑」(福音館書店)の66ページに「忍者」というのがあります。忍者のお腹に3センチに切ったストローを「ハ」の字にくっつけ、片方の下から糸を通し、もう片方の上から通しおろす、というもの。「ハ」の上にループができますが、これをフックなどにひっかけ忍者を下の方にずり下げ、忍者の下にさがっている両側の糸を交互に引っ張ると、忍者が上にのぼっていきます。これは物理的にはどういうことなんでしょうか。なぜのぼるのですか?

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:お腹 にの ストロー センチ ループ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● うぃんど
●60ポイント ベストアンサー

(1)左を下に引っ張りはじめると、

左側のストローと紐は直線となり抵抗がなくなってきます

(2)反対に、右側の紐とストローは斜めになっていきますので、

ストローに紐がひっかかっている状態となります

左側を下に引っ張っているので、右側の紐は上に引っ張られ、

右側の紐とストローは引っかかっているので、ストロー(忍者)は紐と一緒に上に移動します

(3)左を引くのをやめ、右を下に引っ張りはじめると、

右側のストローと紐は直線となり抵抗がなくなってきます

(4)今度は左側の紐とストローが引っかかってますので、ストロー(忍者)は上にあがります

以降、繰り返し

文字で書くと以上のようなものになります

(右からはじめても左からはじめても動作は同じです)

物理的にという説明であれば「紐とストローの摩擦」に頼ったものになります

ストローの角度と紐を引っ張る方向によって摩擦に違いがでますので上っていく速度も変わってきます

URLは適当に後から探したものですが、いろいろなおもちゃが載っているので面白いかと思って載せました

http://homepage3.nifty.com/kawatani/mono/44.htm

文字だけで理解してもらえれば嬉しいのですが、

アニメーションや動画などで説明しているサイトを見つけてくれる人もいるかもしれないので、

もし、文字だけで伝わったとしても質問はしばらく終了しないで、待ってみることをお勧めします

◎質問者からの返答

文字のみでも大変わかりやすかったです。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ