人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Linux で who -d と入力したときに出てくるユーザーを強制的にログアウトさせる方法を教えてください。
ちなみに ps -aux で探しても該当するプロセスは見えません。

●質問者: creux
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:AUX Linux PS WHO プロセス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● cactus-tree
●30ポイント

who -d は、プロセス自体が「死んで」るのですから、

ps auxで見えないのは当然で、すでに「終わって」exitます。

これはlogoutではなくシェルを終了している、という意味です。

◎質問者からの返答

それでは、サーバを長く運用しているとずらずらと沢山表示されてしまうものなのでしょうか?

ps -aux でプロセスは見えないのに who では沢山見えており、困っています。

ちなみに現在、who -a で 460 くらい見えていて、そのうち who -d で 420 くらいです。

※up 1686 days です。


2 ● monyo
●80ポイント ベストアンサー

サーバに多数のユーザがログインやログアウトを繰り返しているような環境であれば、たくさん表示されてしまうのはやむを得ないですが、どのような環境でも増えていくものではありません。

たとえば、起動直後の Linux にリモートからログイン後、すぐログアウトしてから、コンソールからログインして who -d を行うと、以下のようになると思います。

2010-08-22 00:30 1017 id=si term=0 exit=0

2010-08-22 00:30 2008 id=l2 term=0 exit=0

pts/0 2010-08-25 15:05 3228 id=ts/0 term=0 exit=0

最初の2行は、起動中の処理の関係上書き込まれてしまうエントリなので、やむなしとして、3行目は、リモートから仮想端末0にログイン後、ログアウトしたので、エントリが残ります。

この状態で再度リモートからログインすると、再度 pts/0 が使われるので、-d しても 3 行目のエントリは見えなくなります。

しかし、多数のユーザがログイン、ログアウトするような環境では、一時に使われる仮想端末の数もかなり多くなるはずですので、たとえば夜間など、大半のユーザがログアウトしている時間帯に who -d すれば、大量のエントリが表示されてしまうと思います。

◎質問者からの返答

なるほど。

ありがとうございます。

who -d にあるのは過去に使った仮想端末の残骸なので、

とくに気にしなければ良いということですね!


3 ● LimgHT
●30ポイント

> ちなみに現在、who -a で 460 くらい見えていて、そのうち who -d で 420 くらいです。

裸の who はだめなのでしょうか…?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ