人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

企業価値算定の手法として、主に?インカムアプローチ(DCF法など)、?マーケットアプローチ(類似企業比較法など)、?コストアプローチ(純資産法)の3種類がありますが、世間一般では?、?、?がどの程度の割合で使用されているか知りたいと考えています。これを推測するのに参考になりそうなデータがもしあれば、教えてください。


●質問者: masa00
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:いるか アプローチ インカム コスト データ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tknrych
●60ポイント

ほとんどはDCF法だと思いますが、比率の統計となると、見つけられませんでした。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ