人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【お前はお前で丁度よい】
観光地でみやげ物の木札などとして売られている良寛さんの下記の言葉「丁度よい」
は、実は良寛さんの言葉ではなく、北陸のあるお寺の現存のお坊さんの言葉だそうですが、
その具体的なお寺名とお坊さんの名前とこれが良寛さんの言葉と言うことになった経緯を教えてください。
「丁度よい」
●お前はお前で丁度よい
●顔も体も名前も姓も
●お前にそれは丁度よい
●貧も富も親も子も
●息子の嫁もその孫も
●それはお前に丁度よい
●幸も不幸もよろこびも
●悲しみさえも丁度よい
・・・(以下省略)


●質問者: mkonomi
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:北陸 名前 良寛 観光地
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●60ポイント ベストアンサー

こちらは参考になるでしょうか。

●丁度よい

http://web1.kcn.jp/strngr/who-asita2/choudo-yoi_RR.html

◎質問者からの返答

適切なページの紹介ありがとうございました。

「良寛さんの言葉と言うことになった経緯」を知りたいのですが、

土産物の木札の場合、かの有名な良寛さんの名前があった方が売

れそうだということかもしれませんね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ