人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雨降りは、虫にとっては大変なことではないでしょうか?特に、蚊や羽虫のような小さな虫にとっては特に。そこで、以下の疑問にお答え願います。

(1) 雨粒に直撃されるとダメージを負うのでしょうか?
(2) 雨粒に囲まれて地面に叩きつけられるようなことがあるのでしょうか?
(3) 叩きつけられた後、水たまりで溺れて死んでしまったりするのでしょうか?
(4) その他、なにか大変なことがあったりするのではないでしょうか?

●質問者: Kentaro KURIBAYASHI
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:昆虫 ダメージ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● hanako393
●28ポイント ベストアンサー

(1) 雨粒と一緒に落ちて、落ちた後、土や雨水がクッションになるので大丈夫なことが多いです

小さいがゆえに大丈夫なんです。

(2) ある

(3) 水をはじくようになってることが多いので、おぼれる前に水の上に浮きます。

おまけに比重が小さいですからね。

(4) 心配しすぎです。


小さい虫に、バケツで水をかけても死なないことを観察して確証を得てください。

ただし、大雨で集中豪雨とかなればまた違います。

http://q.hatena.ne.jp/answer


2 ● jin_jin74
●28ポイント

4.についてひとつだけ。


雨が降る前には湿度が上がります。

湿度が上がると虫の羽根に結露が起こり、高く飛べないようになります。

そのため虫は低空飛行をするようになり、

虫をエサにする鳥も低空飛行をするようになります。


「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」というのはこういう理屈です。

雨粒でなくてもダメージ、というか障害は発生します。

http://q.hatena.ne.jp/answer


3 ● やまだまや(真優)
●27ポイント

hanako393さんの回答に逆らう訳では有りませんが、私の感じるところとは大分異なります。

(1) 雨粒に直撃されるとダメージを負うのでしょうか?

==>全身ずぶ濡れの濡れネズミならぬ「濡れコウモリ」状態です。小さな虫にとっては雨粒は大きい、命の翅が濡れれば飛べません(鳥の羽と雨粒の関係と虫の翅・体と雨粒の関係は異なります・・・濡れます。スケール係数から水の粘性が大きくなる。たとえばミズスマシが水の中を泳ぐのは、人間が濃い砂糖水(またはグリセリン)の中を泳ぐほどの抵抗がある。虫が空気中を飛ぶときが人間が水中を泳ぐくらいの粘性・抵抗)

(2) 雨粒に囲まれて地面に叩きつけられるようなことがあるのでしょうか?

==>そりゃ地面まで落ちます(飛べないのですから)

(3) 叩きつけられた後、水たまりで溺れて死んでしまったりするのでしょうか?

==>体・翅が濡れていれば全身水に浸されていることになりますので呼吸ができません、ほとんど死にます。(虫は気門で呼吸、それに体温も急激に変化する)

(4) その他、なにか大変なことがあったりするのではないでしょうか?

==>ハエや蚊に殺虫スプレーをかけても直接かからなければ平気で飛び去りますが、排気ガスの塊(スモッグ)や広範囲の風(台風など)からは逃れにくいですから、大きなダメージを受けます。

最後に「小さい虫に、バケツで水をかけても死なないことを観察して確証を得てください。」それは大量の水に押し流されて、水の表面から中に入らないからです。

http://q.hatena.ne.jp/1283769171dummy


4 ● blueberry77
●27ポイント

1?4

全部ありそうですね。

ただ、小動物になればなるほど

重力も小さいので、高さ1mからありを落としても

死なないです。

雨で水溜りにおちてもおぼれる前に、ういてくる。

肺がないので(と、思う。未確認)人間のように水がはいにはいって死ぬということはない

http://q.hatena.ne.jp/1283769171


5 ● smallzhu
●0ポイント (はてなにより削除しました)
1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ