人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

enom(www.enom.com/)という海外のサイトでドメインを取得しようとしていますが、支払にはクレジットカードが必要だそうです。
私はクレジットカードは1枚も持っていないのですが、作るならなるべく年会費や振込手数料が無料ないし低額のモノがいいです。
このサイトへの支払い(金額はドルです)が可能な、年会費無料のクレジットカードを取得する方法を教えてください。
また、そのカードについてある程度教えてくれるとうれしいです。
私は金銭関係を扱うものは、ネット銀行の口座しか持っていません。
そのカードを取得するのにかかる時間と必要な書類もお願いします。
できれば1か月程度で取得でき、ひと月に使う上限金額も設定できるようなものがあれば理想です。
私は大学生です。使う金額は30万ほどを予定しています。

●質問者: holoholobird
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:WWW カード クレジットカード サイト ドメイン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/6件

▽最新の回答へ

1 ● tasklight
●9ポイント

そのネット銀行の提携クレジットカードがあるのでは?

たとえば楽天銀行のカードなら、VIZA, JCB, MasterCardのいずれかを付けることができます。年会費は無料。

通常、ネットで申し込むだけでカードは発行されます。

◎質問者からの返答

そのカードはリンク先の会計にも使うことができるのですか?

www.enom.com/


2 ● tasklight
●1ポイント

そのカードはリンク先の会計にも使うことができるのですか?

もちろんできますよ。

http://q.hatena.ne.jp/1283897858


3 ● なぜなに
●70ポイント ベストアンサー

大学生ということで、三井住友ビザのクラシックカード(学生)が

学生でもOKで、在学中の年会費が無料なので、おすすめです。

他の学生カードが月額限度額10万円までが標準なのに比べ、

これは限度額も申し込み時に希望額を提示できました。

最終的な限度額はもちろん審査によるのですが、私の場合は

学生時に作りましたが、増額希望がすんなり通りました。

(楽天カードアカデミーやニコス学生カードなども

在学中は年会費は無料だそうですが、基本10万円までです。)

ドル決済ということで、海外でメジャーなビザカードか

マスターカードの種類を選択すればOKです。


また、カードの支払いに使う自動引き落としのできる

普通口座の種類が必要です。自動引き落としでの支払いは、

振込料も支払いに行く手間もかからず、無料です。

もしネット銀行で現在お持ちの口座が自動引き落としに

対応していない場合は、自動引き落としのできる

普通口座の開設が必要だと思います。

もしくはそのネット銀行がビザかマスターカードの

年会費無料の学生カードを発行していれば、一番簡単です。

只、近所の銀行の普通口座の開設自体は身分証明と印鑑があれば

簡単ですし、口座維持費も無料なので問題はないでしょう。

自動引き落としによる支払いは振込料なしで無料で簡潔です。

またカードも学生カードなら大学生であれば審査も簡単で、

初めてのクレジットカードで、過去に悪い記録がない限りは、

1ヶ月以内に問題なく取得できると思います。

三井住友ビザのクラシックカード(学生)のビザカードは、

現在でもネットで最短1週間発行だそうです


もし1枚での限度額が少ない場合は2枚で合算限度額を持つか、

理由と財政証明で、一時限度額増額を申し込むことになると思います。

また、三井住友カードは海外旅行者保険なども無料で付帯してきて、

使うとポイントがたまって景品や他のポイントに交換したり、

キャッシュバックもできるので、おすすめだと思います。

今、キャンペーンをやっていて、新規入会で条件を満たすと、

5千円〜1万円のキャッシュバックももらえるようです。:

https://www.smbc-card.com/camp/a1144/index.html

(↑ここのクラシックカード(学生)を選択すると、申し込み書にいけます。)


ただし、三井住友ビザ学生カードは、在学中は年会費無料ですが、

卒業すると年会費がかかるので、仕事が決まったら、

社会人でも年会費永久無料のイオンカードやセゾンカードなどに、

卒業時に切り替えた方が良いと思います。

なぜなら、これらは学生専用カードではないので、学生のうちは

審査が厳しく、親の扶養家族のようにならないといけないので、

少し手間はかかりますが、大学生のうちは年会費無料の学生カード、

社会人になって問題なく申し込める様になってから、

社会人向けの年会費無料カードに切り替えた方が良いと思います。


また、www.enom.comは、上記の様なビザカードやマスターカード以外にも、

Paypalでの決済を受け付けているので、もしも複数の学生カードを作って、

その合算限度額で30万円をまとめて支払わなくてはならない場合、

無料のPaypalパーソナル・アカウントを開けて、

それでまとめて支払うと良いと思います。

オンラインでいちいちカード番号を打ち込んで支払いをするよりも、

予め住所証明もできて、欧米ではより安全な決済方法とされています。

利用は決済で支払うだけの場合は、相手方が手数料を払うので無料です。

他からのカード決済を受け入れたり、入金を受け取る場合のみ、数%の手数料がかかります。:

https://www.paypal.com/jp/cgi-bin/marketingweb?cmd=_home-general...

◎質問者からの返答

おー疑問がすべて解けました。

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ