人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #058

THEME:「菊の節句に」「秋の虫を聴きながら」「9月のわが家の風物詩」

「今日をちょっと楽しく、特別にすることって何だろう? イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら……」と展開してきた“リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、シーズン・バージョン。季節をさまざまに楽しむ暮らしのサプリを、テーマに沿って語らいませんか? 豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100908

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は9月13日(月)正午で終了させていただきます。

1283921720
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:9月 9月13日 theme いただきます いね
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 138/138件

▽最新の回答へ

[1]9月のイベントは アミューズメントマシンショー taknt

風物詩というか 毎年 9月にあるからですね。

ゲームセンターにあるゲームが 入場料金だけで 一日楽しめるイベントです。

似たようなのが 2月にもあります。

また、ゲームショーもあります。

ゲーム好きの我が家には 欠かせない風物詩(?)となっています。


[2]菊の花のちらし寿司≪菊料理≫ siuajj22

菊の料理ってあまり聞かない人も多いでしょう。

食用菊が売られていることはみたことあるかもしれませんが、ちょっとしたお刺身の横についているくらいで、実際に口にした人はあまりいないかもしれません。

菊の節句の由来というと

http://allabout.co.jp/interest/flowerarrange/closeup/CU20030905/...

>陰暦で九月九日といえば「重陽(ちょうよう)」、菊の節句とも言われますが、ご存知でしたか?一月七日(人日)、三月三日(上巳)、五月五日(端午)、七月七日(七夕)そしてこの九月九日(重陽)をあわせて五節句となります。易では「九」を陽の最上とし、月と日とにこの数が重なるので重陽というそうです。

菊って栄養も豊富なこと知っていましたか?

http://www.kenwaku.com/archives/2005/04/post_90.html

>食用菊の栄養成分と働き

食用菊はβ?カロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCやカリウム、カルシウム、マグネシウムのミネラル群とバランスよく含まれています。

食欲増進や肩こり、冷え、頭痛、不眠と幅広い効果があります。

食用菊はこんな方におススメ

食欲不振、肩こり、冷えが気になる方、眠れない方、イライラする方

こんな菊の料理の一つ。

私の家で作る料理といえば、「菊の花のちらし寿司」

お祝を込めてお寿司にするのを去年から始めました

作るとき参考にさせて頂いているレシピは中島静佳さんのレシピです↓

http://ameblo.jp/nakajima-shizuka/entry-10125210321.html

≪食用菊と鮭のちらし寿司≫

(材料2?3人分)

米 2合

食用菊 1/2パック(花7個)

銀鮭 2切れ

大葉 6枚 ・・・半分にして細切り

のり 適量 ・・・細かくカット

(合わせ酢)米酢 大さじ4

砂糖 大さじ3

塩 小さじ1/2

昆布 約5?

※下準備

・ 米は酒大さじ2と昆布適量を入れてかために炊く

・ 銀鮭2切れを耐熱容器に入れて塩小さじ1/2と

酒大さじ1を振りラップをして電子レンジで火を通す

・ 合わせ酢は予め合わせておく

(馴染ませるために数時間おくとよい)

(作り方)

1.沸騰したお湯に酢少々を入れて食用菊の花びらを

サッと茹でて冷水にさらし絞る

※茹ですぎに注意!

2.合わせ酢に1を入れ

そのあと炊きあがったご飯と合わせて切るように混ぜる

3.火を通した銀鮭の身をほぐし2に入れて混ぜあわせる

うちわで扇ぎながら冷ます

4.器に盛りつけて、大葉と海苔を散らす


このちらし寿司、とっても美味しいんです。

手軽な材料で作れるんです。

それから、菊って延命長寿の花なんですよ!

http://allabout.co.jp/health/healthfood/closeup/CU20081106A/

菊花の成分に、解毒作用があると解明

こうした菊の効能は、いわばただの言い伝えや行事食、おまじないと思われてしまいがちですが、最近では菊に含まれる成分がどのように働くのかが科学的に明らかになりつつあります。

株式会社ポーラのサイトによると、菊花中の成分が、生体内の解毒物質であるグルタチオンの産生を高めることを発見したと報告しています。簡単に抜粋してご紹介しますと、

---------------------------------------------------------

生体の解毒には体内の種々酵素群が関与していますが、菊花の解毒作用の詳細についてはいまだ明らかになっておりません。そこで今回、菊花の解毒作用を解明するために、菊花エキスがヒトの細胞中の生体内解毒物質のひとつであるグルタチオン量を増やすかどうかを調べました。

その結果、菊花には 細胞内グルタチオンの産生を高める作用があることを発見しました。また、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科・波多野力教授との共同研究により、菊花中の有効成分がテトラクマロイルスペルミンという化合物であることをつきとめました。

グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸が結合したトリペプチド。細胞内の抗酸化作用、毒物・薬物・伝達物質等を細胞外に排出する、いわば解毒作用などの働きがあると言われています。

-----------------------------------------------------------

この研究により、

-----------------------------------------------------------

菊花は生体内のグルタチオンの産生を高めることによって、解毒作用をもたらしていると考えられること。

この研究では、中国・桂林市産菊花、日本市場品薬用菊花、食用菊のグルタチオン産生促進作用を測定したところ、中国・桂林市産菊花に最も高い作用があること、桂林市産菊花にはテトラクマロイルスペルミンが多く含まれていることがわかった。


ここでいう菊花は、薬用に用いられる菊を「菊花」といい、頭花が小さく乾燥した状態で用いられます。一般的に、食用のものは花弁を大きく苦味を少なく改良されたもの、観賞用のものは頭花を大きく改良されたもので、「菊花」とは異なる種類の菊です。

--------------------------------------------------------------



ポーラさんのサイトに詳しいことが書いてあります。

http://www.pola.co.jp/company/home/back/2008/20r061.pdf

>伝統生薬「菊花」の解毒作用を解明

今年も私は絶対に作りたいと思います!!!

是非イエはてなの皆さんも菊の花で長寿を願いましょう♪


[3](はてなにより削除しました) smallzhu
(はてなにより削除しました)
[4]>3 gfdhdfh


[5]>2 長文すぎて gfdhdfh

読む気なくします。


[6](はてなにより削除しました) smallzhu
(はてなにより削除しました)
[7](はてなにより削除しました) smallzhu
(はてなにより削除しました)
[8]>1 了解 gfdhdfh

です


[9]菊の料理ってあまり聞かない人も多いでしょう。食用菊が売られていることはみたことあるかもしれませんが、ちょっとしたお刺身の横についているくらいで、実際に口にした人はあまりい yusuke_7

菊の料理ってあまり聞かない人も多いでしょう。食用菊が売られていることはみたことあるかもしれませんが、ちょっとしたお刺身の横についているくらいで、実際に口にした人はあまりいないかもしれません。菊 ..


[10]クーラーの稼動時間の変化 nakki1342

南の島に住んでいるので

正直まだまだ暑い日が続くのですが

最近、少しだけ暑さを感じなくなる時がありました。

まだまだクーラーのお世話になる事は続くと

思いますが

真夏に比べると少しずつクーラーの稼働時間が減るだろうと

思っています。

(電気量も減るかな)

・・真夏の電気料は、すごいんです(汗)


[11]>9 [http://www.lv-best.net:title=http://www.lv-best.net] ご参考までに yusuke_7

http://www.lv-best.net ご参考までに


[12]>10 そうなんですか kgitjg

そうなんですか


[13]>11 風物詩というか 毎年 9月にあるからですね。 ゲームセンターにあるゲームが 入場料金だけで 一日楽しめるイベントです。似たようなのが 2月にもあります。 また、ゲームショーもあります yusuke_7

風物詩というか 毎年 9月にあるからですね。 ゲームセンターにあるゲームが 入場料金だけで 一日楽しめるイベントです。似たようなのが 2月にもあります。 また、ゲームショーもあります。 ゲーム好きの我が家に ...


[14]>9 食用菊 eiyan

食用菊は普通の菊とは品種的に違いますね!

普通の菊でも食べられない事はないが、食感が違う様です。

食用菊は食材専用に作られてるんですね。


[15]鈴虫寺 koume-1124

虫の音を聞きながらと言えば鈴虫寺を思い浮かべます。

なかなかおしゃべりの達者な住職さんの話は

聞き入ってしまう程おもしろい!

そして鈴虫の音色がとってもキレイで和みます。


[16]>13 多種 eiyan

色々とあるんですね。

でも回答欄が混乱しちゃってね!

2つのテーマでしょうか。


[17]動物愛護週間に、動物に関する本を読む Oregano

読書の秋、そして動物愛護週間。この二つが合体したら、9月の風物詩は「動物に関する本を読む」。私は毎年この時期に合わせて、そんな読書をしています。本が好き、動物も好き。そんな皆さんにもぜひお勧めしたい、9月のスペシャルサプリです。


一口に動物に関する本といっても、その内容は様々です。

・動物を主人公としたり、動物と人との触れ合いを主題にした物語

・動物の生態や習性などを追ったドキュメンタリーや写真集

・動物のかわいらしさを楽しむ本

・科学的な視点から動物をとらえ、学ぶための本

・動物を飼うための知識や実技の解説書、よき飼い主となるための啓蒙書

・動物愛護や自然保護などの重要性を啓発する本

などなど、様々な本がたくさん出版されています。書店に行くと、小説のコーナーにも、写真集のコーナーにも、ドキュメンタリー・ノンフィクション、新書、文庫、実用書、児童書、絵本、はたまた専門書や法律のコーナーにさえ、動物に関する本が見つかります。ですから、本屋さんをくまなく歩きましょう。そしてたっぷり「書物の森」を散策した後、これはと思う本を選びます。さぁ、今年はどんな本と出会えるでしょうか。


先日、もう待ちきれなくなって、一冊買ってきました。ご紹介しましょう。絵本です。

ワウシュヴィッツ

ワウシュヴィッツ

  • 作者: 吉川 愛歩
  • 出版社/メーカー: 無双舎
  • メディア: 単行本

今年出版されたばかりの新しい本ですね。タイトルは、ちょっと見ただけでは何の意味かわかりませんが、あの「アウシュビッツ」と似た言葉だなぁということはわかります。そう、これは、私たちが日頃知っていながら目を背けている現実を取り扱った本なんです。でもこの本は、ただやりきれない思いを突き付ける本ではありません。優しい絵柄のページを通して、少しずつ私たちの目を開いてくれる。そんな本です。


ジャンルは絵本ですが、出版元のサイトでは、児童書とは別の所に分類されていました。つまりこれは、大人にこそ読んでほしい本、ということですね。お子さんが読む場合は、まず大人が読んでからお子さんに渡す、あるいは一緒に読むなどして、読後の語らいを大切にしていただきたいと思います。ただこんな現実があるんだと心を沈ませて終わるのではなく、私たちがどう変われば動物たちの運命を変えていくことができるのかという、希望の芽を膨らませる読み方をしていただければと思います。そして一言、この本はワンちゃんの本だけど、猫も同じなんだよ、と言葉を添えてください。今年の9月に、イチオシの本です。


去年買った本の中には、こんなのもありました。

アメリカ動物診療記―プライマリー医療と動物倫理

アメリカ動物診療記―プライマリー医療と動物倫理

  • 作者: 西山ゆう子
  • 出版社/メーカー: 駒草出版
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

これはアメリカで活躍する日本人の女性獣医師が書いた本。アメリカの動物に関わる事情が、とてもよくわかります。まずこの本の第一章は、「アメリカ動物生活事情」と題して、アニマルポリスの話からスタートしていきます。そして最後の第四章では、「これからの日本の獣医師像」と題して、日本の動物医療に対する提言で締めくくられていきます。アメリカの動物事情を通して日本の動物を巡る諸問題が見えてくる本。動物に関する幅広い話題に興味と関心がある人にはお勧めです。


最後に、ネットで読めるWeb絵本を一つご紹介しておきましょう。

http://moru.art-studio.cc/kegawa/omote.html

フリーイラストレーター、日向あいさんが書かれた「け と かわ」という題の作品です。ウサギやアライグマ、キツネ、アザラシ、ミンク…。色々な動物たちが「ぼくらのフモフモ 取らないで」と語りかけてきます。さぁ、何のお話でしょう。


動物愛護週間の9月に合わせて、色々な動物に関する本。どんな本でもいいですから、まず何か一冊、紐解いてみてください。いい本だなと思ったら、ご家族にもお勧めしてみてください。そして動物愛護週間が始まったら、各地で開催される色々な催しも、ちょっと覗きに行ってみてください。そこからきっと、家族のコミュニケーションも深まります。


[18]>6 安い kgitjg

ですね。


[19]>15 鈴虫 eiyan

鈴虫を飼育しているお寺は有名ですね。

お寺でも飼育するのですから、個人でも飼育出来ますね。

でも今年の様な猛暑続きの夏超えは大変だったでしょうね。


[20]>17 動物の環境 eiyan

最近はペットを飼育する人が増えましたね。

色々なペットの中でやはり動物の犬猫は多いですね。

それは手軽で親近感がありますね。


[21]>2 食用菊 eiyan

食用菊は食用専用品種。

特別なものでもないが、品種改良で食材に適した品種改良してある。

昔は漢方薬として有名ですね。

お料理の食材として積極的に利用されてますね。


[22]>7 安い kgitjg

安いじゃん


[23]>16 なんか急に kgitjg

牛丼が食べたくなりました。


[24]>16 あっ yusuke_7

すみませ


[25]>24 あっ yusuke_7

すみませんなんどもさっきすみませでおわってしまいました。orz


[26]>25 読書の秋、そして動物愛護週間。この二つが合体したら、9月の風物詩は「動物に関する本を読む」。私は毎年この時期に合わせて、そんな読書をしています。本が好き、動物も好き。そん hgcgh_3

読書の秋、そして動物愛護週間。この二つが合体したら、9月の風物詩は「動物に関する本を読む」。私は毎年この時期に合わせて、そんな読書をしています。本が好き、動物も好き。そんな皆さんにもぜひお勧めしたい、9 ...


[27]>25 ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、 ディオール、ブルガリ財布 その他小物等送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています! [http://www.lv-best.net:title= ... hgcgh_3

ルイヴィトン、シャネル、グッチ、コーチ、ロレックス、プラダ、 ディオール、ブルガリ財布 その他小物等送料は無料です(日本全国)! ご注文を期待しています! http://www.lv-best.net:title= ...


[28]>26 菊の料理ってあまり聞かない人も多いでしょう。食用菊が売られていることはみたことあるかもしれませんが、ちょっとしたお刺身の横についているくらいで、実際に口にした人はあまりい hgcgh_3

菊の料理ってあまり聞かない人も多いでしょう。食用菊が売られていることはみたことあるかもしれませんが、ちょっとしたお刺身の横についているくらいで、実際に口にした人はあまりいないかもしれません。菊 ...


[29]>21 食用菊 adgt

料理を色鮮やかにしてくれますね。昔は、味と量だけが大事でしたが、最近は彩りも料理には重要な要素だと思うようになりました。


[30]>14hgcgh_3

同感


[31]>17 あー hgcgh_3

同感


[32]>19 鈴虫 adgt

実家が田舎だったので、秋はすこしうるさいくらい蒸しが泣いていました。季節の変化を虫に知らされますね。


[33]コオロギ adgt

コオロギは、小学生の時に虫かごの中で飼ってました。簡単に捕まえることが出来ますし、おともわかりやすくて綺麗なので。段々と、虫を飼うことも減ってしまいましたが、生き物と接する機会は重要ですね。


[34]adgt

高校生くらいのときには、秋になってくると、夜すこし散歩をして月を楽しんでいました。今の街では不審者のようになりますし、空も狭いですが、田舎のあぜ道を虫の音を聞きながら夜の散歩をするのは良いものでした。


[35]>28 あのー shdgfdf_3

はじめてですけど荒らしはよくないですよ。


[36]虫の音を聞きながら読書 adgt

高校生の時の楽しみの一つがコレでした。虫の声を聞きながら小説を、夜一気に読んでいく。雰囲気が良いですし、なんだか集中できる気がします。久しぶりに小説を買ってみたくなりました。


[37]>29 食用菊 inio

お刺身に対散る菊は食べられたんですね。飾りとしての機能だけだとおもってました。


[38]救急の日・救急車に乗る時に用意するもの iijiman

9月9日は、救急の日、でもあります。

今日気が付いたのですが、総務省消防庁って、twitterのアカウント持っているんですね。

そこで「救急の日2010」のイベントがアナウンスされています。

https://twitter.com/FDMA_JAPAN/status/22776272150

しかし、詳しい情報のリンク先がPDFっていうのは、ちょっとお役所っぽいかな?

全国の消防機関においても期間中様々なイベントが開催されます

ということです。

googleで「救急の日2010」を検索すると、なぜか新潟市消防局のイベントが紹介されます。

「応急手当体験」のイベントは貴重かもしれません。参加して損はないと思います。

http://www.city.niigata.jp/info/shobo/kyukyu/osirase/kyukyunohi/...

東京都は、さすがというか何というか、教材費負担(といっても安い)で、こんな講習があります。


●普通救命講習 (教材費1,400円)

心肺蘇生、自動体外式除細動器(AED)の使用方法、窒息の手当、止血方法など

●普通救命再講習 (教材費1,200円)

●上級救命再講習 (教材費1,600円)

前回の救命講習受講日から3年以内の方を対象とした、知識・技術確認など

(定員)午後の部 454名

※東京都内在住、在勤、在学の方とさせていただきます。

さて、以上は検索すれば誰でも調べられる情報ですが、私自身、過去に2回救急車に乗ったことがあります。

もちろん運転とか救命とかではなく、患者として救急搬送されたのです。

うち1回は、避けられなかったというか、走行中に突然自転車の前輪が外れて転倒し、顔面を歩道に強打して動けなくなっていたところを、通りがかりの人が携帯で救急車を呼んでくれました。

(自転車の整備不良の責任は私にあるが、まさか本当に前輪が外れるなんてことがあるとは思わなかった)

この時、ちょっと図書館に行ったついでだったので、身分を証明するものは何も持っていませんでした。

これは不覚でした。運転免許証と、自宅の電話番号(会社員なら勤務先の連絡先)を書いた紙くらいは持っておくべきでした。

しかし、それ以上の用意で何が出来たかというと、不測の事態だけに何もないです。

その他の1回は、夜間に急性胃腸炎でお腹が痛くなり(急性胃腸炎というのは診察してもらってから分かったことですが)、体も動かすことが出来なかったため、奥さんに救急車を呼んで貰いました。

実は奥さんも何度か救急車に乗ったことがあり、また、義祖父を救急車に乗せるときに付き添った経験もあったため、「救急車に乗る支度」を素早くしてくれました。

まず、救急車の呼び方。119に電話したら、すぐに「救急です」ということ。

何を当り前のことを、と思われるかもしれませんが、それを言わずに住所氏名などを言い始めると、

「火災ですか?救急ですか?」と何度も聞き返されて、話が進みません。

まず「救急車お願いします」と言いましょう。

救急車が来るまでに用意すべきものは(用意出来る人がそばに居ればの話ですが)、健康保険証のほか、普段飲んでいる薬がある人は、お薬手帳か、薬局でくれる薬の説明書を持って行きましょう(←これ重要)。

あと、お財布。現金。救急車は無料ですが、病院は、入院の場合、最初に「内金」「預かり金」を請求される場合があります。出来れば数万円。

逆に言うと、「数万円+常用している薬の説明書」を、非常時のために封筒に入れて、一定の場所にしまっておくとよいです。

以上、長文の割にはたいしたことを書いていない気もしますが、皆様の、何かの時にご参考にしていただければ幸いです。


[39]>35 同感 hgfvsj_4

同感


[40]>39 あっ hgfvsj_4

すみません?の人に


[41]>25 あっ hgfvsj_4

僕もそういう経験ありますー


[42]>25 僕はこうだとおもいます hgfvsj_4

読書の秋、そして動物愛護週間。この二つが合体したら、9月の風物詩は「動物に関する本を読む」。私は毎年この時期に合わせて、そんな読書をしています。本が好き、動物も好き。そんな皆さんにもぜひお勧めしたい、9 ...


[43]>30 同感 fjpy2366

同じく。


[44]>43 同感 gfhgfhgf

同感


[45]>40 同感 gfhgfhgf

同感


[46]>34gtore

秋になってくると、月がきれいに見えますよね。

夏は、連日のように熱帯夜がつづいていて、夜空を見上げることなど、ほとんどありませんでしたので、

これから、秋になり、涼しくなってくると、天体観測やお月見などが楽しめますよね。

夜空を見上げることは、目を休めることにもつながりますので、時間を見つけて空を見上げてみようと思います。


[47]>32 同感 gfhgfhgf

同感


[48]>36 読書の秋 gtore

読書の秋といわれますね。

たしかに涼しい夜に読みたい本をひもとくというのは、なんとも幸福なひとときですよね。

どこかで秋の虫が鳴いていたりすると、よりいっそう趣きが増します。

夜に眠るまえに、長い小説を少しずつ読んでいくというのも、ひとつの楽しみ方だと思います。


[49]>37 同感 gfhgfhgf

同感


[50]>23 同感 gfhgfhgf

同感


[51]>32 鈴虫 gtore

秋の風物詩のひとつに、鈴虫がありますよね。

リーン、リーンときれいな鳴き声をきかせてくれます。

でも、鈴虫も多すぎると、すこしうるさいくらいに思ってしまいますよね。

もうちょっと音量を下げてほしいと思うことも、たまにあります。


[52]>33 コオロギ gtore

コオロギは、私も小学生のころに飼っていた思い出があります。

とてもかわいい姿をしていますよね。

そして、なによりも、鳴き声がとてもきれいですよね。

コオロギの鳴き声をきくと、今年も秋がきたんだ、と思います。


[53]>20 動物に関する本 gtore

動物の出てくる絵本を紹介します。

「こぐまのガドガド」 フジモトマサル著

なんとも微笑ましいシーンがたくさんでてきます。

フジモトマサルさんの描く絵は、見ているだけでも、なんだか和みます。

http://www.bk1.jp/product/02138817


[54]月見団子(白玉団子) NazeNani

そういう秋の夕べには、子供の頃、虫の音を聞きながらお月見をして、すすきの穂をもらってきて飾って、白玉団子を作りました。白玉の月見団子はあんこを添えると美味しいおやつになり、家族で親戚のおばあちゃんの家など、田舎を訪ねる際には風情があって良いと思います。あんこの中の白玉団子は満月のお月様に似ているのですよね☆簡単に作れて、子供は満月を食べるみたいと喜ぶので、ご家庭でも作られてみては?


[55]>51 逃げた鈴虫 some1

小学生時代、都心に住んでいる私宛に父方の田舎から鈴虫を送ってきてくれました。

スイカやキュウリをやって可愛がっていたのですが、乾燥を避けるために霧吹きをするつもりが、霧吹きの蓋が外れて、飼っていた水槽の中で鈴虫が溺れそうになってしまいました。

急いで、水槽を倒して水を外に。

しかし水を出したのと一緒に、

鈴虫も溺れ死にはしなかったものの外に・・・

結局、全部に逃げられてしまったのですが、殺してしまうよりは良かったと思いました。


そして翌年以降。

家の近所では鈴虫の鳴き声が夏の夜には聞こえるようになりました。


あの時の鈴虫の子孫達が毎年楽しませてくれるんだなあという感じです。


[56]9月のわが家の風物詩 uniikurasensei136

今月は敬老の日と自分の誕生日が重なります。

なぜか9月生まれの友人も多く9月が一番プレゼントを人に贈る時期、またもらう時期でもあります。

敬老の日は毎年お花を祖母に渡し、家族全員でういろうを食べます。某通販で敬老の日お花セット(お菓子付)のういろうが美味しかったため花を見ながら食べるのが定例行事になってます。


[57]>25 ue hgfvsj_4

同感


[58]>25 南の島に住んでいるので正直まだまだ暑い日が続くのですが 最近、少しだけ暑さを感じなくなる時がありました。まだまだクーラーのお世話になる事は続くと思いますが真夏に比べると少 dchhxzsy_3

南の島に住んでいるので正直まだまだ暑い日が続くのですが 最近、少しだけ暑さを感じなくなる時がありました。まだまだクーラーのお世話になる事は続くと思いますが真夏に比べると少しずつクーラーの稼働時間 ...


[59]>25 関係 dchhxzsy_3

無いとことで墨


[60]>59 ? dchhxzsy_3

すみません本当は関係ないところにツリーを

作成してしまってすみませんでした。

と書こうとしていました。


[61]>47 鈴虫 twillco

良い音色ですよね。

綺麗な鈴虫の音を聞きながら夕涼みがなんとも贅沢な時間です。


[62]秋の魚たちを楽しむ。 offkey

9月になると秋刀魚や鮭が店頭でお手頃価格となって大量に陳列されるようになります。この時期になりますと、我が家では夏の間あまり食べなかった魚類がこの2種類の魚によって俄然消費量が増えます。今年は秋刀魚が不漁で少し高値でありますが、それでも先日食べた生秋刀魚は冷凍と違って焼き魚にすると身が軟らかくて美味しかったです。

もう一つの旬である鮭。こちらも生鮭が美味しい。ムニエルやチャンチャン焼き、フライにしたり、キャベツや玉葱とともにホイルに包んでオーブンで焼いたりといろいろ調理して食べます。


ところで、魚そのものも十分堪能する季節ですが、ここ最近我が家で定番になったことがあります。

それはいくら醤油漬けを作ること。

いつの頃からかちょっと覚えてないのですが、店頭に秋鮭の生筋子を見かけるようになりました。扱っているスーパーでは店頭にレシピの載ったフリーペーパーを置いてあったりするのですが、その中に丁度いくら醤油漬けの作り方が載っていて、それでじゃあ作ってみようということになったのが始まりです。

最初は醤油と酒とみりんで味付けていたのですが、何かいまひとつな味付け。

で、その次の年には醤油漬けの調味料が売っていたのでそれを使ってみました。それは確かに美味しかったのですが、自分で味付けできればもっといいなと思って結局調味料は1回限りでまた調味料の試行錯誤が始まります。

ダシを入れればいいかもしれないと思って市販のかつおだしを入れてみたり、醤油と酒とみりんの配合を変えてみたり、といろいろ試してみました。

その結果、現在はシンプルな醤油と酒、味が足りなければ塩、という形に落ち着きました。

以下、レシピです。


生筋子は500gくらいのものが入ったパックを買うと、直径20センチほどの容器にいっぱいになります。

まず、買ってきた生筋子をはずす作業です。

40℃くらいのぬるま湯の中で卵をまとめている皮をはずしてゆきますが、新鮮な筋子なら金網の上で慎重に筋子をほぐすようにしてはずしていく方法もできます。

この作業は慣れるまでは結構大変です。

次にほぐれたイクラをザルにあげて塩を一振りしてかき混ぜます。色が白くにごりますが元に戻ります。

色が戻ったところで軽く水洗いし、水を切ります。

調味料ですが、うちでは

筋子400?500gに対して醤油と酒が大匙3杯程度。もし味が足りないと感じたら塩で調節してます。このあたりは好みなので塩に限らす各自で調節なさるのが一番いいと思います。

こうして味付けしたあとは冷蔵庫で一昼夜。次の日にはあつあつのご飯に載せて美味しく頂けます。


うちではこうしてつくったいくら醤油漬けも数日でたちまちなくなってしまうので、生筋子が特売価格で売り出しになった日には必ず買ってきて作っておきます。

これが10月半ば、時期が終わるまで続きますが、この終わりごろにはつくった醤油漬けを冷凍にしておいてお正月に出して食べたりしてます。

秋の味覚の中で楽しみなものの一つです。


[63]重陽の節句に栗、柿、葡萄 C2H5OH

イエはてな界隈で毎年話題の菊の節句をわが家でも祝おうと調べていたところ、こんな記述のあるページが見つかりました。

「重陽には、栗、柿、葡萄を賞玩す。家々に儲置て、来る人毎に出してもてなしとす。烹物には必ず松菌を用ひ、魚類ははもを用ること通例なり。」

http://www.kuidaore-osaka.com/jp/starting_point/senba/10913_1.ht...


これは幕末の大坂町奉行、久須美祐雋(くすみゆうせん/すけとし)が記した「浪花の風」という随筆の中の一節だそうです。さらに調べてみると、この久須美というお奉行様は本来は江戸の人で、約7年にわたる大坂在任中に、特に江戸と異なる大坂の風土・文化を、こと細かく書き記していることが分かりました。


重陽の節句には、栗と柿と葡萄を賞味する。これが江戸時代の大坂の習慣だったんですね。しかも各家々ではそれを訪れる人にお出しして、もてなしていたと言うのです。なんと美しい習慣ではありませんか。わが家も多少大坂に縁がありますので、今年はぜひこれを取り入れてみようと考えました。


しかし、さすがに新暦の9月9日では、葡萄はいいとして、栗と柿はまだ早いようです。そこで新暦の9月9日には、干し柿と甘栗と葡萄を皿に盛って、菊の花と共にテーブルに飾ることにしました。菊といってもまだ季節が早いですから、花屋さんにほぼ通年出回っている小菊ですが、雰囲気は出ています。


今日わが家を訪れた人には、たとえ回覧板を持ってきてくれた人であっても、上がってそれを食べてもらう予定です。今ごろ誰か来ているでしょうか。


本番の旧暦9月9日は、今年は10月16日になりますから、その頃なら、もう柿もいいのが出回っていそうです。いが付きの栗も探してきて、葡萄と共に籠に盛って玄関に飾りましょう。久須美祐雋によれば「烹物には必ず松菌(松茸のこと)を用ひ」だそうですから、ぜひ松茸も飾りたい所ですが、それは懐具合次第と言うことで(笑)。


そしてもちろんテーブルの上には柿と栗と葡萄。その日に訪れてくれた人には、それらを食べて頂いて、お互いの健康長寿を祈願し合います。


ふと考えました。旧暦9月9日には菊の花でも手みやげに親しいイエを訪問し合い、こうしたもてなしを楽しむ習慣が生まれたら楽しいだろうなと。ハロウィンの「Trick or treat」じゃないですが、柿と栗と葡萄をくれないと菊の花をあげないぞ、という大人の訪問ごっこです。そんな空想もちょっと楽しいこの古き良き大坂の習慣「重陽の節句には栗・柿・葡萄」を、これからのわが家の恒例にしていきたいと思っています。


[64]>54 月見だんご adgt

たべましたね。初めて食べたときに、すごく甘いだんごを想像していたんですが、意外と味が無くてがっかりした思い出があります。


[65]>62 さんま adgt

毎年秋にはさんまを楽しみにしているんですが、今年はさんまの値が高くてまだ手を出していません。秋の最高の味覚だと思うので、はやく安くならないものかと思っています。今年は無理なのでしょうか?


[66]>63 秋のくだもの adgt

私はとくにブドウが好きです。地元でブドウが取れるのも理由のひとつですが、すごくジューシーなものはたまらないです。


[67]秋の虫の声を録音してみよう momokuri3

昼間は人工的な音ばかりの住宅地でも、夜になればそれなりに音は静かになります。私はここ数年、そんな時間帯を狙って、虫の声を録音してみています。使用するレコーダーは、ちょっと前までならカセットかMDというのが相場でしたが、今はいいメモリレコーダーがありますから、それを用います。私が使っているのは楽器用エフェクタなどで著名なZOOM社のH4というレコーダー。手の平サイズの本体に質の良いマイクがセットされた、ハンディな録音機器です。


クリアーな虫の声を録音するには、さらに外付けの指向性の鋭いマイクがほしいところですが、私の録音の目的は「音による自然観察」と「住んでいるこのマチの音の記録」ですから、少しくらいの余計な音は入ってしまってもいいと割り切っています。それでもマイクのゲインを絞り、かわりに虫たちを驚かせない程度に近付けて録ることで、それなりにクリアーな録音が可能です。


イヤフォンでモニターしながら、レコーダーを最適な位置に。コオロギは地面かその近くにいますから、できるだけ低い位置にレコーダーをセットします。ジーーーという鳴き声はケラ。これもターゲットは地面です。

チッチッチッチッと小刻みに鳴くのはカネタタキ。この虫は地面ではなく、低い植え込みの枝に登って鳴いています。

最近市街地に多いアオマツムシは、もっと高い街路樹などの上で鳴く虫です。

キリギリスの仲間は、たいてい草の葉っぱに止まって鳴いています。


こんなふうに、虫の種類によって鳴いている高さが違いますから、レコーダーにクリップを付けて適当な所に挟んで取り付けられるようにしたり、ZOOM H4の場合は三脚取付用アダプタがあるので、デジカメ用の小型の三脚を併用するなどして適切な高さにレコーダーを設置。人間はちょっと離れた所で待機するようにすると、虫は安心して鳴いてくれるようです。


たくさん録音したら、PCに転送して編集です。虫の種類ごとに分けて、録音日時、場所などの記録も添えながら整理していきます。さらに騒音などが混じらずきれいに録れた部分だけを取り出してフェードイン・フェードアウト処理を施し、こうして作ったパートを何種類も重ねてミキシングして仕上げると、すてきな秋の虫のBGMも作れます。


私が秋の虫の声を録音し始めたのはここ数年ですから、最初のころと目立った変化はありませんが、これから先はどうでしょうか。ただでさえ少なくなっている秋の虫。そのうち、去年は聞こえていたのに今年は聞こえない、といった種類も出てくるのではと心配です。


そんな悲しい時代を招かないためにも、どうしたらこの残り少ない自然を守っていけるのかを考えながら、ぜひ皆さんも秋の虫の声を録音してみてください。最近のレコーダーはポケットに入れて気軽に持ち運べるサイズですから、ちょっとした散歩の合間でも、気軽に録音が楽しめます。ただし、夜の録音は一人では何かと物騒ですから、家族や友だちなどを誘って、必ず複数で行動してくださいね。そうすれば楽しい語らいも広がって、一石二鳥です。


[68]>66 秋のくだもの gtore

秋のくだものでは、私は梨が大好物ですね。

冷蔵庫でよーく冷やした梨を、最近はほとんど毎朝いただいています。

いまの季節の梨は、とてもみずみずしく、さわやかな甘さが魅力ですね。

りんごと梨とでは、りんごが好きという人もいますが、私は迷うことなく梨を選びます。


[69]>64 白玉だんご gtore

白玉だんごは、秋のお月見のおともにと、子どものころによくつくりましたね。

たくさんつくりすぎて、かなりお腹いっぱい食べたという思い出もあります。

最近でも、食べたくなったらつくっています。

うちでも、いつもあんこのなかに白玉だんごを入れていただきますね。


[70]>61 鈴虫 Rytandrezone

ようやく蝉の鳴き声から、鈴虫の鳴き声に変わりましたね。


[71]>70 ですよね ghfgbhdb

ですよね


[72]>69 だんご虫 ghfgbhdb

気持ち悪いです、だんご虫は。


[73]>26 いいですね。 ghfgbhdb

最高です。


[74]>68 秋のくだもの ghfgbhdb

秋のくだもの


[75]>16 色々とあるんですね。 ghfgbhdb

色々とあるんですね。


[76](はてなにより削除しました) simoke123
(はてなにより削除しました)
[77]>76 激安 ghfgbhdb

激安じゃん


[78]>41 僕もそういう経験あります ghfgbhdb

僕もそういう経験あります


[79]>55 鈴虫だけに ghfgbhdb

すずむしい


[80]>13 なるほど ghfgbhdb

なっとくです


[81]>53 それ ghfgbhdb

いいですね。


[82](はてなにより削除しました) simoke123
(はてなにより削除しました)
[83]>53 動物愛護 adgt

ペットを飼うだけではなくって、きちんと世話をすることによってその精神が作られていくのだと思います。楽しむだけではなく、大変な部分もしっかりやってみる体験は重要だと思います。


[84]>67 虫の鳴き声の録音 eiyan

秋の夜長に鳴く虫の声を保存しておきたいと録音する事を思いつき録音に挑戦してみた事があります。

最初は何も知らないので単なるシングル録音で安い録音機器を使用しました。

録音した音をさて聞いて見ようと再生しましたよ!

何と雑音しか入ってなく肝心の虫の声が入っていない!?

う?

まさか故障でもないのに何故??

理由も理解せずまま困っていました!

それではと次には少し高価な録音機で挑戦です。

音を保存してから早速再生してみましたよ!

すると虫の声は入っています。

かなり厳しいかすれ声!

鳴き声が聞こえるのですが、途切れるのです。

これで虫の鳴き声は高級録音機でないと難しい事が判りました。

虫の声はかなり周波数が高いので、安価な録音機では録音できないのですね。

この様に単に虫の鳴き声を録音するという簡単な事で色々な知識が得られる。

とっても素敵な事ですね!

”秋の夜長の泣き虫さん!”

”ありがとう!”

って伝えたいですね!


[85]>56 おめでとう! eiyan

何の記念日でも他の記念日と重なるのは兎に角嬉しいものですね!

増してやそのプレゼントは色んな意味を含み運んでくる。

それはあなたに対する感謝の褒美。

毎年プレゼントがあるなら、来年もプレゼントがある様に慈善しましょう!

そうする事であなたの価値も上がる。

それがお互いの誉れ。

あなたや周りの人たちの生活にも張りが生じますね。


[86]>38 救急の日 eiyan

そういえば盛んに救命救急の手ほどきがありますね。

人工呼吸法の指導やAEDの使用法等も盛んに指導している。

救急は年中あるのに殊更今強調するべきものでもないと思われる。

でもこの時期だけでなく年中気をつけて置けば生活に安心が宿りますね。


[87]>65 魚の不漁 eiyan

今年は海水温が高くてさんま等の魚群が沖合いに行ってしまった為に、日本近海では魚の不漁が続いている。

その為に秋さんまが高価になってるんですね。

今は少し値下がりしましたが、さんまの高値は困りますね。

価格の安さでいえば”あじ”。

栄養面でいえば”さば”。

風味香り風流でいえば”さんま”。

魚料理も料理法によって使い分けしましょう!


[88]>52 こおろぎ eiyan

こおろぎといえば、虫の世界ではギャングに見られる。

何でもかみ殺し何でも食べてしまう。

でもこんなこおろぎでもとかげやくもの餌となる。

ありの餌食になる。

昆虫の世界でも循環法があるのですね。

そのリサイクルを忘れた人類はリサイクルを見直した方が良いですね。


[89]>86 救急の日 adgt

一度事故にあったことがありますが、もしものときの備えというのはしすぎるということはありませんね。折を見て、学習しなければと思います。


[90]虫の音を聴きながら和歌を詠む SweetJelly

以前、新聞のコラムで、こんな話を読んだことがあります。万葉集には秋の虫のことを詠んだ歌が少ない、それが古今和歌集の時代になると増えてくると。

これには平安時代に成熟していった国風文化とも関連があります。奈良時代はまだ、進んだ文化は大陸に学べの唐風文化の時代でした。そんな中で、少しずつ日本独特の風土や情操を大切にする文化を作っていこうという動きが始まります。この国風文化が成熟してくる平安時代になって秋の虫を詠む歌が増えてきたという日本の歴史。つまり、秋の虫の声に耳を傾けて独特の風情を感じる心は、どこの国の文化の影響でもない、日本独特のものなのだと言えそうです。


それでは古今集から、秋の虫を呼んだ歌を眺めていきましょう。


「きりぎりす いたくな鳴きそ 秋の夜の 長き思ひは 我ぞまされる」(藤原忠房)

コオロギさん、そんなに鳴(泣)くなよ、この秋の夜のように長い(そして切ない)思いは、私の方がずっとすごいんだぞ。

忠房は笛の名手で、胡蝶楽などの作曲者でもあります。もしかして、こんなMCを入れながら、「それじゃ次の曲、いってみましょう」なんて、秋の虫の声をバックに笛を吹くライブをやっていたかもしれませんね(笑)。


「秋の野に 人まつ虫の 声すなり 我かとゆきて いざとぶらはむ」

これは詠み人知らずの歌です。マツムシを「待つ虫」とかけて、 秋の野に誰かを待っている虫の声がするぞ、私を待っているのかな、さあ行ってみよう、と歌っています。無邪気に自然と戯れる歌ともとれますし、人待ち顔で佇みつつ何かのメロディを口ずさんでいる人を見て、そこに生まれた恋心を詠んだ歌とも捉えられます。なんか絵になるって思いませんか?


「もみぢ葉の 散りてつもれる 我が宿に 誰をまつ虫 ここら鳴くらむ」

これも詠み人知らずの「待つ虫」シリーズです。紅葉が散り積もる我が宿。つまり誰も庭を歩く人がいないという描写ですね。そこでしきりに鳴く「待つ虫」さん。いったい誰を待って鳴いているのでしょう…。これも切なさが伝わってくる歌ですね。


平安時代と今では、キリギリスがコオロギのことだったり、マツムシがスズムシも含んでいたりと、ちょっと虫の名前の呼び方が違いますが、でもこの感性、今の私たちと変わりませんよね。さぁ、私達も秋の虫の音から感じる心を、何かの言葉にして詠んでみませんか。虫の声を聞くと、渇いた心もしっとりと潤ってくる。切なさ、人恋しさも込み上げてくるけれど、一人で過ごす夜長も悪くない。そんな風情を平安の昔から感じ続けてきた私達。きっと何か素敵な歌が生まれてくるに違いありません。


最後に、いつも和歌メールをやり取りしている中学生の女の子が詠んでくれた歌をご紹介します。

「ひとりでも 泣いたりしない この声は 私じゃないよ 秋の虫だよ」

夏の恋が…終わっちゃったんですね。虫の音に寄せる、平安の昔から変わらない感性が、ここにもひとしずく。素敵な歌だと思いました。


[91]>89 救急の日 gtore

9月9日は、「9(きゅう)9(きゅう)」ということで、救急の日だったのですね。

最近は、よく街中などでAEDが設置されているのを見かけるようになりました。

このAEDが一般市民もつかえるようになったのは、2004年7月のことなんですね。

AEDの使い方を再確認しておきたいです。


[92]>87 さんま gtore

秋の味覚の代表といえば、秋刀魚ですよね。

オーソドックスな塩焼きが、やっぱりいちばん好きで、よくいただきますね。

かけるのは、レモンやポン酢、すだちなど、その日の気分で決めます。

他の青魚と同じく、エイコサペンタエン酸やドコサヘキサエン酸が豊富に含まれているので、血液をサラサラにしてくれますしね。


[93]>92 うまそう jkuk555

です


[94]>91 救急の日 jkuk555

はい、そうですね


[95]>58 ですよね jkuk555

ですよね


[96]>23 ぼくは jkuk555

天丼が食べたいです。


[97]>14 違いますね jkuk555

違いますね。


[98]>50 カツ丼 jkuk555

もいいですよね。


[99]>27 これ jkuk555

本当ですか


[100]>11 はい jkuk555

参考にします


[101]>88 昨日 jkuk555

コオロギみました。


[102]>71 昨日 jkuk555

鈴虫みました。


[103]>55 同感 jkju777

同感です


[104]>98 やっぱり jkju777

海鮮丼でしょう。


[105]>35 同感 jkju777

ですね


[106]>23 北海道の jkju777

海鮮丼がいいですよ。


[107]>14 食用菊 jkju777

そうですか


[108]>60 気にしなくて jkju777

いいですよ


[109]>88 コオロギ jkju777

昔、飼ってた


[110]>15 ユニーク jkju777

ですね


[111]>98 ウナ丼 jkju777

ウナギのいいですね


[112]>26 読書の秋 jkju777

読書の秋です


[113]秋の虫を聴きながら出勤 mododemonandato

秋の虫は、大体夜に鳴くものだと思っていました。

しかし、朝方に出勤する時に、草むらから虫の声が聞こえました。

鈴虫や松虫の細く澄んだ声が、道にまで響いていました。

夜に鳴いているのと同じ音です。

徹夜で残業でしょうか(笑)

猛暑にもめげずに、秋の虫たちは元気なようです。

残暑で朝から暑い出勤も、虫の声を聞きながらだと、涼やかな気配がしてくるようです。

澄んだ虫の声は出勤のBGMとして最高な感じです。

さわやかな秋の朝が近づいてくるのが判るようです。


[114] 秋の虫に思うこと sumike

秋の虫に思うこと

朝夕の風が爽やかになり、秋の訪れを感じる今日この頃。

今日訪れた農業公園にはもうコスモスの花が一面に広がり、多くの人の目を楽しませていました。

一方で道端に目を向けると、ひっそりと小さな花を咲かせる、フジバカマ、イヌタデ、

ワレモコウ、ゲンノショウコ、エノコログサなどが。

花より虫に関心のある息子は、お気に入りの虫カゴをたすき掛けにして、草むらを駆け回って虫探しをしています。

すると、様々な虫の姿が…イナゴ、ショウリョウバッタ、カマキリ、殿様バッタ、秋茜、シオカラトンボに

鈴虫、カネタタキ、ウマオイ、マツムシ、コオロギ、キリギリスといった鳴き声が魅力的な虫達。

秋の野は、春の華やかな装いとは趣が異なり、素朴な草花や虫達の姿を見ることができます。

帰り道、車中でうたたねをしながらも息子が大事に抱えていた虫カゴの中には、

捕まえたらデジカメで写真を撮って放した虫達に代わり、ドングリを始めとする木の実や落ち葉、

変わった形の石や小枝がお土産に入っていました。

帰宅した名古屋の街中でも秋の虫の音はアチコチから聞こえるものです。

コオロギにスズムシ、そしてマツムシ、カネタタキのコンサート。

そうそう一口にコオロギといっても

・顔がえんま大王に似ているというエンマコオロギ(鳴き声はコロコロリー・コロコロリー)

・触覚が三本あるミツカドコオロギ(鳴き声はリ!リ!リ!リ!)

・昔からこの虫の音が「肩サセ、スソサセ、ヤブレサセ」と聴こえると言われ、そろそろ冬が来るので、

着物のほころびを直そうと思うという、ツズレサセコオロギなど(鳴き声はリィリィリィリィ)

と名古屋でもコオロギだけで数種類が生息しているんです。

初秋から晩秋にかけて、虫の音は同じ様に聴こえても虫達は、世代そして種類交代していきます。

息子は布団の中で眠りに落ちるまで虫の音を聴きつつ、今日教えてもらった秋の虫達の名をつぶやいていました。

夏の虫達とは異なる声や姿形に、自然の魅力を見つけたことでしょう。

この週末、私は息子と一緒に身近に在るちょっとした自然を感じ、また種の多様性の素晴らしさを楽しみました。

今年は何度も話題になっていますが国連が定めた国際生物多様性年、いよいよ来月わが街名古屋で、

生物多様性条約第10回締約国会議が10月18日から開催されます。

この地球には、確認されているだけでも175万を超える種類の生物がいますが、

毎日、一日で4種類の生物が絶滅していると言われています。

193もの国と地域から約8000人が集まって、よもやセミやコオロギの話が議題に上がるとは思えませんが、

もう少し他の生き物たちの暮らしを思いやり、自然とのかかわりを見直すことが出来たらと思います。

私達も皆が繋がって、自然と共存できる世界になれるように意識していきたいですね。

参考サイト

(鳴いているのはどんな虫?)

http://www.city.nagoya.jp/kurashi/seikatsu/seikatsu/seikatsueise...

(生物多様性条約第10回締約国会議(COP10))

http://www.env.go.jp/nature/info/cbd_cop10/index.html

http://www.city.nagoya.jp/_res/usr/29428/Kouhou-1009_Kyoutu_P02_...


[115]>93 秋の魚といえば、サビキで釣れるアジ、イワシ atomatom

海の近くに住んでいますので、子供でも釣れるサビキ釣りがうちの9月の恒例イベントですね。

もちろん7月8月でも釣れるのですが、なにしろ暑い。

それにアジ、イワシもまだ小さいんです。


小さいアジの方が南蛮漬けにしたときにおいしい、という意見もあります。

それもわかるのですが、やはり釣れたときの手ごたえ、充実感は大きいものを釣った時のほうがグッときます。

まあ大きいといっても10センチから15センチ程度のものなんですが。


さて、食べ方。

唐揚げ、塩焼き、タタキ。

どれもおいしいんですが、ぼくが一番好きなのは干物。

小ぶりのものは塩をしてそのまま頭も内臓も残したままの丸干しに。

3日間、日中はベランダに、夜になると室内に取り込んでからからになるまで干します。

保存性にも優れ、魚の旨みが凝縮されたような味を楽しめます。

あるいは魚を開いて内臓だけ取ったものを一夜干しに。

夜に干したものを翌朝の朝ごはんに焼いて食べる。香ばしくて柔らかい身が、これまた実にうまいのです。


干物作りも9月の落ち着いた日差しでないと、つまり気温が高すぎると魚を腐らせてしまって失敗することが多いようです。


[116]>115 さんま wwewqe

食べたい


[117]>104 親子丼 wwewqe

食べたい


[118]>102 鈴虫 wwewqe

コオロギ


[119]>26 読書 wwewqe

好きです。


[120]>45 同文 wwewqe

同文


[121]>28 聞いたこと wwewqe

ないです。


[122]>101 コオロギ wwewqe

鈴虫


[123]>96 エビ天 wwewqe

ですね。


[124]>113 残業とは面白い表現ですね。 atomatom

なるほど、そういわれてみれば、ぼくも朝の出勤時に虫の声を聞くことがあります。夜通し鳴いて、それでもまだ鳴き足らずに残業してるんですか(笑)

仕事熱心なことです。見習わねば。


秋の虫が頑張る一方で、この季節はセミやコガネムシの死骸もよく目にしますね。

夏を一生懸命生きて、その生涯を全うした夏の虫たちにもお疲れ様という気持ちになります。


[125]>124 ??? aszaa

???


[126]>124 秋の虫 gtore

そういえば、そろそろ秋の虫が鳴き始めていますね。

きのうの夜にも、どこからか秋の虫の声がきこえてきました。

秋の虫の鳴き声は、なんとも涼やかで心地いいですよね。

山のほうにいくと、多くの虫が一斉に鳴いているので、すこしうすさいくらいですけどね。


[127]>60 . hfgvbcv

へい



































































































































.



































































































.


[128]>117 w hfgvbcv

www


[129]>116 さんまさん hfgvbcv

おもしろい人だね


[130]>111 スタミナ hfgvbcv

つきます。


[131]>61 いいですね。 hfgvbcv

いいですね。


[132]>5 同じく hfgvbcv

そう思います。


[133]9月は《イエの森》ハイキング TomCat

まだ紅葉を見に行くには早い。でもどこかに出かけたい。そんな夏と秋の狭間の季節は、「イエの森」でハイキングです。「イエの森」、またの名を「住宅街」。家々が立ち並ぶ道を、散策して歩くんです。

家造りは、専門誌が何冊も出ているくらい面白いテーマです。また昔から、家造りは一生一度の道楽とも言われてきました。実際に建てられるかどうかは別として、家造りの情報を集め、理想の家屋とは何かを追い求めていくことは、最高に面白い趣味になります。

そんな「家造り趣味」の目で、家並みを、マチを眺めながら歩くんです。見慣れた住宅街も、初めて見る景色に目を輝かせる子供のように、あるいは画家や詩人がその創作意欲をかき立ててくれる題材を探すように心を躍らせながら歩くと、今まで見えなかった様々な物が見えてきます。

本物のハイキングには自然観察の楽しみがありますが、「イエの森」ハイキングにも、楽しい観察ポイントが山盛りです。家々を眺めてみましょう。あの家の外壁の素材は何? あの雨樋の形は初めて見るぞ、どこのメーカーだ?なんていう眺め方もあれば、門から玄関までのアプローチの様子、庭の使われ方、外観から予想できる間取りの様子などの環境作りに注目していく歩き方もあります。

あんまりジロジロ覗き込んでは失礼ですが、見れば見るほど、一つ一つのイエに、それは様々な発見が。郵便ポスト一つにしても、へえ?、こんなの初めて見た!!うちにもこんなの付けたいなあ、なんていう出会い、ありますよね。

また、季節は折しも芸術の秋。注文住宅が建ち並ぶ街並みは、さながら美術館や博物館。建築も芸術ですから、それぞれのイエ造りに込められたメッセージを読み取りながら歩くのは、本当に楽しいひとときです。

さて、今度は建て売りの立ち並ぶ分譲住宅地に足を運んでみましょう。こういう場所の見所はマチ作りの設計です。イエとマチとの調和。住む人が愛着と誇りを持って「○○に住んでいます」と言えるコンセプト。そんなのが見えてくるマチに出会うと、嬉しくなってしまいますね。それは、人の暮らしと自然の営みが調和する、里山の美しさにも似ています。

もちろん「イエの森」にも、色んな生き物との出会いがあります。犬や猫はもちろん、住宅街なのに思わぬ野鳥がいたりして驚かされることも。家々の草花や庭木を見て歩くのも楽しいですから、そんな見所も探しながら歩きます。そして、こんな風にマチを歩いている人が、わが家の庭の見所も発見してくれたらいいなあ、なんて想像しながら楽しみます。

公園でおべんと食べて、そこに訪れる人々の様子なども眺めて、色んな角度からマチの探検。子供の多いマチ、熟年のご夫婦が多いマチ、そこに住む人たちによって、街並みの雰囲気も大きく変わります。

色々回って見所たくさん。イエに帰って気が付いてみると、自分の暮らしを豊かにしてくれる知識のおみやげも一杯収穫できていると思います。注意点は、人様のお宅を熱心に眺めすぎて不審者だと思われないことだけ。皆さんも、こんなお手軽マチハイキング、いかがですか。楽しいですよ。


[134]月見の宴に衣かつぎ ekimusi

十五夜というと、何を思い浮かべますか?

お月見団子、ススキにお萩そして里芋…

こどもの頃、お月見団子が楽しみだった十五夜。

大人になるとそんな季節のイベントを忘れてしまいがちです。

十五夜は旧暦の八月十五日。

昔は七月が初秋・八月が中秋で九月が晩秋のため、九月の満月を十五夜とも中秋の名月と云いますが、

「里芋」を月見の膳に供えることから「芋名月」とも云われます。

我が家の風物詩として毎年、十五夜の頃には里芋を衣(きぬ)かつぎにしていただきます。

作り方は、よ?く洗った小ぶりの里芋の頭とおしりを少しずつ(1センチほど)切って、

竹串がす?っと軽く入るまで蒸します。

(耐熱容器に水を少々入れて、電子レンジで5?10分チンしてもOK、

ただレンジで加熱しすぎると硬くなりますので、様子を見ながら加熱してくださいね。)

蒸しあがったら、やけどをしないように粗熱をとってから

皮のところをキュッとつまむと、柔らかくなった中の、お芋がツルッととれます。

娘もコレが楽しくって、いつもいっぱい食べちゃいます♪

気持ちよいくらい見事に皮だけ剥けますよ。

味付けは粗塩をつけていただきます。

柔らかくて、もっちりして里芋本来の味を楽しめます。

ねっとりむっちり、深い味わい?もう止まりません。

塩だけのシンプルな味付けなのに、とっても美味。

先日も娘と夫と競い合うように食べました^^

生姜醤油もよく合います。

この「里芋の衣かつぎ」の「衣(きぬ)かつぎ」とは、

平安時代に、女性が頭と顔を隠すためにかけていた布が、するっと取れて

白い肌が現れる様子に似ているところからつけられた名前だそうです。

昔の方は里芋料理に素敵な名前をつけたものですね?

十五夜には月見団子と衣かつぎを月見台にお供えします。

月見台とはお月見をする場所のこと。

ベランダやお庭に小さなテーブルを置いて、お供え物を飾れば月見台の出来上がり。

出窓や縁側の上などにしつらえてもいいでしょう。

イエから月を眺められる場所、そこがそのイエの月見台になります。

我が家の月見台は和室の出窓です。

お供えの月見団子は、下から九個、四個、二個で十五個を並べます。

衣かつぎは家族の人数分だけで、あとは食卓に・・・。

さぁイエでお月見を楽しみましょう♪

窓際に食卓を移動し、満月やお供えものを眺めながら食事や大人は月見酒で晩酌w、

そして月の話を語らえば、普段の夕食が月見の宴へと変わります。

満月は毎月のようにありますが、九月は一番空気が澄み特に月が美しく見えます。

今年も十五夜に家族で衣かつぎを頬張りつつ、月を愛でる風情を楽しみたいものです。


[135]虫の声を聞きながらワインを楽しむ Fuel

秋は人を詩人にする、なんていう言葉を聞いたことがありますが、秋は人をグルメにもしますね。そんな秋にぴったりのお酒といえば、私はワインではないかと思っています。中でもこれからの季節にお勧めしたいのは、日本で作られる甲州ワイン。漫画「美味しんぼ」でも取り上げられていましたが、これが唯一、和食にも合うワインなんです。


それはなぜか。秘密は有機酸の含有量の違いなんですね。海原雄山をして「細身で華奢だが芯に力がある」と言わしめた甲州ワインの有機酸組成は、味噌醤油の発酵調味料と豊富な魚介類を特徴とした日本食の味わいとぶつかり合わないんです。だから、秋のおいしい物と合わせての楽しみが色々。


かつて、甲州ぶどうによって作られるワインは、この有機酸組成の違いによる味わいの物足りなさ、また甲州特有の渋み・苦みが敬遠され、それを甘さによってごまかしてきたフシがありました。でも今の甲州ワインは違います。この国で千年以上の栽培の歴史がある甲州ぶどうを、シャルドネ、カベルネ、メルローといった外国からやって来た醸造専用種に負けさせてなるものかと、栽培方法から検討・改善を重ねて磨き上げられた甲州ぶどうのワインは、今や世界のワインと肩を並べられるものになっていると思います。


こんな日本のワインで、日本のおいしい物。今の季節ならまだまだ窓を開け放して、夕涼み気分で楽しむことができますね。すると聞こえてくる虫の声。風流じゃございませんか。


ちなみに、ギリシア神話に登場するディオニュソスは、豊穣とワインの神。あちらの方では、豊かな実りの象徴はワインなんですね。日本もそろそろ実りの秋。その実りの豊かさに感謝を捧げる意味でも、秋のおいしい日本の食に日本のワインというのは、なかなか意義深いものがあると思います。


また夜遅くに独り窓辺にたたずんで、ゆっくりとワインを楽しむのもオツなものだと思います。中秋の名月をワインとともに楽しむなんていうのもいいですね。ワイングラスを透かした月の光もきれいです。


なお、秋の夜長を楽しみたいなら、早々に酔ってしまうような飲み方をしたら、すぐに眠くなってしまってもったいないですね。せっかくの秋の夜。この季節はぜひゆっくりと、味と香りと風情を楽しむお酒の飲み方をしてください。そんな飲み方にワインは最適です。香り高いワインと一緒に虫の声を楽しむ夜はきっと、これから迎える実りの秋にふさわしい、豊かなひとときになってくれるものと思います。


[136]重陽の節句のハレのごはん TinkerBell

重陽の節句は菊の節句とともに「栗の節句」とも言われてきたそうです。

そこで、栗と菊を使って、重陽の節句を祝うメニューを作ってみました。


◆おしながき

・栗入りお赤飯

・菊のお吸い物

・焼きさんまの和え物

・新蓮根と人参の紅白の煮物

・春菊のサラダ


栗入りお赤飯は、

・もち米 2合半

・普通のお米 半合

・ささげ 1/4合

・市販品の甘栗 適宜

これで3?4人前ですね。


まず、ささげは前日から水に浸して一晩置きます。

翌日は、まず普通のお米をといでザルに上げるところからはじめます。

続いて鍋にささげを入れ、豆が浸かるくらいの水を入れて火にかけ、一煮立ちさせたら一度お湯を切ります。渋切りですね。ささげは小豆と違って渋切り不要という人もいるようですが、私はした方がいいと思います。

再び新しい水1合を注いで、沸騰したら弱火に落としてコトコト約20分。一粒取り出してみて、指で軽く潰れるようになれば煮上がりです。


この間に栗の準備をしましょう。

栗はごく簡単に、入手しやすい甘栗です。

皮をむいて、4つ割りくらいにしておきます。


さて、ささげが煮上がりました。いよいよ炊きます。炊く器具は、今回は簡単に炊飯器。

だからもち米100%ではなく、普通のお米もちょっと混ぜているんです。

なお、普通のお米は普通に炊飯30分前に洗米してザルに上げておく。

もち米は炊く寸前に洗米。浸水時間を取らない。

この方法、どこで見たのか忘れてしまいましたが、炊飯器でお赤飯を炊く場合は、こういうふうにすると食感の良い炊きあがりになるようです。

この方法を編み出された方に感謝いたしますね。


もち米をとぎ、ザルに上げておいた普通のお米とともに炊飯器に入れて均一に混ぜます。

そこにささげの煮汁を注ぎ、さらに水を足して、今回はお米が合計3合ですから、炊飯器のおこわモードの3合の線を目安に水加減。

そしてお米の上に煮たささげと刻んだ甘栗を平均的にばらまいて乗せます。炊き込みご飯と同じで、ささげや栗はお米の上に乗せて炊くわけですね。混ぜ合わせるのは炊き上がってから。

蓋を閉めて、おこわモードでスイッチオン。あとは炊きあがりを待つばかり。


菊のお吸い物は、

・お刺身に付いているような食用菊の花 人数分

・春菊 適宜 長さ3cmほどに切っておきます

・手鞠麩

で作ってみました。

鍋に出し汁を張り、沸騰させて春菊と手鞠麩を入れ、塩と醤油で味を調えて椀によそって、各お椀に一つずつ菊の花を泳がせます。


焼きさんまの和え物は、今回こちらのレシピを見つけて採用したもの。

旬のさんまに、秋を思わせるキノコと菊の花を使ったレシピに、これだ!と膝を打ちました。

http://allabout.co.jp/gm/gc/5903/


新蓮根と人参の紅白の煮物は、新蓮根と人参をそれぞれ別々の鍋で煮含めてから、一つの鉢に盛り合わせた物。

煮汁は、おだしに薄口醤油と酒、味醂、塩で調味した物を使いました。

これはごくベーシックな煮物ですので、作り方は省略します。

でも、蓮根と人参の紅白がとってもおめでたくていい感じなんですよ。

こういう煮物は、ハレの日の食卓に欠かせません。


春菊のサラダは、葉と茎を別々にして作ります。

葉を取った茎は、お湯でサッと茹でて柔らかくなったら冷水に。水気をよく切って、食べやすい長さにします。

葉の方は生のままで使います。

ボウルに茹でた茎と生の葉を入れ、胡麻油をたらします。量は、からめて全体に行き渡るくらい。

続いて胡麻油とほぼ同量の醤油と酢、白か金の胡麻を切り胡麻にしたものを適宜ふりかけてよく和えます。

器に盛って、上から削り節をかけてできあがり。

おひたしみたいだけど、生の葉を使っているところがポイントです。


以上が、わが家の重陽の節句のハレごはんでした。

今年の新暦の重陽の節句はもう過ぎてしまいましたが、旧暦でお祝いしたい方はぜひ参考にしてくださいね。

来月なら甘栗ではなく、生の栗が使えると思います。

生の栗がいっぱいあったら、栗だけできんとんを作って、それをこんな形にまとめると、すてきな菊花の形の和菓子も作れそうです。

http://blogs.yahoo.co.jp/funaatm09/9827881.html

皆さんもぜひ、重陽の節句をいつもと違う「ハレの日」にするメニューで食卓を彩って、健康長寿を願い合ってくださいね。


[137]9月の風物詩は「稲刈りを見に行く」 watena

稲刈りは、二期作が出来る沖縄では一期目の刈り取りが6月から始まるそうですが、その他のほとんどの地域では9月の声を聞いてからがスタートです。品種によっても異なりますが、だいたい例年、関東では千葉から始まって、次いで茨木、そのあと埼玉、栃木と刈り取りが進んで行くようです。そして10月の声が聞こえ始める頃に、東京や神奈川の稲刈りが本格化します。どこに見に行くかは休みの都合次第になりますが、毎年どこかに行って稲を刈る様子を眺めさせてもらう。これが私の秋の風物詩です。

この稲刈りが本当に見ていて飽きないのです。今の稲刈りは機械化されていて、たいていコンバインで刈り取り、コンバインの中で脱穀まで済ませてしまうことが多いですが、それでも本当に見ていて飽きません。

稲作地帯はだいたいが周囲の自然に恵まれていますから、スズメやカラスがたくさんいます。そういう鳥たちも私と一緒に、稲刈りの様子を遠巻きに眺めています。コンバインが動いている時は眺めているだけですが、休憩でコンバインが止まったり、貯まった籾を軽トラに移す作業をするためにコンバインが畦の方に寄っていったりすると、一斉にサーッと田んぼ目がけて飛んでいき、落ちた米粒をついばみ始めるのです。作業している人も、落ちた粒までは拾いませんから、我関せず。人と鳥たちの楽しい共存風景が見られます。

また、首都圏の田んぼではほとんど見られなくなっているようですが、米の自然乾燥法である稲架掛け(はさかけ・またの名を稲木干し)をやっている田んぼに出会えると、さらに刈り取った稲を束ねる作業まで見られます。

稲架掛けには、稲を束ねる作業が必要です。もしかしたら束ねる機械もあるのかもしれませんが、私は手作業しか見たことがありません。これが素晴らしい名人芸なのです。刈り取られた稲をわしっと掴み、根元際に稲藁を数本絡めてクルクルっと回すと、もうほどけない、しっかりとした稲束が出来上がっています。その手際たるや、まるで魔法か手品みたい。あの技は、私がもし大臣ならば、重要無形文化財に指定したいほどの素晴らしさです。私もお願いして教えてもらいましたが、満足に束ねることが出来るようになる前に、手が腱鞘炎になるかと思うほど疲労してしまいました。

機械と火力に頼らず、卓越した技術による手作業と自然のお日様と風によって乾燥される稲架掛け米は、少々値段が高くても、食べる価値があります。機械乾燥の方が仕上がりが均一で品質が高いという声もあるようですが、本当の稲作農民は、昔ながらの技術と知恵で、最高の仕上がりに乾燥させられる腕を持っています。ですから、私は稲架掛け米に軍配を上げたいと思います。

最後に、稲刈りを見に行きたい人のためのマナーについて。車については、農道には乗り入れない方がいいと思います。農道は一般道と違って農耕車が優先の道路ですし、道幅が狭い場合は、不用意に車を乗り入れると、大変な邪魔になってしまうことがあります。また、見慣れない車が長時間同じ所に車を止めてあると、地元の方に不審者かと思われかねません。車で行く場合は農地から離れた所に駐車できる場所を探し、そこから徒歩で向かいましょう。

見学の態度も、作業している人に失礼の無いようにしたいものです。いちいち見学したいのですがいいですかと声を掛けるのもかえって作業の邪魔になってしまいますが、目が合ったら頭を下げるくらいの気持ちは必要だと思います。

また、写真は無闇に撮らないこと。ブログに載せたいなどの気持ちはあるかもしれませんが、人には肖像権というものがありますから、許可無くカメラを向けてはいけません。

そういったことに気を付けて失礼の無いように見学できるならば、家族連れで田んぼを訪れてみるのもいいですね。特にお子さんには、得難い経験と、心に残る思い出になることでしょう。稲作地帯には、秋をたっぷり感じさせてくれる景色がいっぱいです。皆さんも一度、稲作の現場を見に行ってみてください。後日食べる新米の美味しさもひとしおです。


[138]>133 イエウォッチング atomatom

人様のイエ、見て歩くの楽しいですね。

また建設中のイエの出来上がっていく様を観察するのだって楽しい。自分のイエでもないのに工程が進むとなんだか嬉しいんです。

それから表札ウォッチング。

珍しいお名前とか見つけるとテンション上がったり、「この名前とこのイエはなんだかマッチしない」と自分で勝手に評論したり。

暑さが落ち着いて町歩きが楽しくなってきた季節の遊びですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ