人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【物理】ファインマンが『ご冗談でしょう、ファインマンさん』で示しているように、「物理の原理を、公式のように暗記するのでなく、身近なものの例をひき、実感をもって理解する」ことができる本はないでしょうか。たとえば「砂糖の結晶をかなづちで叩くと青白い火花が散る」など、教科書では味わえないリアルさと面白さがありましたが、そういうことです。学術書よりも一般向けの読み物のほうがベターですが、教科書的なものでも構いません。子ども向けでも構いません。分野は絞りすぎていないほうがいいです(たとえば「たのしい量子論」的なものでなく「物理はほんとは面白い」みたいな本)。例は卑近だけど内容は高校大学レベル、というのがベストです。よろしくお願いします

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:のし ファインマン ベスト ベター リアル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tasklight
●60ポイント

マンガ 物理に強くなる (ブルーバックス)

マンガ 物理に強くなる (ブルーバックス)

  • 作者: 関口 知彦 (原作)
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

やすやすと野球のボールを投げる、そして打つ、捕ることができるのは、すでに力学の原理を体が覚えているから。計算だらけで難しい?という思いこみをやめ、野球部のエースで4番のデンチュー君といっしょに、楽しく力学を学ぼう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ