人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

どうしてATのバイクはスクータータイプしかないのでしょうか?
需要の問題ですか?それとも機構的にスポーツタイプにATを載せるのは難しいのでしょうか?

●質問者: ぬーぼー
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:AT スクーター スポーツ タイプ バイク
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● うるるん
●20ポイント

ホンダからDN-01というスポーツタイプのオートマチックバイクが発売されていますね。

http://www.honda.co.jp/news/2005/2051019.html

http://www.honda.co.jp/DN-01/

ただ「世界初」と書かれているように、極めて限定的なのも事実で、何故オートマチックがスポーツタイプのバイクに採用されていないのかは、ちょっとわからないですね。

構造的な問題というよりデザインから来るイメージのような気はしますが・・・

◎質問者からの返答

なるほど、世界初が出ているのですね。ありがとうございます。


引き続き、機構的な問題があるのか無いのかご存じの方お待ちしております。


2 ● ritiumu3
●20ポイント

スクーターの起源が立ち乗りスクーターだったり、当初女性がターゲットだった乗り物であったことから、オートマチックトランスミッション(AT)のような操作容易な機構がスクーターに採用されていると考えられます。ATをスポーツタイプのオートバイクに搭載することは、恐らく技術的には、可能でしょうが、性能がマニュアルによる変速機操作に敵わないことと、モータースポーツとしての面白さからくるものと考えられます。

ATは、オートマチックトランスミッションの名の通り、自動的な変速機で、トルクコンバータと呼ばれる装置で、変速動作はどうしても緩慢な動きをします。

冗談ですが、私などATしか乗り慣れない下手なライダーは、マニュアルトランスミッションでエンジンストライキをするので、結果的に非常に遅くしか走れません。(笑)


3 ● seble
●20ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B...

ずいぶん古いですが、ホーク2にオートマチック仕様がありました。

乗った事はないですが、、、

知りませんでしたが、それより前にCB750のAT版があるようです。

世界初てのは単なるロックアップ機構だけの事ですね。

他にスクータータイプとカブ以外でノークラ、オートマチックというのは記憶にないですが、輸入車まで含めて探せばもう少しあると思います。

ハーレーとかブラジルの1300ccのやつとか変わり種はあるかと、、

http://www.hobidas.com/news/article/5690.html

(ATではないがノークラ)

http://honda-motor-co.blog.so-net.ne.jp/2010-02-18

微妙だけど、、

◎質問者からの返答

ATのスポーツタイプがない(少ない)理由を聞いているのであって、

そのような車種を紹介して欲しいわけではありません。

理由と絡めて紹介するのはありですが、理由が全く書かれていないので

求めている回答から外れています。


4 ● kimudon
●20ポイント

http://www.honda.co.jp/VFR1200F/equip/dct/index.html

http://www.presto-corp.jp/lineups/09_fjr1300as/index.php

構造的な問題はクリア出来ているでしょう。(セミATも含まれていますが)


http://bikelife.nifty.com/cs/impression/detail/080710020546/1.ht...

sebleさんのコメントに近いコンセプトを具現化した製品です。


http://www.asahi.com/business/topics/economy/TKY201002050616.htm...

二輪車の需要が少なくなっている事が影響されていると思われます。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~casa/g-tokusyuu-0009.htm

10年前の考察ですが、現状はもっとシビアになっていると思われます。


コメントにある様にスポーツタイプのオートバイは(排気量の如何に関わらず)

趣味性の高い乗り物です。ギアのシフトも、その内の一つと思われます。


5 ● etoeto
●20ポイント

個人的な見解ですが、スーパースポーツ系でフルバンクして曲がっているときに、バイクが勝手にギヤチェンジしたら、トラクションが抜けて転んでしまいそう・・・というのが理由のひとつかなぁと。

これに対するソリューションのひとつが VFR1200F のデュアルクラッチで、クラッチ操作は無いけど、ギヤは自分で選べるので、リスクが減るということかと。

http://www.honda.co.jp/VFR1200F/equip/

ロードスポーツの世界でも、AT という概念では無いですが、クラッチ操作に対するタイムロスを嫌う傾向があって、シフトアップした瞬間に点火系をカットして、クラッチを操作しなくてもギヤチェンジできるようにしていたりしますよね。

(普通のロードバイクでも、アクセル開閉でノークラッチでギヤチェンジできますが、アクセルを戻す分遅れますね。)

そういう意味ではスピードを追求し始めると、クラッチ操作はタイムロスにつながることもあり、クラッチ操作の無い方向へ進んでいくかもしれません。

ただ、ギヤ選択だけは、メカニカルにしろ電子的にしろ、ライダーが意図的に選択できる機構が必要かなぁと思います。

後は、こういった機構を積んで、重量がどれだけ増えるかですね。

30kg 増えるようなら、スーパースポーツは名乗れなくなってしまいますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ