人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

隠し銀山といいますが、誰が、何のために、誰から隠す場合などが多いんでしょうか。つまりそもそも隠し銀山とはなんなんでしょうか?

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:経済・金融・保険 芸術・文化・歴史
✍キーワード:銀山
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●60ポイント ベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E9%AD%81%E6%B7%B5

戦国時代で各武将が争っていましたから、重要な軍資金の一つである銀山や金山を他の武将に知られるのはマズイわけです。

金山があったりするのはたいてい山奥で、城などを構築するのは難しいし、常駐も人員の問題などから難しいだろうし、知られていなければ大きな兵力を配置する必要もない訳です。

今みたいに飛行機や人工衛星で偵察される事はありませんから、大勢が出入りしているのを見られたりしなければ隠せるわけです。

必要な時だけ採掘して軍資金にする、あくまで手掘りなので大がかりな設備などは必要ありません。

特に武田信玄は隠すのが好きだったようで、今でも隠された鉱脈を探している人がいたり、、、

(花魁淵には何もありません)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ