人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

眠っているときの呼吸は、なぜ長く深いのでしょうか。
起きぬけでは、しばらくこの呼吸をしていますが、深く鼻で吸ったり吐いたりできています。
が、日中はなかなか再現できません。
これが再現できたら体にいいような気がします。

●なぜ睡眠中と起きている時では違うのか
●あのペースで日中を過ごすことは良いことなのか

ご存知の方、ご説明下さるとうれしいです。

●質問者: cleanmyheart
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:睡眠
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/2件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●60ポイント

眠っている間は必要カロリーが基礎代謝のみとなるので、あの呼吸が最も適しています。

おきている間には、深部体温も上がりますし、代謝が活発になるのであの呼吸だけでは過ごすことが出来ません。

激しい運度を行っている最中には、普段より激しく呼吸していると思いますが、それは、より酸素量が必要になっているからです。

必要とする酸素量に応じて、呼吸方法を変えて対応していると考えるのが良いです。

就寝時⇒日中低負荷時⇒運動時


マラソン選手のように、激しい運動をしていても、呼吸が乱れないようなトレーニングを積むと、日中でも深く長い呼吸で過ごせるような体になっていきます。

http://q.hatena.ne.jp/



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ