人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電子はマイナスからプラスに流れるけど、電気はプラスからマイナスに流れる、とはどういうことですか? 特に後段、電気がプラスからマイナスに、がなにをさしてるのかがわかりません。電子の動きではないのだろうと推測はしていますが。手元の入門書ではこれがなぜ矛盾とならないのかがきちんと説明されておらず。。。よろしくおねがいします。


●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:プラス マイナス 電子 電気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/5件

▽最新の回答へ

1 ● gday
●23ポイント

歴史的にそう決まったというのが理由です。

ベンジャミン・フランクリンが最初に電気の流れ(電流)を定義した時に決めた時にはまだ電子は発見されていませんでした。

プラスからマイナスにたまたま決めた向きに対して、電子が発見された時にその定義から考えて電子はマイナスを帯びた粒子と定義されることになったのです。

もし、最初の電流の向きの定義が反対になっていれば電子はプラスを帯びた粒子でプラスからマイナスに流れるということになっていたはずです。

http://sci.la.coocan.jp/fchem/log/rika/9943.html


半導体の世界では半導体内部に電子が本来あるべきところに無く一種の空洞になった状態のことを「正の電気を帯びたようにみえる孔」という意味で「正孔」という概念があります。

電子が動くと電子の抜けた穴(正孔)は電子の動く方向と反対方向に動いて見えます。

http://moondial0.net/archives/www12.plala.or.jp/ksp/solid/hole/i...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● seble
●23ポイント

電気が発見、発明された当初は電子などという存在は未知で適当に+と-を決めました。

http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k1dennki/10denki.htm

一応、+から-へ電気が流れるのだろう、という事にしたのですが、、、

後々の電子の発見や解明で、実際には-から+へ流れている事が分かりましたが後の祭り。

その頃にはそれなりに電気製品もあり、+と-を逆転させる事ができるような状況ではなかったのです。

という事で、建前として電気は+から-へ流れる、しかし、実際の電子の流れは-からだよん、てな事になってます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● ko8820
●22ポイント

電流を定義したときは、電流の正体がわからず現象だけで定義したからです。

電流計があれば、電気の流れは検出できます。

あとから、電子の流れであることがわかっただけですよ。

電子が-から+に流れると

電流が+から-に流れるということです。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● suppadv
●22ポイント ベストアンサー

科学が進んでいない時代に、電気はプラスからマイナスに流れると決めてしまったからです。

その時代には、マイナスのものが存在して、それが流れるという考えよりも、プラスのものがマイナスに引かれて進むという考え方が、一般的でした。


電子というものが解明できていない時代に、電流について決めてしまったためというのが原因です。


その辺りのことについて、同じような質問がありましたので、参考まで。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2619089.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ