人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ニュートンは天体の軌道が楕円、双曲線、放物線にわかれることを示したそうですが、双曲線、放物線のイメージがわきません。放物線はまんまボールを放ったときの軌道、つまり同じところには戻ってこない、という理解で大丈夫ですか? もっと厄介な双曲線ですが、これは、なんというか、本当にそんなことがあるんですか? 2つの天体が線対称的に山を描くように「線」に近づき、線に触れる前にまた山を降りるような動きをする、ということ?ですよね? 普通に考えると、線に近づくほど相互の引力が強まって線上付近でぶつかるんじゃないかと思えるんですが。できれば図解希望ですが、なければ文章でもかまいません。よろしくお願いします。

●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:にわか イメージ ニュートン ボール 大丈夫
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ootatmt
●35ポイント

双曲線軌道はこんな感じです。

http://www.f-space.co.jp/~m-kudou/kudohmichiko/elem1.htm

惑星に引っ張られて太陽に向かってくる彗星が描く軌道です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● tasklight
●35ポイント ベストアンサー

放物線はまんまボールを放ったときの軌道、つまり同じところには戻ってこない、という理解で大丈夫ですか?

その通りです。


放物線軌道が大惑星(木星や土星)によって加速されると双曲線軌道になります。

http://www.f-space.co.jp/~m-kudou/kudohmichiko/img/parab1.gif


参考:軌道要素の解説

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ