人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

層化二段無作為抽出法について、行政単位と地域によって県内をブロックごとに分類し( 層化)、各層に調査地点を人口に応じて比例配分し、国勢調査における調査区域及び住民基本台帳を利用して( 二段)、各地点ごとに一定数のサンプル抽出を行うものである。
という定義がインターネット上にありましたが、調査機関などは住民基本台帳からサンプリングする際に同一世帯から複数人が抽出しないように配慮しているのでしょうか。

●質問者: hatallica
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:インターネット サンプリング ブロック 世帯 人口
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●35ポイント

住民票コードを住民基本台帳番号と付け合わせてチェックしています。


2 ● ko8820
●35ポイント

http://knowledge.livedoor.com/1421

世帯調査なら、同一世帯かどうかは考慮してますよ。

世帯じゃなければ、同一世帯かどうかを考えにいれては調査になりませんから

そんなのは関係ないです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

具体的な話になりますが、下記の場合の調査においては、同一世帯かを考慮するか判断できるものでしょうか。

全国の政令指定都市に居住している20?50歳の男女

?サンプル数:3,000人(男女各1,500人)

?地点数:150地点

※地点により年齢と性別の配分があります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ