人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「電池の電気はプラスからマイナスに流れる」とは、なにが流れているんですか? 電子はマイナスからプラスですよね? 電子とすれ違うかたちで実際なにかが流れています?


●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:プラス マイナス 電子 電気
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● deflation
●20ポイント

>電子とすれ違うかたちで実際なにかが流れています?

流れていません。


直流はプラスからマイナスに流れるというのは電子が発見される前の話で、便宜上、今日でもプラスからマイナスに流れるという表現を使っています。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E6%B5%81

◎質問者からの返答

ありがとうございます。アンペールの右ねじの法則、フレミングの法則などを考えるときには、この架空の「+から-」を適用すればいいんでしょうか?


2 ● garyo
●20ポイント

>「電池の電気はプラスからマイナスに流れる」

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013580...

大昔に電気にプラスとマイナスがあることがわかったときに、プラスとマイナスを決めたのです。その後、実際の電気の流れはマイナスからプラスに流れることがわかったのですが、世の中の全てのプラスとマイナスを反転させると混乱するからという理由でそのままになっています。

電池の電気は「マイナスの電荷を持った電子」が「マイナスからプラスへ」流れているのが正しいです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● きょくせん
●20ポイント

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/denshi2.html

流れているのは仰るとおり『電子』で、マイナスからプラス方向へと流れています。

http://www.ijinten.com/contents/ijin/ampere.htm

右ねじの法則を決めるためには、電流の方向を決める必要がある。 電流の向きを知る術がない時代にあって、「陽電気が流れる方向を電流の方向とし、磁針の振れによって決定する」とした。 したがって、現在の電流の向きがプラスからマイナスに流れるとされているのは、このアンペールの論文に由来している。

ただ、電流と言う概念を持ち出す必要が生じた時(右ネジの法則が成立した時)、電子はプラスに荷電している(陽電子)という仮説のもとに電流は『プラスからマイナスへ』と設定されたまま、それが電磁気学の基礎となったものですから、その後電流とはマイナスに荷電した『電子』がマイナスからプラス方向へと流れている事がわかった後も電流は『プラスからマイナスへ』という概念が保存され現在に至る訳です。

科学の世界ですとこういう事はままある事で、例えば『インフルエンザ菌』という細菌がいるのですが、これはインフルエンザがウイルス性疾患だと突き止められる以前にインフルエンザの原因菌として発表された細菌で、インフルエンザウイルス発見後もそのままの名前で、時々勘違いされる事があるくらいです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● rsc
●20ポイント

こちらは参考になるでしょうか。プラスからマイナスには何も流れていないのではないでしょうか。後で間違いが分かったけど、定義的なものを変えると混乱するので訂正できなかっただけでしょう。(^_^;

●電流の正体

※電流の研究が始まったころ、電流は「+の電気をおびた粒子の流れ」だと思われていました。

電流の正体が電子(?の電気をおびた粒子)の流れだということが発見されても、それまでの電気の法則を活用するために、今でも電流は+→?ということにしているのですね。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/denshi2.html

※参考URL

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476143...

http://www.snowman.ne.jp/hochan/denkianzen/kisochshki/yasashiide...

●NHK高校講座 | 物理 | 第8回 第1編 電気 電気の技術と半導体 ←13:35?14:50頃

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/butsuri/archive/chapter008.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● hathi
●20ポイント

(電池のプラス極)と(電池のマイナス極)との間に【(導線)か(電気を通す電気製品)】を繋い場合に、【(導線)か(電気を通す電気製品)】の中を通過するものは、電子だけです。

電子とすれ違いで何かの物質が流れることはありません。

電流の正体 【マイナスの電子の流れ】

電子(マイナスの電荷)が電流と思って良いと思います。

電流の方向=電子(マイナスの電荷)が流れていく方向と反対のもの

電流の流れる方向は、マイナスの電荷の流れる方向とは逆向きです。

電流の場合は通常マイナスの電子が流れるので、【マイナスの電荷が移動するのとは逆の方向】に電流が流れるといいます。

電流の流れる方向に何かの粒子が流れていくことはありません。

http://okwave.jp/qa/q2619089.html

????????????????????????????????

電池と負荷(電池の外側に繋ぐもの)と電子の移動との関係は既にご存じのようですね。

このサイトのアニメーションは、電池を理解するのにもとても良いと私は思いました。

http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/battery/cellgen.htm

????????????????????????????????

電子(マイナスの電荷)が電流と思って良いと思います。

マイナスイオン(電池の中や電解液などの中にあるマイナスの電荷を持ったもの)も同じです。

半導体の場合(プラスの電荷=マイナスの電子が抜けてしまった結果プラスになった穴)の位置が移動することも電流と同じですが、そういうことは忘れていても問題ないと思います。 http://moondial0.net/archives/www12.plala.or.jp/ksp/solid/hole/i...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。(「電子」でなく)「電流」については、マイナスからプラス、プラスからマイナス、文脈により両方使われています?よね? かなり面倒でしたがようやく腑に落ちてきました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ