人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オリンピックにかかる費用についてお尋ねします。
これまでの5回くらいの大会で、その各回の当初の予定総事業費、開催地の予定負担額、
さらに大会終了後の総負担額と開催地の実質負担額はどのくらいだったのでしょうか。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:オリンピック 大会 費用
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● miharaseihyou
●100ポイント

http://kasakoblog.exblog.jp/11790567/

http://d.hatena.ne.jp/milkbottle/20080808

http://homepage3.nifty.com/misha/tokyo_2016.html

http://mediasabor.jp/2007/02/qa.html

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/marketing/article/140

最低でも数千億円の直接費用と残された施設の管理維持に年間で百億円単位の出費は覚悟ですね。

それ以前の招致活動費にも百億円単位の費用が掛かっている。

北京など4兆円以上。

当時の中国は、かつての東京オリンピック当時の日本と同じで、オリンピックを機会にインフラの整備を進める目的もあったようですが、それにしても国威高揚の目的がなければ支払えなかった費用ですね。

テレビの放映権料などである程度穴埋めしたようだけど、全てを賄うのは無理だったようです。

当時はまだ景気が良かったので放映権料も高価だった。

現在の不況下ではスポンサー収入も過去のようには行かない事が予想されているので持ち出しが増えるのは確実です。

最悪のケースはギリシャですね。

金融危機の引き金になってしまったようです。

どうしても経済的見地からすれば借金が増えるだけの結果になっているようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。あまり関心なかったことでしたが、随分とお金がかかるのですね。

これでも遣りたいという人がいるというのも不思議。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ