人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一般財団法人の税務について教えてください。

一般社団法人の場合、「非営利型一般社団法人、共益活動型一般社団法人」と「上記以外の一般社団法人」に分かれ、前者の場合には、収益事業にのみ課税され、寄付金や会費収入等の共益事業に対しては非課税となり、税務上のメリットが大く後者の場合には全所得課税となり、株式会社等の営利法人と何ら変わらない課税方式を採用されるそうですが、

一般財団法人の場合も、一般社団法人と同様に2つのグループに分かれるのでしょうか。

●質問者: investorschoice
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:にの グループ メリット 一般社団法人 一般財団法人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● mare_caldo
●35ポイント

一般財団法人と一般社団法人は、同じ様に規定されています。


非営利法人に対する課税の取扱い:財務省

◎質問者からの返答

大変分かり易いURLをご紹介いただきありがとうございます。疑問、解決致しました。


2 ● sibazyun
●35ポイント

https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/common/index.do?conte...

で閲覧できます。

◎質問者からの返答

一般社団法人、一般財団法人の税務上の差はなさそうですね。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ