人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

システム開発において、要件定義?総合テストすべてに関して、生産性は1.5ks/人月という見積を頂きました。
この考え方ってどう言う理解をすれば良いか教えて下さい。

(例、3万ステップの規模の工程別工数ってどうなるんでしょうか?)
30ks ÷ 1.5ks/人月 = 20人月

?要件定義:20人月
?基本設計:20人月
?詳細設計:20人月
?実装 :20人月
?結合/総合テスト:20人月

という考えでいいのでしょうか?
でも、これだと各工程の配分率がすべて20%となり一般的な統計とは食い違いがでてきます。

そこで、統計の配分率が
?要件:10.1%
?基本:14.5%
?詳細:15.6%
?実装:33.3%
?結合/総合テスト:26.5%

とした場合は、上記100人月であれば

?要件:10.1% → 10.1人月
?基本:14.5% → 14.5人月
?詳細:15.6% → 15.6人月
?実装:33.3% → 33.3人月
?結合/総合テスト:26.5% → 26.5人月

という、見積が正しいということでしょうか?
頭ごちゃごちゃになりました。
どなたか教えて下さい???


●質問者: yoshi0910
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:100人 ちゃご システム ステップ テスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● なかでち
●20ポイント

『要件定義?総合テストすべてに関して』という部分が気になります。

通常は、要件定義?総合テストを平均した生産性を提示するものと思います。


そういう意味であるか、見積を出した業者に確認してみることをお勧めします。

あるいは、各工程ごとの生産性もあわせて提示してもらうのも良いかもしれません。


各工程で必要な工数が等しいことは、通常あり得ないと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

もう少し具体的な見積書を出して貰います。

生産性も提示してもらうのはいいですね。

参考になりました。


2 ● suppadv
●20ポイント

ステップ数はトータルで考えるのが普通のようなので、工程をあわせて、100人月になる場合は、

?要件:10.1% → 10.1人月

?基本:14.5% → 14.5人月

?詳細:15.6% → 15.6人月

?実装:33.3% → 33.3人月

?結合/総合テスト:26.5% → 26.5人月

これで、OKです。



仮に、ステップ数を割り振るとすれば、

???までを足して、トータルのステップ数にあうように割り振るということになります。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

スッキリしました。

ステップ数の割り振りも参考になりました。


3 ● tasklight
●20ポイント

?要件定義:20人月

?基本設計:20人月

?詳細設計:20人月

?実装 :20人月

?結合/総合テスト:20人月

質問文を拝見する限り、上記で見積が出ているのでしょう。


しかし、質問者様が疑問に感じられている通り、すべての開発工程が同じ生産性で見積もられることはあり得ません。

もう一度見積を取り直した方がよろしいかと存じます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

再提示してもらいます。


4 ● hanako393
●20ポイント ベストアンサー

その書き方では、全工程で20人月かかりますという風にしか取れませんね。

|3万ステップの規模の工程別工数ってどうなるんでしょうか?

全工程で、20人月

これを、各工程別に配分されるということだと思います。

?要件:10.1% → 2.02人月

?基本:14.5% → 2.9人月

?詳細:15.6% → 3.12人月

?実装:33.3% → 6.66人月

?結合/総合テスト:26.5% →5.3人月

計20人月



実装(コーディング+単体テスト)の生産性で1500ステップ/人月ということは

ありえないというか、生産性が低すぎるので、

各工程が20人月とかいう考え自体がおかしいです。

あと、どの工程も一律同じ生産性とするのは無理です。

平均でいくらとだして、各工程にかかる人月は秘密にしてるんだと思いますが・・。

3万ステップの規模の開発で、100人月もかかるとは思えません。

1000ステップのモジュールが30個程度の規模なんですよ?

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

参考になりました。


5 ● Baku7770
●20ポイント

開発言語と開発会社が書かれていないので、断定はできませんが1人月1.5Kstepとなるとむしろ要件定義?総合テストすべてに関してという可能性が高いですね。

コードが複雑で、画面・帳票・プログラミングにエディタがない言語であれば、コーディングだけでその程度の見積もりが出てくるでしょうが、今時そのような言語は考えづらいですからね。

具体的な数字は言えませんが、昔のCOBOL時代ですら1人月のPGの生産性は倍近かったと記憶しています。

新しい中小規模の会社であればそういった見積りの仕方をしてきます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ