人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ここ5年位の間にデビューした、またはメジャーになった小説家のおススメ作品を教えてください。
もちろん回答者の方が実際に読んだものの中からで頼みますよ。

※有川浩作品はほとんど読んでいるので今回は除外で。

●質問者: sirasuorosi
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ほと デビュー メジャー 回答者 小説家
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● gtore
●30ポイント ベストアンサー

ヴェサリウスの柩

ヴェサリウスの柩

  • 作者: 麻見 和史
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 単行本

* 優れたミステリ作品だと思います。発想が面白いです。



秋の牢獄

秋の牢獄

  • 作者: 恒川 光太郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

* この人にしか書けない作品世界だと思います。



るんびにの子供 (幽BOOKS)

るんびにの子供 (幽BOOKS)

  • 作者: 宇佐美 まこと
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: 単行本

* ホラー作品として秀逸ですね。

◎質問者からの返答

のっけからたくさんありがとうございます。

特に「秋の牢獄」はあらすじを読んだだけでもおもしろそうですね。文庫化もされているし、早速購入したいと思います


2 ● deflation
●20ポイント

ブラックペアン1988

ブラックペアン1988

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

現役の医師であり作家の海堂尊氏(1996年「チーム・バチスタの栄光」でデビュー)の連作の1冊。

殺人事件ひとつも起きないにもかかわらず、結末のどんでん返しは、ミステリーとしても秀逸です。

◎質問者からの返答

海堂尊! ドラマ化・映画化もされた、まさに今回の直球回答といった感じです。

アマゾンレビューを読むとシリーズ通して読んだほうが楽しめるみたいですが――頑張るぞ!


3 ● クロス
●20ポイント

氷菓 (角川スニーカー文庫)

氷菓 (角川スニーカー文庫)

  • 作者: 米澤 穂信
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

高校の古典部を舞台にした殺人の起きない

ミステリー。

トリックも秀逸ながら、学生時代を思い出して

ほろ苦い気持ちにさせられます。

現在、5巻まで出ています。

ちなみに近日公開される映画『インシテミル』と

同じ著者です。

『このミステリーが凄い!』で紹介されてから

徐々に売れ始めた感じがします。

◎質問者からの返答

実はこの作者の「さよなら妖精」が積ん読状態なのですが、おもしろさ的にどうでしょう? 「氷菓」と大差はないですかね?

金銭的に「さよなら妖精」を読んでおもしろかったら「氷菓」に進みたいのですが(テイストが違うかもしれませんが)。


4 ● goldwell
●30ポイント

ホラー小説が好きで、角川ホラー文庫(当たり外れはあるけど)はよく読んでいるのですが、ちょうど質問の趣旨に合う作家でこれはと思ったものをお薦めします。


飴村行(2008年デビュー)

粘膜人間 (角川ホラー文庫)

粘膜人間 (角川ホラー文庫)

  • 作者: 飴村 行
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • メディア: 文庫

幻想的な世界観と見せながらも、突拍子もない人物に予想のつかない展開と読者を振り回す作品でした。

独特の内容であるゆえに好みが合えばよいのですが。


↓参考までに私のレビュー

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20090131/1233401394


吉岡暁(2008年デビュー)

サンマイ崩れ (角川ホラー文庫)

サンマイ崩れ (角川ホラー文庫)

  • 作者: 吉岡 暁
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • メディア: 文庫

デビュー作にしては、人物描写とストーリーが巧みで妙に印象に残りました。

「サンマイ崩れ」はネタバレ厳禁。まずは最後まで一気にご一読あれ。

「ウスサマ明王」は中長編で読んでみたいくらい深みのある作品でしたね。

他の作品が出たらぜひ読みたいところですが、現在この1作しかないようです。


↓参考までに私のレビュー

http://d.hatena.ne.jp/goldwell/20080818/1219069039

◎質問者からの返答

「ウスサマ明王」よ…よんでみたい! みんなべた褒めじゃないですか。一体どんなオチなのか想像がつきません。

購入決定です。


5 ● sylphid666
●20ポイント

道尾秀介さんはどうでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E5%B0%BE%E7%A7%80%E4%BB%8...

2004年デビューでここ最近は4回連続で直木賞候補にもノミネートされていたり、向日葵の咲かない夏という作品がとある事件の犯人が読んでいるとかで話題になったりもしました。

個人的なお勧めはラットマンです。

ラットマン (光文社文庫)

ラットマン (光文社文庫)

  • 作者: 道尾 秀介
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010-07-08
  • メディア: 文庫

ラットマンはだまし絵のように見る人によって別の見え方を持ってくる絵のことを言いますが、過去と現在において発生する(した)殺人事件が見方を変え、色々な裏側が見えてきて二転三転することによって最後まで飽きさせません。

他の作品もそうですが、最後まで結末を予想させない文章力が魅力でどの作品も読んでみて損はない作家さんだと思います。

◎質問者からの返答

「向日葵の咲かない夏」は一時期すごかった記憶がありますね?。どこの書店に行っても平積み状態で。

私もついつい買って読んでしまいました。

「ラットマン」チェックしときます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ