人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【家庭でプロ級なみのお料理が作れるようになる方法を教えて下さい】

お料理の腕は初級です。
お料理教室ではその都度レシピを作るのは良いのですが、
先生によってはあまり美味しくないレシピだったりすることがあります。

・本当に美味しいレシピが載っているサイトや本
・お料理が上手になるコツや方法など、どんなことでも

教えて下さい。



●質問者: coffeehead
●カテゴリ:学習・教育 グルメ・料理
✍キーワード:サイト プロ レシピ 先生 教室
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● なぽりん
●19ポイント

低レベルのアドバイスでがっかりさせたらもうしわけないのですが

初級ということで額面通りにアドバイスします。

最初からプロ級をねらうと失敗しますよ。

初心者だと、ヨシケイ、ショクブン、などの、完成写真入りメニューのついている

食材宅配などを使ってみるのが楽でいいとおもいます。

週間コースメニューだけでも安くてけっこう栄養も味もちゃんとしたのができます。

食材だけ自分で集める苦労を考えたり、メニューを考えたりしなくてもいいし、

少し割高とおもえても、習い事の謝金よりは安いです。

好評だったメニューは早速切り抜いて保存します。

しかし、作っていくとちょっと家族の舌にあわないメニューが出ます。

うちで不評なのは、大根とにんじんと青菜を「出し」で煮てかき卵入りのあんかけをかけるだけとかのもの。

これは作る前から家族は食べないで私だけ食べ続けるということがわかるようになりました。

ですので、慣れてきたら、「これはやめよう。大根は保つから日曜日におでんにしよう、

ニンジンと青菜は明日の予定メニューのハンバーグの付け合わせにしよう。卵は朝食で食べよう」

などと計算できるようになります。

そのときに

たれソースドレッシング&煮汁425選―和・洋・中おかずの味つけのコツが一目でわかる家庭料理の基礎

たれソースドレッシング&煮汁425選―和・洋・中おかずの味つけのコツが一目でわかる家庭料理の基礎

  • 出版社/メーカー: 婦人生活社
  • メディア: 大型本

のような本が一冊あると便利です。

理由としては、ショクブン・ヨシケイもいいけど

「名前をきけば味が予想できて、その予想のとおりの味がする料理」

がたべたいのだそうです。とんかつ、オムライス、ミートソースのグラタンなど。

かんがえてみれば、プロの味ってまずそれが基本ですよね。

「お客さんが知っている料理を予想したとおりの味につくれる」こと。

カレーの店に入ったのにハヤシライスや麻婆ライスみたいな

アレンジカレーしかなかったらお客はがっかりしますから。

で、あとは食卓をキレイに飾り付けられるようにしてゆき

珍味・旬食材とか(クックパッドhttp://cookpad.com/で調べられます。今だと栗とかサンマですね)、

変わった食材(外では高くてなかなか食べられないけど家族が大好きで定期的に食べたくなるもの。

うちだと手作りタコスとか、バジルソース、しゃぶしゃぶの特製ごまだれ)に

少しずつ挑戦してみがきあげていくのが遠回りにみえても早道です。

家族によろこばれつつ、プロっぽい食卓がいちばんですよ。

あ、でもあんまり美味しくつくりすぎると健康にもよくない場合がありますので、

「あんまり好きじゃない」とか「コクがない」と文句をいわれたとしても

健康的な料理をちょくちょくまぜていくのもコツです。

(余談ですが好き嫌いについて。

私は、嫌いなものも調理法によって食べられるようにできるというのは

一部は本当ですが、オトナになると無理矢理はストレスになるだけだとおもっています。

それより、食べられる種類の野菜を、楽しくたべたほうがいいと思っています)

ではがんばってください。

◎質問者からの返答

素晴らしいアドバイスありがとうございます!!!

本も早速見てみます。

プロっぽい食卓、というのもミソですね☆

美味しくつくりすぎると健康にも良くない場合がある、

というのも目が覚める思いになりました。

非常に参考になりました!


2 ● posa-fukukaicho
●19ポイント

和食のオススメ本を紹介します。

永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)

永久保存レシピ 一流料理長の 和食宝典 ―私たちへ300レシピの贈り物 (別冊家庭画報)

  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • メディア: 単行本

これさえあれば、和食はOKというぐらいよく出来ていると思います。野菜の切り方はもちろん、刺身のけんやつまや、香の物の盛り付け方など、料理人なら当たり前に知ってるけど一般的な料理教室では滅多に習えない事が写真多目で分かりやすく載っています。

「和食上手になるには?」の質問に7人の料理長が答えているページもあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!

本の紹介コメントや中身をさっと見てみましたが、

相当期待できそうです!

盛り付けや食器に非常に大事なので、

これを見れば家庭の域を超えられそうですね。

貴重な情報ありがとうございます!


3 ● 勇者よっしー
●18ポイント

実は冬コミで「毎日作るための料理の同人誌」を出そうと思っていました。

簡単に書くと。

・料理は素材が8割

外食しててもそう思いませんか?料理は素材を買った時点で既に美味しくなるか不味くなるかがほぼ決定してます。

美味しい素材を買わなかった時点でアウト。

ちなみに高い=美味しい、なんて事は絶対に言いません。

私の近所(東京都江東区)では、街の八百屋はスーパーより安い上に美味しく新鮮です。どこも建物は古く、いわゆる「お姉ちゃん、いい大根あるよ買っていきな!」なお店なので、若い人はスーパーで済ませる事が多いみたいですが、勿体無い話です。

肝心なのは、先入観なしで、近所の全ての店を試してみる事です。試して、この素材はこの店、この素材だったらあの店、とあたりをつけることです。

それより先に「いい野菜を見分ける方法」「いい肉を見分ける方法」を知らないと、そもそもそういう事も出来ません。

その方法、どの本にも載ってないですよね。

料理好きな親から教わるのが一般的ですが、親が料理下手だったりコミュニケーション取れなかったりで、知らない人も結構います。

レシピとか何とか言う前に、こういう事を知るのが「毎日安くて美味しいものを簡単に食べられる」、つまり家庭料理への入り口だと思っています。

それを語らないで、レシピだけ提供するようなやつは、料理って何なのか、わかってないんですよ。

「料理」と「調理」は違うんです。

ということで、貴方がどこに住んでいるのか、周りにどんなお店があるのか、貴方の生活パターンは(いいお店があっても開店時間にいけるか判らない)、などなど、いろんな事を自分自身と相談しながらやっていくのがいいと思います。

<私の例>

・大抵毎日、ゴハンとお味噌汁、酢の物と魚の干物で過ごしています。

学校の家庭科で習う範囲の料理ですので、作り方もへったくれも無いです。

でも、ゴハンは「あいがも米」という、無農薬無除草剤のお米です。少しだけ割高ですが、一般人でも余裕で手が出せる金額です。「ウチは美味しい米が売り」という食堂の米と比べても、段違いで美味しいです。

お味噌は、佐野味噌という有名な味噌屋のもの。

魚は、沼津水産というすごい美味しい干物屋さんが週1で出張に来るので買いだめ。1枚100円。でも、伊豆や小田原のお土産ぐらい美味しいです。

野菜は、前述の近所の八百屋で季節のものを適当に。大抵、その日の朝に取れたのを路地販売してるお店で買います。

1日の食費は500円前後ですが、それでもチェーン店なんかより遥かに美味しいです。

更にいえば、美味しすぎないし、調理が面倒くさくなくて楽です。

---

他にも美味さの理由は色々ありますが、1つは調味料や調理器具はケチらないことですね。

醤油・塩・酢などは量販店のモノは絶対買いません。高くても1瓶1500円前後、1瓶で3ヶ月程度持つのだから、ここでケチケチしてもしょうがないです。

ピーラーとか、一度高いの使ったら、100円均一のものは使えなくなりますよ。

---

たまには海苔ハンバーグとか、鳥の燻製とか、自作の魚の干物とか、珍しいモノを作りますけど。

普段は楽して美味しい食事してます。

「頑張るぞ!」と気合を入れても、常に気合入れられるかどうかというと、それは無理ですから。楽して美味しいをお勧めします。

◎質問者からの返答

目が覚める思いになりました、有益な情報、本当にありがとうございます!

素材を選ぶ目をまだ持っていないことに気づきました。汗

いつも大型スーパーで買い物をするので、

これからは八百屋さん等に足を運んで、

会話を大切にし、素材について色々と学んでみようと思います。

素材によって、購入する場所も選ぶようにしてみようと思います。

調味料もこだわりたいのですが、百貨店等に行っても

沢山ある物の中から何を買って良いかわからず、

行動に出せていませんでした。

お米、お味噌以外にyossiy7様が使っている他の調味料やお勧めも、

もしよければ教えて頂けませんか?

宜しくお願いします。


4 ● 勇者よっしー
●18ポイント

それではリクエストにお応えして……

---

醤油はここをお勧めします。

http://cart05.lolipop.jp/LA04656400/

ちょっとぐらい分量間違えて、醤油を多目に入れてしまっても、しょっぱく感じません。旨味が先に舌に来るので。

---

塩は、いつもフリーマーケットでフラフラしてると、トルコの岩塩とか沖縄の塩とか安く売ってるので、そこで適当に買ってるんですよね……決まった場所とかで買ってないです。ごめんなさい。

以前、スーパーで買った安い豚肉をマーブル加工のフライパンで脂なし調味料なしで焼いてみたら、流石に臭かったんですが、トルコの塩をちょっとかけたら臭みが消えてしまいました。トルコ岩塩すげぇと思いました。

---

あとは梅酢、サラダとかに使ってます。

日本橋 わしや[漬物]で1瓶500円のを買いました。ちょっぴり入れるだけで風味が出るので、1瓶で1年ぐらい持ちます。

---

ラー油はラオガンマー。

http://airoplane.net/2010/05/06/lao-gan-ma.html

都内で探すと、安いところだと1瓶150円で売ってます。

ここの記事どおり「ラー油の最高峰」です。今日の餃子は失敗したな、みたいな日でもこのラー油添えとけばまずバレません。

---

あと、誤解させるような書きかたをしてゴメンナサイですが、僕の実家の方の横須賀では、逆に八百屋よりスーパーの方が美味しかったりします。

本当に、その街その街で事情は違うと思います。

◎質問者からの返答

即答ありがとうございます!

ラー油までこだわるとは・・・本当に目からウロコです。

お醤油は香川のだし醤油を沢山買ってしまったばかりなので、

使い切ってからトライしたいと思います。

(だし醤油と醤油は別物なのですがね・・・苦笑)

今までいかに何も考えずに素材や調味料を買っていたことに気づきました。

まずはそこから改善ですね、お恥ずかしいです。

誤解させるような書き込みは何もありません、

何か思いついた事があったら、これからも書き込みを宜しくお願いします。

本当にありがとうございます。


5 ● a-kuma3
●18ポイント

この1?2年、料理にはまってます。

普通にサラリーマンしてる男子なので、その辺の料理教室なんかには通えるはずもなく、

頼りは、(1) ネット、(2) TV、(3) 雑誌 (or 料理本) です。

そんな経験値なので、応用なんか全然効きません。


経験値が、あまり高くない、ぼくの感じるところとしては、

といったところです。


レシピをネットで探すときには、キーワードに「プロ」とか「板前」とかを入れるようにしてます。

一晩漬けこむとか、湯通しするとか、霜降りにするとか、なんとか。下ごしらえが面倒な気はしますが、手をかければ、それだけ美味しくなります(と、信じてます)。


調味料の分量が書いてないページは無視です。

味の加減をみて、なんて当分できません :-)


また、スパイスや調味料なんかは、「無かったら、無くても」なんて書いてあっても、なるべく全部揃えます。

おかげで、ぼくが料理するようになってから、棚や冷蔵庫の肥やしになってる調味料が、すごく増えました X-)


後は、火を通す以外は、全部事前にやっておきます。

材料も全部切っておく。

調味料は、すべて計量して、入れるタイミングごとに容器に入れておく。

こうしておけば、手際が悪くても、何とかなります。


良い材料が揃えられれば、それだけ美味しいものができそうな気もするんですが、ミスって無駄にするのが怖いので、あまり高い食材なんかは手が出せませんが、まずは、手間をきっちりかけることなのかなあ、というふうに思っています。


料理って、意外と楽しいですよね。

最近は、洗いものもあまり苦にならなくなってきました。

◎質問者からの返答

貴重なアドバイスありがとうございます!

本当にその通りですね!!

a-kuma3 様の仰ることを、まさに今痛感しながらやっているといった感じなので、

心に刺さりました☆

今日作ったレシピでビールを使うものがあったのですが、

お料理教室では日本製ビールを使用のところを、

冷蔵庫にあったドイツ製ビールを使ったら、

苦みが強くて全然違う味になってしまいました。

時間短縮の為に、何かを調理しながら材料を切ったりしていたのですが、

目が行き届かない為に丁寧さが抜け、仕上がりに影響が出ることも気づきました。

本当にa-kuma3様の仰る通りです!

レシピを検索しても、山のようにあるレシピが出てきて、

作ってみたらいまいちというものも多かったので、

プロ、板前、で検索する方法は非常に助かります!

アドバイス、本当にありがとうございました!


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ