人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

寺や協会は、家出(大人も含む)を止めてくれることがあります。そういった宗教施設の緊急避難的な機能についての学術的な研究はあるでしょうか?


●質問者: isogaya
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:宗教 家出 研究 緊急避難
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● みしか
●60ポイント

http://ge.nii.ac.jp/genii/SearchServlet

GeNiiでの検索例のサンプルです。

明治から大正にかけての日本の寺院の貧民、孤児救済とか、

欧米でのキリスト者の社会福祉活動、あるいは江戸時代のお寺の

遊女の駆け込み寺。

ヨーロッパの巡礼教会の旅人への援助、病院の起源にそれがなっていったこと

などの研究はあります。

ただ、日本史、日本仏教史、日本の児童に関係する社会福祉史、

キリスト教の歴史、など多岐の分野にまたがっていて、それを簡単に一覧にして

供する物はありません。

質問の「止めて」は、「泊めて」の間違いですね。

お寺は宗派、住職により異なります。

キリスト教では、カトリックの教会のドアは常に開かれている

といわれますが、有名なのは、巡礼地に向かう巡礼コースにある

巡礼教会というタイプの小さな教会です。

これはもう夕方になるとスープなど用意して待っててくれたりします。

これの有名なものは、サンチアゴ・デ・コンボステーラの巡礼です。

ウィキペディアの記事を見てください。物足りなかったら、

英語版のWikipediaを見てください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A...

巡礼コースは他にもたくさんあり、研究例を挙げておきます。

http://www.iwata-shoin.co.jp/bookdata/ISBN4-87294-162-4.htm

http://www.kokon.co.jp/h4118.htm

http://ci.nii.ac.jp/naid/110007014388

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ