人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『ブラインドタッチ』と『タッチタイプ』は、これまで「キーボードの刻印を頼らずに、文字入力を行う技術」という意味で使われてきました。
一般に、タッチタイプは「自転車乗りと同様に、動作を手指が覚えるまで、反復練習する」ことが主眼にあると思います。
一方で、ブラインドタッチは「キーボードを見ないで打てるようになるまで、反復練習する」ことが主眼にあると思います。

ところで、『ブラインドタッチ』(目で見ずに入力する)と言うだけなら、以下のような条件でも成立しますよね。
・凹凸を使って文字を区別・表現できる技術(ダイモテープ、点字など)のものを、キーボードに貼る。
・キーボードを見ずに、凸凹を指の感触で『読んで』、1本指操作で打つ。

このことを前提に、貴方の直感で以下にお答えください。

●質問者: 相沢かえで
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:キー キーボード タッチタイプ ダイモ ダミー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 590/590件

Q01.全てのキーを凹凸で区別できるようなキーボードを操作するとき、その1本指入力を『ブラインドタッチ』と呼べますか?そして、同じく『タッチタイプ』と呼べますか?
A. (これはダミーです)
14
A. ブラインドタッチでもなく、タッチタイプでもない。
306
A. ブラインドタッチではあるが、タッチタイプではない。
81
A. ブラインドタッチではなく、タッチタイプではある。
71
A. ブラインドタッチでもあり、タッチタイプでもある。
105
A. (これはダミーです)
13
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ